2022年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »

2008年4月

2008年4月30日 (水)

2個2千円のりんごが売れる

 成田空港第二ターミナルの出国ロビーでは2個2千円のりんごや贈答用干し柿が1700円(6個入り)などが売れるそうです。(日経MJ) 買うのは中国、台湾、香港の観光客とのこと。

このMJの記事は興味深いですね。外人観光客を日本で囲い込むヒントが何かありそうです。

まず訪日する外国人観光客のうち、リピーターが半数を占めていること。
次に日本の訪れたい先の第1は北海道、買いたい物の第1位は「安全」を信頼して「日本の食品」で、家電やデジタルカメラを上回った。

他にソウルの人は日本の温泉好き、台北では日本のグルメ好き、泊りたい宿は日本式旅館だそうです。平均すると日本旅行に29万円かけていると報じています。

2008年4月29日 (火)

後部座席もシートベルト着用義務

 6月から車の後部座席者にもシートベルトが着用義務になるそうです。

むしろ遅すぎた感じですね。

3年前、助手席に乗っていた車が出会い頭に他の車と衝突。弾みで路肩のガードレールに激突。後部座席に乗っていた友人が飛び出してフロントガラスにぶつかり、頚椎を骨折する重症を追いました。私は全身打撲、右手骨折2ヵ月の重症でした。わずか20Kmの速度でこの状況です。

以後、バスでも乗用車でも乗った時は、必ずシートベルトをつけることにしています。でも後部座席のベルトは探しにくい、付けにくいのが実情です。ニュースによると改良を進めるといいますが、それも新車からとか・・

2008年4月28日 (月)

図書館システムにみる地域力の差

 わが家は20数万人が住む町にありますが、150mも歩けば数年前に合併して政令指定都市になったS市です。

わが町には図書館は2箇所、それも歩いては行くには遠すぎます。ところがS市の図書館はわが家から自転車で数分、歩いても10分です。

最近、隣接する市町村は相互に図書館なども利用できるようになりました。
S市の図書館に利用登録し、インターネット利用にしておくと便利です。
読みたい、調べたい本や資料をインターネットで探すと即座に「S市内数箇所のどこの図書館にあるか」が分かります。

そこで読みたい旨を書き込んで送信すれば、わが家に近いS市の図書館に届けてくれます。
さっそく、遠い図書館から運んでもらいました。本代数千円が助かりました。

考えてみれば、ごく普通の行政サービスかも知れませんね。でもわが町ではそんなサービスはありません。図書館に行ってみなければ探す書籍の有無など分からないんですから。

時間つぶしに図書館に行っておられる方々には縁のないお話ですけど・・。

石楠花が咲きました。0804291

2008年4月27日 (日)

藤まつりは盛況!

 「こちらはK市緊急放送です。今日の「藤まつり」は行います。皆様ご一緒においで下さい」
ということで、昼前に夫婦で歩いて「藤まつり」会場へ45分歩いて出かけました。080427

駅前から続く大通りから車を完全にシャットアウト、歩道は露店や出店がビッシリ!、車道はパレードが終わり、踊りが始まっているところでした。人込みで通行もママならず。「わが街の集客力もたいしたものだわい」と妙な感心をしながら楽しんだ時間でした。

これだけの人波に呑まれても、数名の知り合いに出会い、日頃のご無沙汰をお詫びしました。

2008年4月26日 (土)

日光道中を往く(最終編)

 3月までに歩き終わる予定だった日光街道歩き最終回、雨で2回延びて4月にずれ込みました。曇天、夕方から雨の予想です。
16名が10時日光東照宮前の神橋に集合、一路大沢宿に向かいます。距離は約16Kmです。
到着点を出発点にしたのはコースが長くて緩い下り坂だからです。
0804261009

新緑の杉並木路を一路、今市宿まで歩き杉並木公園内のそば屋「報徳庵」で昼食、土曜日とあって店内はそうとうな混雑、それでも逞しいシニアたちは辛抱強く待ちました。080426

