2022年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

« 仕事とクラス会 | トップページ | 敵地に乗り込む »

2007年6月 2日 (土)

「地元活動の運営の極意」

 タイトルは近くの大学の公開講座のテーマです。春季公開講座「地元のプロフェッショナル」という全4回講座の最終回のテーマがこれでした。

この大学へは歩くと自宅から50分かかります。車か自転車かで迷いましたが、田園地帯でもあり、大きな公園もありますので往復100分、歩きました(12800歩)。お天気もよく快適な歩行で、帰宅した時には受講の内容はすべて頭から抜けていました(笑!)。

講義は「退職後の生きがい探し」、「地域活動してよかったこと」、「地域活動と生きがいの関係」など地域活動の概論でした。初めて聞いた言葉は「好縁」でした。「地縁」、「血縁」とならぶ「好縁」という使い方です。詳しくは講師(臼倉登貴雄氏)のホームページをご覧下さい。お話もうまく要点をしっかり掴んでいる地域活動家とお見受けしました。

« 仕事とクラス会 | トップページ | 敵地に乗り込む »

生涯学習」カテゴリの記事

コメント

話の内容が、これからの地域活動や生きがいづくりの参考になれば幸いです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「地元活動の運営の極意」:

« 仕事とクラス会 | トップページ | 敵地に乗り込む »

無料ブログはココログ

お気に入りの本