2022年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

« 朝から晩まで | トップページ | 疲れました。 »

2006年9月 9日 (土)

中山道を歩く

 9月8日~9日は1泊2日で中山道をI学園ふるさと伝承科の課題学習班11名と、ゲスト2名、計13名で歩きました。8日朝、長野新幹線軽井沢駅に集合。この日は軽井沢駅~旧軽井沢(軽井沢宿)~沓掛宿~追分宿(分去れ道標)まで。宿泊は仲間の勤務していた信濃追分駅近くの保養所でした。女性陣は大分、お疲れの様子でした。でも男性陣は親切でザックを持ってあげたり、励ましたり、どこまでも紳士でした。そして1人も脱落せずに宿に着きました。0609083 0609083_1

 

   

 9日は電車で軽井沢へ。車で見晴台へ。男性10名で熊野皇大神宮から横川駅まで3.5時間、碓氷峠を下りました。森の中、周りは木々ばかり、それに山蛭に悩まされました。それでも行き会う人も少なく、仲間同士でおしゃべりをしながら悪路を楽しみました。私は右足に蛭が吸い付き、なかなか止血しませんでした。更に家で装備を開けたら、中から4匹の吸血虫が出てきたのです。「爺たちの生き血をすするおじゃま虫」ですね。0609093_1 06090932 

« 朝から晩まで | トップページ | 疲れました。 »

生涯学習」カテゴリの記事

コメント

課題学習班の復習? 楽習?
みんなお若く元気ですね~。それにしても
山蛭とは・・・とんだ「おじゃま虫」。
吸血虫も紳士のエキスで女性にやさしくなるかしら?ハイキング会員ですがビビります。

課題学習の余習?でしょうか!吸血虫も久し振りの元気なエキスで満足したことでしょう・・季節到来でこれから楽しみですね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 中山道を歩く:

« 朝から晩まで | トップページ | 疲れました。 »

無料ブログはココログ

お気に入りの本