2022年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

« なつかしの風景 | トップページ | 講演、そして忘年会へ »

2006年12月 2日 (土)

WORKING-POORと秩父事件

 タイトルは前半は講演、後半は映画です。講演は経済評論家の内橋克人氏、映画は秩父事件(1884年、明治17)を映画化した「草の乱」でした。

 内橋氏のお話は「様々な世の中の状況を見抜く力を持とう」というもので、「1.Working-Poorが増え、2.限界過疎地が国土の53%にもなり、3.所得移転の構造になっていることを指摘し、改革が次ぎの改革を必要としている」ということでした。

 「草の乱」は秩父困民党会計長、井上伝蔵(主演、緒方直人)を主人公に「秩父事件」の流れを追ったものです。講演でもありましたが日本人の特質「弱いものには強い」「強いものには弱い」中で、声をだけでなく行動まで起こしたことに驚異を感じました。

« なつかしの風景 | トップページ | 講演、そして忘年会へ »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

2年前に秩父事件の探索に現地へ行ってきました。
「120年前に日本にも凄いやつらがいた」を実感して来ました。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: WORKING-POORと秩父事件:

« なつかしの風景 | トップページ | 講演、そして忘年会へ »

無料ブログはココログ

お気に入りの本