2022年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »

2007年10月

2007年10月31日 (水)

流通は変わる

 某コンサルタント会社主催の「Web2.0時代の新事業創造戦略」と題するセミナーに参加しました。会場は新宿駅付近で雑踏を数分歩いたビルでした。

セミナー内容は、私の興味「Web2.0がどんなインパクトを新事業創造に与えるか」に応えてくれませんでした。一般論ばかりだったのです。

でも何か収穫があるものです。仮想商店街を運営するR社の売上は年商4000億円に達するそうですが。この仮想商店街のトップクラスの商店(業種別)では年商100億円に届く企業が出現しているそうです。加えてこれらの企業の本部は大部分地方にあるんですね。

講師曰く「新宿を歩く人が1人×××円使ってくれたら、とつい計算してしまう。でも歩いている人たちはパソコンや携帯から物を買っているんです。」百貨店の市場は毎年縮小しています。さもありなんです。流通は激変しています。勉強になりました。

2007年10月30日 (火)

“期待を捨てれば自由になれる”

 “今日一日何も期待をしないでおこう”と決めて出かけました。システム商品の説明や顧問先の会議が予定されており、うまくやらねばという重圧がかかったのです。逆に何とかなるさと考え、自分に期待しなければよいと考えたのです。これを実践してみました。本文のタイトルと冒頭の文はリチャード・カールソン著「小さいことにくよくよするな」(サンマーク出版)の一節です。

結果、気楽にビジネスにも会議にも対処できました。激論の会議も「そんなに興奮することなのか?」と冷静に見られたのです。事実、どうでも良いことを延々と言い合いしているのです。私は時々風邪の後遺症か、咳がでて周りから心配される有様。期待しなった日だからこそ、親切な言葉に心が温まりました。

そうだ!せめて週1日は「期待を捨てる日」にしよう。

続きを読む "“期待を捨てれば自由になれる”" »

2007年10月29日 (月)

初めての勝利・グラウンドゴルフ

 風邪で、しばらく身体を動かさなかったので気持ちも落ち込みがちです。地域仲間のグラウンドゴルフ(Gゴルフ)大会がありましたので軽い気持ちで参加しました。全面芝のグラウンドです。

参加31名、4ゲームで-18で優勝しました。Gゴルフを始めて3年目、大会での優勝は初めてです。約3mくらい残った2打目が、うまく入ったのとボギーが1つだけが決め手になったような気がします。ホールインワンは1つだけでした。

練習もしないでの結果ですから、タマタマ運がよかっただけでしょう。
薄曇、微風の草原でおしゃべりを楽しみながらのプレーでした。ストレスを解消しました。

2007年10月28日 (日)

顔厚忸怩(がんこうじくじ)

 ワールドシリーズ第3戦を9時30分から見はじめて見終わったのが13時30分、実に4時間でした。好天気なのにテレビ観戦とは、何ともモッタイナイと思いながらもツイツイ終わりまで見てしまいました。

ところで大きく興味を引くのが政界ニュースです。
防衛省元事務次官の接待ゴルフ、消えた年金問題、給油量のゴマカシ報告、C型肝炎薬害など国民を欺く役人どもの行動が目立ちますね。

政界も、実業界も清廉潔白とはいきません。またそれを求めてもムリでしょう。でも決めた最低のことを守ってこその社会ですね。

タイトルは厚顔でない者が謙虚な気持ちでいう言葉だそうです。逆に厚顔な者の気持ちを表現していると読み替えたら現世にピッタリかと思います。インターネットででも索引してみて下さい。
もっともそんな謙虚なお役人がいたら世の中もっとマシになっているでしょう。

2007年10月27日 (土)

熱は下がったけれど・・次は

 咳きと鼻水が残っていますが39度を超える熱は数日前に下がりました。
ところが昨夜から妻が風邪でダウン、今日は朝から横になっています。

おりしも台風20号 の到来で悪天候で、朝夕のワンちゃんの散歩、買物(食事は惣菜を購入)などの外出ではビッショリに濡れてしましました。

病むのもツライですが妻に寝込まれるのも更につらいですね。
風邪をうつした本人として反省しています。

2007年10月26日 (金)