今市宿をから大沢宿まで杉並木道は国道と一緒になったり、離れたりでした。大型自動車が横を通り抜ける時は恐怖心を倍増させられました。

16時20分に大沢宿到着。6時間余の旅をもって日光街道歩きは終幕しました。次回から新たな年が始まります。

2008年4月23日 (水)

気持まで落ち込ませるかECO電球

 諸物価値上がりの時期、電力消費に照明器具が占める割合も4割近いとか・・。

そこでわが家では、今、話題のECO電球を購入しました。寿命は約6倍、電気代約1/5、発熱量約1/5がうたい文句です。価格は約10倍しました。色は電球色です。

さっそく、調光(明るさが調整できる)機能がある部屋に取り付けました。ところが「安全上の注意」を読むと、「警告!」でこの機能器具ではダメ、発熱や発煙の原因になるあります。

仕方なく廊下、トイレに付け替えたところ暗く感じるのです。従来と同じワット数のものでは照度が低いんです。暗いと気持ちが落ち込みます。ひとつ上のワット数が妥当ですね。

まだまだECO技術も発展の途上だと感じました。

2008年4月21日 (月)

手指のしびれ

 先輩とハワイへ旅行したことがあります。

ハワイの空港からホテルに着いた頃、「手指がしびれる」と先輩。
さっそく、ホテルの紹介で病院へ。診断は軽い「脳梗塞」とのこと。
即、入院、治療、6日間の入院で無事帰国できました。080422

最近、起床時に左手と指の「しびれ」が続いています。数分で直りますが・・。

先輩の症例もあり、心配になっていつもの通院時に医師に相談しました。
まず、しびれる指を引っ張ります。力は通常通り。次に筆で指をなでます。感覚は正常でした。結果は何事もなし。

脳から発信する「しびれ」の状況は、指の力が抜ける、痛みを感じる、感覚がなくなるそうです。これらの症状を日本語はひっくるめて「しびれる」という表現だと医師は言います。症例を表す適切な言葉がないそうです。

「手指が急に動かなくなった」場合は脳梗塞の前兆ありとのことです。勉強になりました。

2008年4月19日 (土)

日本人の祖先をDNAで追う

 県立博物館で行われた講演の題が本文のタイトルです。講師は国立科学博物館・人類研究部の篠田謙一氏です。

残された人骨のDNAを分析して人類の祖先を研究しているそうです。現世人類の誕生は14~20万年前にアフリカにあるとのこと。7~6万年前にアフリカを出て移動(出アフリカ)、ヨーロッパアジア人集団、アジア人集団、アフリカ人集団に分かれた。1.5万年から2千年前に人類は世界に拡散したそうです。

さて、日本の祖先はどこから来たか?「縄文人がそのまま弥生人にはなっていない。縄文人に北東アジア人の血が混じった渡来系弥生人が本土日本人が祖先とのこと。アイヌ人と沖縄人には北東アジア人のDNAがない。そのことは沖縄や北海道には北東アジアが渡来していなかったことを示している」などの他、なかなか興味があるお話でした。

2008年4月18日 (金)

高齢者が好齢者であるためには

 後期高齢者医療制度について、いろいろ話題が多いですね。

今頃になって、自民党内で議員向けの説明会をやったとか、参加した著名な議員が「よく分からない」と言っています。何をかいわんやですね。いわゆる小泉チュードレンたちも立法時は「初めて当選した時期でよく分からなかった」と逃げています。

こんな状態で数を頼みの強行採決だったわけです。
郵政民営化を支持するかどうかの選挙の裏で、こうした採決をしておいた後、2年間きちんとした説明をしてこなかった結果です。

そんな議員を選らんだツケが今、国民に回ってきています。次の選挙を意識して、立候補予定者が動き回っているようです。

高齢者が好齢者であるためには、政治についても監視を怠らないことです。

2008年4月17日 (木)

