2022年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »

2006年10月

2006年10月31日 (火)

わが人生の師、また一人逝く

 陶芸家の河村叉次郎氏が亡くなりました。鎌倉の北大路魯山人の窯を引き継いで陶芸に打ち込んだ方です。何回か鎌倉へお邪魔して陶芸のさわりを教えていただきました。朗らかで気配りを忘れない先生でした。奥様の言葉です。「故河村叉次郎は、人を愛し、人に愛され 創作と遊びに熱中して七十六才にして生涯を終えました。ありがとうございました」 ご冥福をお祈り申し上げます。

2006年10月24日 (火)

ワンちゃんと楽しんだ信州の旅

 わが家の愛犬2匹は、共に14歳の老犬です。人間も犬も共に先行きが不透明ですので、お互いに元気なうちに旅行をしようということになり(当然ながら犬達は賛成、反対もありませんでした)、22日から24日まで信州へ行ってきました。初日は白馬へ。ススキが一杯の栂池高原スキー場を歩きまわりました。2日目は安曇野をドライブです。広大なわさび農場を見学、池では錦鯉に見とれています。その後、下諏訪の諏訪大社秋宮に参拝、中山道の和田峠を経て軽井沢へ。軽井沢であいにくの雨になりました。今朝も霧に雨です。早々に帰宅しました。(写真上をクリックすると拡大表示します) 06102311054_1061022153860610231112_1

2006年10月20日 (金)

今年最後のセミナー終了

 大手電機メーカーとの共催による今年最後のセミナーが終わりました。北は北海道から西は広島まで30名のお客様が参加されました。大手流通企業のロジスティクスセンターを見学し、その運用ノウハウを説明していただき、最後はこちらで解説、まとめをします。参加企業様は成長している企業が多く、真剣な眼差しで勉強されていました。有料ですので気を使います。朝からの準備、機器の設定、お客様への対応などで、さすがに疲れました。今年のビジネスセミナーはこれでおしまい。後はI学園の課題学習発表に力をいれます。

2006年10月15日 (日)

いるだけで母はみんなの要石

 私の母は90歳です。足腰は弱くなっていますが元気で、弟夫婦と信州で暮らしています。15日は、この故郷で姪の結婚式があり私の兄弟夫婦が揃って出席、母も式場が近いので出席です。披露宴が終わって久し振りに、ゆっくりと親と子夫婦3組との会話が始まりました。座ってニコニコしているだけで母は重みがあります。婚礼の他に、父の墓参り、自分の墓地の点検など、あわただしい1日でしたが楽しいひと時を過ごしました。元気で長生きして下さい。06101510 (写真は結婚式に揚げた風船、快適な秋晴れでした)

2006年10月13日 (金)

のこる世を其日ぐらしの舎り哉

 10月11日、12日のI学園の学園祭も無事終わりました。早々と卒業文集のための原稿も提出し、次ぎは来月の課題学習発表の準備に追われそうです。今日は20日開催予定のセミナー(コンピュータメーカーとの共催)の打合せで東京汐留へ。続いて顧問先の会社との打合せ(浜松町)に出席。いずれも24階、30階の高層フロアーで東京湾が一望に望めます。地域社会とは違った緊張感で1日が過ぎました。毎日、変化するその日を精一杯楽しんでいます。タイトルは宝永の文人、神沢杜口の句です。「舎」は「やど」と読みます。

« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »

無料ブログはココログ

お気に入りの本