舐犢之愛(しとくのあい)

 テレビで協栄ジムの金平会長と亀田興毅選手の記者会見を放映していました。ここまでのいきさつはマスコミで報じられている通りです。

タイトルは「親牛が子牛を舐めること」で「犢」(とく)とは子牛のことです。転じて親が子を溺愛することを言います。(岩波書店、四字熟語ひとくち話)
中国の故事では「“舐犢之愛”ばかりで息子が殺されることを予見できかった」と嘆いてる父親の話として出ています。

亀田史郎氏が“舐犢之愛”に気付いて、息子たちの将来のために身を引くというのであれば立派なものです。そうあってほしいと思います。

2007年10月24日 (水)

仲良しグループの昼食会

 きょうは秋日和という言葉がピッタリの日でしたね。近隣の友人の皆様に昼食会に招待していただき楽しいひと時を過ごしました。女性4名、男性3名でこのうちご夫婦が1組です。

場所は国民年金総合健康センターホテル内のレストランでバイキングでした。ご夫婦組のご主人が話し好きで聞いているだけで楽しくなります。帰りは別の男性からコスモスの花束を全員にいただきました。嬉しい1日でした。

2007年10月23日 (火)

日立がパソコン生産から撤退

 新聞報道によれば、日立製作所がパソコン生産から撤退するそうです。企業向けは既にHP(ヒューレッドパッカ-ド社)に生産委託を決定しており、残っていた個人向けパソコンの生産を打ち切るとのこと。

競争激化で採算が合わないのが理由だそうですが、パソコンのハード自体がハイテク商品でなくなったのでしょう。自分のパソコンは日立製ではありませんが、国産他メーカーの動向も気になります。

2007年10月22日 (月)

ウォルマート・ストアーズ

 世界一の小売業(年間売上30兆円超)、ウォルマート・ストアーズがスーパーの西友を完全子会社化すると発表しました。西友は12月末で6期連続赤字となる見通しとのこと。完全子会社で改装投資などが素早くできるようになるそうです。

米国のウォルマートで生鮮食品を扱うスーパーセンターは13000㎡を超える巨大な店舗です。生鮮は決してきめの細かい管理ができているとは思いません。西友の既存店は一部を除いて店舗面積は1/3で食品が主力です。米国では特色ある地域の食品スーパーが健闘しています。Walmart1img_2 Walmart2img_3
西友の既存店393店は閉鎖はしないそうですから、やはり主力は食品でしょう。日本の生活者環境に合った既存店の活性化ができるか?、それに米国流の情報・物流システムが活用されていないという観測もあります。注目しています。

2007年10月21日 (日)

ネットでの無料写真プリントサービス

 デジタルプリントの無料サービスを利用して写真を注文しました。初めての経験です。アイディアシンクの無料プリントサービス「プリア」です。同社のホームページから会員登録、登録画面に、選択した30枚のパソコンの画像を貼り付けて送るだけ。1週間後の到着とのこと。楽しみにしています。

2007年10月20日 (土)

治る者、壊れた物

 “治る者”とは自分のことです。やっと体温が平熱に戻りました。「老犬に引かれて歩く病み上がり」、夕方の老犬との散歩は引き役が引かれる身に逆転しました。

071020  “壊れた物”はリビングの天井と電気温水器です。いきなり大量の水と一緒に天井の一部が落下しました。天井の上は2階の洗面台です。水道管も排水管も業者の点検で異常なし。結局、2階洗面台近くの電気温水器からの水モレでした。昨日、水道メーターの取り替えで送水を止めた後、再送水時の圧力で壊れたものと考えられます。
とんだもの入りで悔しいですね。100cm×30cmの穴が開いた天井は無残です。

2007年10月19日 (金)

若者の海外旅行離れ

 日経流通新聞によれば、20代の海外旅行離れに歯止めがかからないそうです。2006年の同年代の出国者は10年前の6割強に落ち込んでいるそうです。アンケート調査の分析結果とのこと。