噂のでどこ

 犬と散歩に出ると、同じく愛犬を連れた人と出会います。いつものことですから「お早うございます」、相手によっては犬どうしを遊ばせることがあります。

夕方、帰宅すると「○○クン(犬の名前です)の飼い主が亡くなったそうよ」と妻が言いました。わが家から150mくらい先のお宅のご主人です。そういえば最近、出会っていません。夕方の散歩は、○○クンちはこちらのコース上にあり、、○○クンは私からのおやつを待っています。当然、飼い主は家の中だと思っていました。しかし亡くなってのは事実で、肺がんだそうです。密葬でした。合掌。

さて、昨日はグラウンドゴルフの練習日でした。仲間の女性が私に
「歩いているのは糖尿病だからだそうですね」と聞きます。
「いえ、いたって健康で、糖尿病の気配まったくありません。誰に聞いたのですか」
「どなたか言っていましたよ」

ウォーキングをしているのも、糖尿病対策だとの噂が広がっているかも知れません。
もしそうであれば何も隠すこともないのですが、メタボ境界型に近いとあってはそれも仕方がないか・・。

噂も生きているからこそ・・。知らないのは本人ばかりなり。

2008年4月15日 (火)

校友会総会

総会
写真はK学園校友会の20年度総会風景です。(携帯で撮影)

卒業後5年経ちました。昨年度、こちらの活動にはすっかりゴブサタ!
「久しぶりですね」
「ゴブサタしています」
の挨拶ばかり。

校友会活動に積極的に参加した会員で長寿に当たる人は、他の会員の推薦で今回から表彰されることになりました。

この総会では米寿に当たる女性会員が表彰されました。
来月で89歳になるとか・・。
とてもとてもそんな歳には見えません。

昨年暮れに亡くなった母と数年の違いしかありません。
旧満州(現中国東北部)からの引き上げで苦労したとか・・と聞きました。

「男の長寿祝いは喜寿または傘寿にしろ」との声しきり。
どっちにしてもこちらにとって見込みなし!

2008年4月12日 (土)

おかしいぞ!今年の花粉症

 いつも鼻詰まり、喉が痛い。夕方になると鼻水が止まらない。薬を飲んでも改善しない。
花粉症には毎年苦しんでいますが、今年は少し症状が違うようです。症状が長く続いているのです。

こんなとき、中国では大気汚染が原因で、毎年30万人が死亡しているという記事がメルマガに載っていました。(nikkeiBPnet)
“「国内で3月中旬に観測された黄砂に、中国や韓国の工業地帯が発生源とみられる有害物質が付着していたことが、東京大環境安全研究センターの戸野倉賢一准教授らの分析でわかった。(中略)その結果、粒子の2割程度が中国から飛来した黄砂で、その大半に硝酸塩や硫酸塩が付着していたことがわかった”

どうやら招からず中国からの飛来物、黄砂に混じった化学物質(硝酸塩や硫酸塩)にわが身体に反応した可能性もあります。主治医のドクターも否定はしていませんから。

場合によっては農薬交じりの餃子以上の問題ではないでしょうか。

2008年4月11日 (金)

新緑の季節、そして総会、懇親会

 県営公園近くの駅から公園内と市街地を45分くらい歩いて総会の会場へ行きました。
公園は桜も散り新緑が芽生えていました。静かな散策を楽しんだ時間です。0804111

旧道に史跡を歩いて訪ねるウォーキングクラブの2008年度総会日です。前年度32名だった会員は3名減って29名に、役員6名中、2名が交代、全年度会費が大幅に繰り越され今年度は徴収なし。和気あいあいのうちに終了。終わって20名が参加して懇親会、その後カラオケへ。

ここまでは良かったのですが、冷酒をだいぶ飲んだようで、社内でウトウト、1駅乗り過ごしてしまったのです。でも無事に御帰還できました。

2008年4月10日 (木)

