2022年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

« 行者にんにくを植える | トップページ | シンクタンクへ »

2008年2月13日 (水)

“日本はかわいそうな国”か?

「お気に入りの本」で紹介している塩野七生著「ローマの街角から」の前文、「読者へ」の記事の一部がこのブログのタイトルです。確かにヨーロッパを旅すると言語、民族などが異なっても国力が同程度の国々が平等な立場で協力し合っていることを実感します。確かに、日本はアジアで友人国はありませんね。さみしいですけど現実です。

著書の記述部分をご紹介します。
“外から見ていると、日本はとてもかわいそうな国に思えてくるのです。もちろん、ヨーロッパの一国ではない。かといって、内実からはアジアの一国でもない。同程度の国力をもち、相互に平等な立場で協力していける国々を近くにもっていない日本”

« 行者にんにくを植える | トップページ | シンクタンクへ »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: “日本はかわいそうな国”か?:

« 行者にんにくを植える | トップページ | シンクタンクへ »

無料ブログはココログ

お気に入りの本