2022年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

« 今日は学習日 | トップページ | “春立や四十三年人の飯” »

2007年11月17日 (土)

映画「武士の一分」

 映画上映会で「武士の一分」を見ました。
山田洋次監督作品ですので「寅さん」のような人情がらみかなと想像していました。原作(藤沢周平著)は読んでいません。まあハッピーエンドで収まりましたね。木村拓哉也、檀れい、笹野高史らが熱演しています。

今でいうなら職務上で起こった事故ですから労災ですよね。藩政時代でも労災で家を取り潰したのかなと思います。(映画の主旨とは関係ありませんが・・) 本人・家族らに何か救済処置があってしかるべきです。

帰り道に、最近オ-プンしたショッピングセンターを見学しました。
このショッピングセンターから歩いて数分の範囲に百貨店、大型スーパーが既にあり、それに加えての開店で付近は小売の激戦区になりました。開店ブームが去った後が勝負です。

« 今日は学習日 | トップページ | “春立や四十三年人の飯” »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 映画「武士の一分」:

« 今日は学習日 | トップページ | “春立や四十三年人の飯” »

無料ブログはココログ

お気に入りの本