仕事が忙しく休みがとれない。懐が寂しい(この10年で1ヵ月あたり可処分所得が4.5万円減った)など高額な海外旅行は1番ではないようです。特に女性は国内旅行が1番で、次が貯金です。それでも海外旅行は4番目です。男性は5番以内にも入っていません。

同世代は6割が既に海外旅行を経験済で、現在の旅行商品には魅力を感じないかも知れません。わが家の娘たちも幼児期から連れ出したので、目的を絞った個性的な旅でないと出かけません(お金もないはずです)

今は50歳以上のシニアがけん引役だそうですが、私もビジネスで何回も出かけたことから考えると、今はユックリと的を絞った旅をしたいですね。夢は古代ローマが作ったアッピア街道(ローマ~ブリンディシ)を歩くことです。

2007年10月18日 (木)

病床異夢

 今朝も体温が下がらずフラフラ状態。寝ながら今日の約束をキャンセル。また寝ていると時間の経過が遅いですね。

テレビの内容も似たり寄ったり。
新聞を斜めに読みます。それでも昼までは時間があります。後はウトウト夢を見ています。

伊勢の「赤福」について
賞味期限は製造日を含めて2日、この期間に販路が広がり販売量が増えるにしたがいどう対応しているか、私には興味がありました。
昔は神宮の周りには沢山の宿がありました。歩いての旅ですから故郷への土産にはできなかったので参拝客は宿で食べたのです。ところが現在は物流や保冷技術の長足の進歩で長時間風味を損なうことなく保存できます。現にりんごなどは去年のものも食べています。
要は世の中の進歩発展に合わせて表示を変えればいいのです。
売れ残り、品切れ対策は企業人なら当然こと。古いキャッチフレーズにこだわった結果です。

国民に負担増を強いる前にやることがあるのではないでしょうか?
国家予算と特別会計とはどう違う? 特会にメスを入れるべし。
臨時国会が開かれています。予算委員会の様子をTVでご覧になっている方も多いでしょう。
以下の資料はこのサイトから引用しています。要約します。

“平成17年度予算から
   一般会計               82.2兆円
    特別会計への繰入額    47.7兆円
    純計額                           34..5兆円
特別会計(特会)には厚生保険特会、国民年金特会など31特会があり、一般会計の6割近くが繰り入れられている。 31の特会の予算規模は合わせて387兆円、特会の重複部分を除いても207兆円、例外のはずの特会が一般会計の5倍近くに膨らんでいる”

“各特会を所管する官庁が自分の財布のように予算を使い(グリーンピアなど)、各省庁や族議員の既得権益になってしまった。また特殊法人や関連団体に天下った役人OBの高額報酬や退職金の温床になった。”
 

2007年10月17日 (水)

鬼の霍乱

 妻に「シーズンになると、いつもあんたが真っ先に風邪を引く」と言われます。
やはりその通りになりまました。昨朝から発熱、昨夜は37.7度、今朝は38.8度になりました。

意を決してふらつく足で医者へ。多勢の患者さんがいましたが最優先で診察してくれました。
私が自分のホームドクターと勝手に解釈、もう10年以上のお付き合いです。具合が悪いときはお互い様、感謝しています。

座薬など大量の薬をいただいてきました。早く熱が下がってほしい。

2007年10月16日 (火)

“亀田語でタマをたたけと指示を出し”

 亀田親子に処分が出ました。なんともお粗末な人たちですね。セコンドが「タマをたたけ」と言ったそうですが、亀田語では「タマ」とは急所だそうです。果たして亀田語ではどこなのでしょうか?

