2022年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

« 1月晦日、世相さまざま・・ | トップページ | 霧多布湿原トラスト »

2008年2月 1日 (金)

江戸里神楽を楽しむ

 「江戸里神楽」という芸術ジャンルを初めて観ました。演目は古事記にある神話からとったものだそうです。 公演前に解説があり、公演中は舞台脇のボードにも解説が出てわかりやすくなっています。出演は石山社中の皆さんでした。

幕間には神楽衣装の話題があり、衣装を何重にも重ねる動作に驚きの声が挙がっていました。面を付けると視野が狭くなる経験していますが、重い衣装、それに狭い視野で二人で合わせての演技は、かなりハードな稽古が必要だったと思われます。

今朝は早くから都内へ出かけた後の観劇、睡魔と戦った時間でした。笛と小太鼓の響きが心地よい眠りを誘ったのでしょう。

« 1月晦日、世相さまざま・・ | トップページ | 霧多布湿原トラスト »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 江戸里神楽を楽しむ:

« 1月晦日、世相さまざま・・ | トップページ | 霧多布湿原トラスト »

無料ブログはココログ

お気に入りの本