2022年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

« 新機種からの発信 | トップページ | ぶらり一人旅(1)・阿波の国へ »

2007年11月24日 (土)

日光道中を往く(10)

 きのうは身を切るような冷たい風が吹き荒れました。今日は風もなく晴れた朝を迎えました。でも放射冷却現象で寒さは厳しかったですね。

JR東北線(宇都宮線)小金井駅に集合したのは15名。名簿では14名でした。
「出席」と言ったいうBさんと「欠席」と聞いたと言うリーダーの軽いジャブの応酬があり、駅前交番のおまわりさん(イケメンでした)にシャッターを押してもらい出発です。

小金井の一里塚から真言宗の慈眼寺に寄りました。
この寺は常法談林の格と認められ、家光よりご朱印20石を賜り、また将軍の日光社参では御昼休とされたそうです。境内の観音堂(写真)と鐘楼は江戸時代の建物です。下野西国二十三番札所です。ちょうど白装束の二人組がお参りしていました。071124

小金井宿から雀宮宿までの12.3kmのうち、途中2kmの旧道を除いてほとんど国道4号線を歩きます。史跡を見るため何度も国道を横切り、淡い陽光を浴びながら、ひたすら歩き続けました。自衛隊雀宮駐屯地からJR雀宮駅までは本当に長かった・・。

こうして5時間40分、26000歩に及ぶ楽しい旅は無事終わりました。もちろん反省会でも話に花が咲いたのはいうまでもありません。

« 新機種からの発信 | トップページ | ぶらり一人旅(1)・阿波の国へ »

サークル活動」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日光道中を往く(10):

« 新機種からの発信 | トップページ | ぶらり一人旅(1)・阿波の国へ »

無料ブログはココログ

お気に入りの本