メタボ検診・指導制度始まる

  4月からメタボ検診・指導制度が始まりました。

これをどんな視線で見るかは人さまざまです。ビジネスチャンスとして捉えればうまくいけば新たな商品、サービスが生まれます。新聞報道によれば歩数計は昨年比1.5倍の売れ行きだそうです。価格は3000円未満とか。今から付けても遅くはありません。どうぞご活用下さい。

個人の健康管理から見れば、メタボと診断されたら医師などのアドバイスを生かすのはあくまでも本人の努力です。禁煙を勧められても喫煙を止められない例を見れば分かります。

生活習慣を改善するには、各人と家族の協力が欠かせません。
第一、ご多忙なお医者様自身が、われわれ一般人より平均寿命が数才短いとか・・。これは統計的にも正しいそうです。まずお医者様が安心して診断できるシステムを作ることが先でしょう。自分の身体を削ってまでも患者のメタボ指導まで出来るのでしょうか?

かく言う小生は、BMIは境界型、降圧剤を服用で今のところ安泰。ただし増えるのは体重だけ!食い物と運動のバランスが崩れるとメタボは目の前です。誰のせいでもない、自分で解決するしかないのです。医師はあくまで相談役でしかありません。

2008年4月 9日 (水)

32100歩

 タイトルは今日の歩数です。

東武東上線の下赤塚駅(東京都練馬区)から埼玉県三芳町までを、26000歩(約4時間)で、それ以外が6000歩です。

26000歩は旧川越街道の2回目の歩行です。春の薄日を浴びて楽しんできました。080409

東京と埼玉の都県境から旧道に入り、白子宿、膝折宿、大和田宿、そして大井宿手前まで。
白子橋からの和光市内と膝折宿(朝霞市)に昔の面影を感じました。その他の区間は市街地が進んで往年の雰囲気はありませんでした。
(上の写真は膝折宿中宿脇本陣で江戸中期の建物とみられています)
080409_2 080409_3                      上左写真:膝折宿の一乗院(並流山平等寺)、真言宗智山派に属し、本尊は十一面観音です。
上右写真:同宿の旅人宿の増田屋、慶応の打毀しの時、膝折の来た暴徒を名主宅手前で止め、酒肴・献金でことなきを得たと伝えられています(埼玉県教育委員会資料)。

2008年4月 8日 (火)

賢くならなきゃ!

 いつもお世話になっている医院の受付でお年寄りがキレたそうです。

詳細はチョット小耳に挟んだ話なので分かりません。今月から始まった後期高齢者医療制度の対象者で新しい保険証を持っていかなかったか、診察料金のことらしいのです。

政府が国民に説明したのが、先月(3月)下旬に一片の新聞折込みチラシだけだったと思います。まるで“寄らしむべからず、知らせむべからず”で怒るのは当然です。しかし怒る相手が違います。医療機関の窓口で文句を言っても「時すでに遅し」です。

近頃、特別税額控除の廃止、医療制度の変更など年寄りイジメが目に余ります。日頃のニュースをよく分析し、そしてよく覚えておきましょう。

国民にとってこの恨みを晴らす方法は選挙だけです。
ネジレ国会とはいいますが、ネジレているから種々の不合理が明らかになってきています。
次の選挙で、国民はどう判断するか真剣に考えましょう。

いつも優しいホームドクター(自分の思い込みですが)付の受付嬢をイジメルのは止めてください。

2008年4月 7日 (月)

地方の疲弊-商業統計に見る-

 経産省が発表した2007年商業統計によると
3年間で商店数が10万店減少、減少率は徳島県の12.7%をトップに、以下和歌山県12.0%、愛媛県11.3%、東京都10.2%、山口県10.2%、愛媛県10.1%の減少と続きます。

商店数の減少率を法人別、個人別で見ると、法人が2.3%減に対し、個人が13.4%で個人商店が急速に減少したよ様子が読み取れます。
昨年11月に訪れた徳島市などの商店街は、平日の夕方でも人通りが少なく寂しいシャッター通りでした。また同県西部の市にある商店街は、夕方5時というのに消灯されて真っ暗、お化けだ出てきそうな不気味さでした。こんな姿を商業統計は如実に示しています。

年間販売額を見ると東京を除く県は軒並み減少しています。
売上数値を見ると都市部が売上堅調で、地方が不振という構図になりそうです。
首都圏1都6県では茨城県を除く都県がプラスでした。

急速に変化する小売業界、さてこれからの3年でどう変わるのでしょうか?

