2022年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

« 日光街道を往く(6) | トップページ | 紅花 »

2007年6月26日 (火)

宙に浮いた年金データ(あの時のデータは?)

 宙に浮いた年金データが5000万件だそうですね。7年前に受給申請に行きました。卒業後に就職してから定年までの記録はちゃんと残っていました。

大学在学中に4年の就労経験があります。辞める時に、年金証書をもらったお覚えがあり、上記の時に証書を紛失していたので諦めて、この分は確認も申請しませんでした。

知り合いに「社会保険事務所で相談してみたら」と言われ、記録を確認に行き、自分の名前で別に2件のデータがあることが判明。1件は在学中のもので、時効前だったのでさかのぼって支払いを受けました。もう1件は身に覚えなし、未だに5000万分1で残っているのしょうか?

最初の申請時に社会保険事務所で「まだデータがありますよ」と言ってくれれば問題はなかったはずです。問題を抱えている人の気持ちが痛いほど分かります。それにしてもIT業務経験30年の自分から見て「5000万件を1年で最後の1人まで救う」なんてできませんね。

« 日光街道を往く(6) | トップページ | 紅花 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

息子の学生時代私が国民年金を納めていました。その事を息子は知らなかったそうです。このニユースで年金手帳を息子に渡し(忘れていた)確認するよう言いました。
しかし、5000万人とは驚き。将来泣かない為の知恵と労力もこの際必要かも・・・。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 宙に浮いた年金データ(あの時のデータは?):

« 日光街道を往く(6) | トップページ | 紅花 »

無料ブログはココログ

お気に入りの本