2022年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

« 手指のしびれ | トップページ | 日光道中を往く(最終編) »

2008年4月23日 (水)

気持まで落ち込ませるかECO電球

 諸物価値上がりの時期、電力消費に照明器具が占める割合も4割近いとか・・。

そこでわが家では、今、話題のECO電球を購入しました。寿命は約6倍、電気代約1/5、発熱量約1/5がうたい文句です。価格は約10倍しました。色は電球色です。

さっそく、調光(明るさが調整できる)機能がある部屋に取り付けました。ところが「安全上の注意」を読むと、「警告!」でこの機能器具ではダメ、発熱や発煙の原因になるあります。

仕方なく廊下、トイレに付け替えたところ暗く感じるのです。従来と同じワット数のものでは照度が低いんです。暗いと気持ちが落ち込みます。ひとつ上のワット数が妥当ですね。

まだまだECO技術も発展の途上だと感じました。

« 手指のしびれ | トップページ | 日光道中を往く(最終編) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 気持まで落ち込ませるかECO電球:

« 手指のしびれ | トップページ | 日光道中を往く(最終編) »

無料ブログはココログ

お気に入りの本