もう一句、「親父さんあんたの倅を目に入れろ」
  目に入れても痛くないいとしの息子たちでしょう。

2007年10月15日 (月)

看護師の活用

 朝日新聞(10月11日夕刊)に載っていたコラムを紹介します。
“病院で働く看護師の技術や能力をもっと高め、医師だけに許されている「診断や治療」の一部を、看護師もできるようにしたらどうかー”という提案です。

数年前、米国へ同行した方が現地で到着早々軽い脳梗塞の症状がでました。
入院した病院の印象は、かの国では医師と看護師は患者に対して同列ではないかと感じたのです。
簡単な治療もこなしているように見受けました。何よりも権威がありましたね。

自分が交通事故で入院し手術を受けたとき、手術室内の看護師の右往左往は素人目にも「大丈夫かな」と思いました。でも、それなりの技能や能力のレベルアップが図られれば結構なことだと思います。医師も楽になるでしょう。

2007年10月14日 (日)

“色なき風”

 Tさんからメールで句をいただきました。一緒に日光街道(12日)を歩いた方です。
当日、歩きながら「“色なき風”は季語だよ」と教えてくれたのです。(私、俳句は門外漢です)
いただいた句をご紹介します。それぞれ実感がこもった秀作だと思います。

 “思川 色無き風を 頬にうけ”
 “山坂を 辿る秋路は 雲のなか”

 一番は、先日の秋すずしの句です。
 二番は、初めての縦走で感じた歌です。
Dsc_0889
写真:句の作者は“色無き風”をどう使うか考えていて景色を見ていないようです。
それでは私は川柳で一句
 “思川 たどると出会う 乙女かな”
思川は日光道中に沿って流れる川、12日の終点は乙女という地区でした。誰かが粋な名前をつけましたね。何かいわれがありそうです。

2007年10月13日 (土)

出船入船

 わが家に里帰りして一泊した娘が昨夜に帰り、今日は義母と義弟が来宅しました。義弟が運転して今年収穫した米や野菜を180kg(お米は1袋30kgを6袋)以上も積んで、高速を3時間かけて運んできてくれたのです。義母は90歳で娘(わが妻)に会うべく同乗して来ました。義母は現役の農業従事者です。

後から近くの義兄も駆けつけ賑やかになりました。実の親子4人で幼い頃の話や、最新の家族情報の交換などで話は尽きなく、私はもっぱら聞き役。今晩も遅くまでおしゃべりが続くでしょう。どうぞごユックリお話し下さい。私は早く休みます。明日は隣県の温泉に泊まり、明後日帰るそうです。

2007年10月12日 (金)

日光道中を往く(8)

 日光道中の古河宿から間々田宿までおよそ10kmを歩きました。総勢16名で10時15分にJR古河駅に集合、一路、間々田宿を目指します。日光道中は大部分国道4号線となり、大型車が行きかう何の変哲もない道路となっています。071012_4  071012_6

写真左:野木神社、右:松原大橋際の公園で昼食

そこでリーダーの判断で思川に沿って裏道を歩くことにしまた。車が少なく、風がさわやか、秋の花が咲き乱れる道、そして思川の河川敷内の道から堤防へ出て小山市間々田の乙女河岸を経てJR間々田駅まで約5時間歩きました。

おしゃべりをしながら歩くのはもちろん楽しい。それに車が通らない道とは、こんなに安心感を与えてくれるのですね。お天気とも、仲間ともに恵まれたすばらしい1日でした。

2007年10月11日 (木)

アクセス急増の原因は?

 本ブログの10月8日のアクセス数が723件と急増しました。他の日と比べて実に650件以上の増加です。これまで原因不明でしたが先ほどniftyスタッフのコメントから分かりました。

8日付け(ブログ掲載日は10月2日)のniftyホームページ「旬の話題ブログ」(8日14.00時更新)に薬よりお手軽!? 意外な便秘解消法とは”と紹介されたからです。

気軽に書いた記事ですが思わぬ結果とブログの凄さに驚きです。

2007年10月10日 (水)

あなたならどっちを選ぶ?

 歩いていると病院の駐車場看板がありました。無断駐車は1万円の罰金か注射だそうです。該当者はどちらか選べるのかな?まさか毒薬を注射するわけがないからね。
この後、さっそく仲間とのブログ勉強会で題材として活用しました。仲間のブログはここここです。また偏差値の高い方向けの専門的なブログはここです。

2007年10月 9日 (火)

どずかれた朝

 非常勤の私が久しぶりに朝のラッシュアワーにお出かけです。

乗換駅に電車が到着、下車客と入れ違いで乗車しようとしたら右肩を後ろからドーンとたたかれました。誰かが身体が接触した腹いせにしたかも・・。ホームにいたそれらしき学生に「たたいたのはお前か?」と聞いたら「知りませんよ・・」 電車の扉が閉まり発車です。

いつもホームで列の先頭で電車を待っているとき、後ろから誰かに押されるのではないかと恐怖を感じるときがあります。これからもますます感じるかも。

帰りは40分ほどウォーキングを兼ねて、東京の下町を歩き始発駅から乗りました。これなら心配ないですね。

2007年10月 8日 (月)

朝歩きは三文の得!

