2022年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

« 初めての静岡おでん | トップページ | 日光街道を往く(14) »

2008年2月22日 (金)

政府に求めるものは?

 古代ローマの市民が皇帝に求めたものは何だったのか?

それは「安全(を保障する)」と「食(べさせる)」だったそうです。(塩野七生「ローマ人の物語」
「安全」は外圧と治安の二つに分かれます。

イージス艦と漁船の衝突事故を聞いて、まず国民を守るべき自衛隊が国民の「安全」を守れない現実を露呈しました。

また、小麦粉をはじめ、食料品の値上がりラッシュです。それに輸入食品の農薬汚染など食の安全も脅かされています。

古代ローマを引き合いに出すまでもなく、これらは明らかに政府が解決しなければならないことです。古代ローマでは、これらの問題がおきれば、市民が皇宮に押し寄せ大変な騒ぎになったとか、場合によっては皇帝は殺されたそうです。

さて、現代の政府の役割はなんでしょうか?
「道路を作り続けること」、「権益を死守すること」かなと思います。

« 初めての静岡おでん | トップページ | 日光街道を往く(14) »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 政府に求めるものは?:

« 初めての静岡おでん | トップページ | 日光街道を往く(14) »

無料ブログはココログ

お気に入りの本