2022年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

« 仲良しグループの昼食会 | トップページ | 熱は下がったけれど・・次は »

2007年10月26日 (金)

舐犢之愛(しとくのあい)

 テレビで協栄ジムの金平会長と亀田興毅選手の記者会見を放映していました。ここまでのいきさつはマスコミで報じられている通りです。

タイトルは「親牛が子牛を舐めること」で「犢」(とく)とは子牛のことです。転じて親が子を溺愛することを言います。(岩波書店、四字熟語ひとくち話)
中国の故事では「“舐犢之愛”ばかりで息子が殺されることを予見できかった」と嘆いてる父親の話として出ています。

亀田史郎氏が“舐犢之愛”に気付いて、息子たちの将来のために身を引くというのであれば立派なものです。そうあってほしいと思います。

« 仲良しグループの昼食会 | トップページ | 熱は下がったけれど・・次は »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

私は二人の子(女9才)(男5才)を一人で育て上げました。現在42才と38才で家族仲良く暮らしています。その二人から私の愛は「父」のようだったと言われますが、良かったのか悪かったのか応えてくれません。ま、いいか・・・とのんきなBBになりました(汗)。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 舐犢之愛(しとくのあい):

« 仲良しグループの昼食会 | トップページ | 熱は下がったけれど・・次は »

無料ブログはココログ

お気に入りの本