 暑かった夏が過ぎ実りの秋になりました。毎朝4000歩ほど歩いています。コスモスなど秋の花が咲き、古道の片隅には石碑がひっそりと稲刈りが終わった田んぼを見つめていました。20071007074953  200710080739387

ちょっとコースを変えるだけで違った思いを受けます。冷気を全身に浴びながらの楽しいひとときです。石塔は享保七年(1722)建立の庚申塔で旧脇往還に面しています。(携帯で撮影)

2007年10月 6日 (土)

「このオレに温かいのは便座だけ」

 早朝は温泉街の散歩です。温泉街から石段を200段ほど上がると酢川温泉神社が鎮座。参道の常夜灯全部に川柳が書かれています。その中の一句がタイトルです。自分に温かいのは便座だけでないよ・・。お漬物は昨夜買いました。重圧から開放されたのです。

071006 朝食後はロープウエイ2基を乗り継いで地蔵山直下へ。、木々が色つき始めています。個人行動でしたら、071006_2 ここから熊野岳を経て刈田山まで往復してお釜を眺めて来るのですがグループ行動ではそれもなりません。一旦下りて車でお釜へ行きます。

旅の最後は安達太良山奥岳でした。安達太良山は数年前、富士急ホテルに泊まりロープウエイを使わず、頂上、くろがね小屋ルートで歩いたところです。やはりこの山は自分の足で歩かなければ楽しさが分かりません。ロープウエイで往復し、遊歩道の一端を覗いただけでは本当の良さを味わえませんね。コスモスが見事でした。071006_3

2007年10月 5日 (金)

「山形のおつけうまいと妻がいい」

安達太良山

 この日の旅立ちのようすをタイトルにしました。このまずい句は「出羽の土産物は漬物だよ」という妻からの天の声です。今回の旅費は全額妻からの寄付ですから仕方ありません。

安達太良山の頂きには雲がかっています。(東北道安達太良SAより)東北地方にもようやく秋の気配です。これから仙台から松島に向かいます。

071005 十年ぶりに訪れた仙台市郊外には新らしい建物ができ、松島に続く道路などは見事に整備されていました。松島で乗った遊覧船には人も多く、乗客に餌をねだる海鳥ががいつまでも船を追いかけてきます。これも知床遊覧船以来の風景です。

今夜は蔵王温泉に泊まります。

2007年10月 2日 (火)

オリーブオイルは便秘に効く

 A新聞の記事に便秘への対応が載っていました。そこで早速、試したのがオリーブオイルを毎朝食べている納豆に混ぜて食べることです。更に食後のヨーグルトに少しかけてみました。

オリーブオイルは食品会社に勤める娘が会社から持ち帰った(買ったかもらったか不明)ものが何本もありお金もかかりません。

始めてから1ヶ月、効果が出ました。張っていたお腹がスッキリです。食パンに薄くオリーブオイルをつけて食べるのもよいそうです。

2007年10月 1日 (月)

烏兎匆匆

 もう10月になりました。烏兎匆匆(うとそうそう)と言います。歳月の流れの速さにタダタダ驚くばかりです。2007年もあと3ヵ月です。

業務打合せで東京へ。ラッシュアワーを過ぎた時間はユックリ座れます。隣に座った若い女性は約20分の乗車中、ずうう・・っと鏡とにらめっこでお化粧をしていました。香水の臭いが鼻につき気分が悪くなります。

薄ら寒い日で、街を歩く人もどことなく身が縮んでように見えた1日でした。

« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »

無料ブログはココログ

お気に入りの本