2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

« 議して和せず | トップページ | とても“晴好雨奇”の気分には・・ »

2007年9月28日 (金)

旧官営富岡製糸場から今高崎観音に来ています。

0709281  総勢70余名、バス2台での日帰り旅行です。富岡製糸場を見学後、高崎観音に来ました。真下から眺めた観音様です。高さは42m、9階建てのビルに相当します。今までは通りがかりに眺めているだけのもの。こんな近くまで来て内部に入ったのは初めてです。

観音様参拝前に旧官営富岡製糸場を見学しました。明治5年(1872)明治政府が殖産興業の一つとして現在の群馬県富岡市に設置。

改めて安政6年(1589)の開国から明治初期にかけての日本の政治的なパワーに驚きます。この時期の中国(清)、朝鮮(李朝)の内情と比較してみて下さい。写真は旧官営富岡製糸場東繭倉庫正面です。070928

高崎から深谷市の澁澤栄一生家に寄りました。栄一もこの激動期に活躍しています。極東アジア史から時代背景を考察するとき、日本の力強さを感じます。北朝鮮はまさに李朝の残骸です。

« 議して和せず | トップページ | とても“晴好雨奇”の気分には・・ »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 旧官営富岡製糸場から今高崎観音に来ています。:

« 議して和せず | トップページ | とても“晴好雨奇”の気分には・・ »

無料ブログはココログ

お気に入りの本