2008年4月 6日 (日)

お花の見納め

 朝は快晴、風もなく陽春らしい気候です。

朝食前に隣市の城址公園にお花見に出かけました。近くとはいえ、久しぶり車に妻と老犬を乗せてのお出かけです。080406

公園の駐車場のゲートは閉まっていて、開くまで30分余りあります。出口から入りました。

見事な桜、桃などの花を眺めながら、人も少なく優しい空気に包まれた小路を散策し、楽しいひと時を過ごしました。
わが老犬はいつもと違う場所へ来たのか、臭いをかいでばかりいて花など見ていなかったようです。080406_2 080406_3

2008年4月 4日 (金)

サンシュウの花

 前日に引き続き業務の打ち合わせをしました。

午後はオーナーが経営する店や競合店、地域の関連産業などを視察しました。
写真はA町のおそば屋の庭に咲いていた花です。サンシュウという名前だそうです。080404_2

オーナーが経営する産直店です。広い敷地にコンビニ店が併設されていました。080404_3 

農産物のほかに間伐材を生かした木工品なども販売(通販も)しています。この椅子は5,000円でした。080404_4

2008年4月 3日 (木)

ヤッパリお役人はヒラメか!

 東北山形の地は雨でした。今日と明日は産直事業を進めている私の契約先を訪ねて打合せをする日です。

山形からローカル線で45分の町、ここに契約先の山形流通センターと生産者の直売店があります。今は端境期で商品アイテムが一番少ない頃です。契約先のオーナーさんはこ080404の町の出身です。
(写真は流通センターと店です)

社内の打ち合わせ後、地域活性化のために、国が補助金を出している事業の内容を聞くため、オーナーさんと町役場を訪問。役場の担当者は、補助金事業で民間企業から派遣されている人を同席させ、一応の説明をしました。お役人の抽象的説明では、具体的にこの地域で補助金事業の計画がどこまで進んでいるのか分からないのです。事業3年目だというのにです。また同席の企業人も何をしているのか説明もしません。

途中で町長との面談のため、いったん席を外し30分ほど地元の有力者、オーナー同席で町長と挨拶を兼ねて話し合いをしました。「1企業のためではなく地域の発展のためなら協力はする」ということでした。

さて、先ほどの担当者の席に戻りました。するとまったく応対が違うのです。さまざまな資料を出して説明をするのです。終わると役場の出口までお見送りです。6月に人事異動をするそうですから地に足が着かないのでしょう。上を向いて(町長室は2階です)仕事をしているのですね。それと国税の無駄遣いではないかとも思います。

2008年4月 2日 (水)

川越街道初歩き

 都営地下鉄新板橋から東武東上線下赤塚まで、東上線に沿ている旧川越街道を歩いてみました。ひたすら歩いて2時間5分、約8km強と推定されます。

川越街道は中山道板橋宿手前の平尾追分で旧中山道と分かれます。

080401 080401_2 環状6号との交差点から東上線大山駅の踏切を経て、長い商店街がつらなっています。こんなに人が多い商店街も久し振りです。疲弊した地方の商店街を見慣れていると別世界の賑やかさです。それは大型店がないせいもあるでしょうね。
でも冷静にみると4軒に1軒のシャッターが下りています。はやり問題があるのでしょう。(写真左は大山駅踏切から西口商店街、写真右は天祖神社の砲弾跡が残った座です)

街道は一旦、新川越街道(国道254号線)に出て、日大板橋病院近くから旧上板橋宿へと入っていきます。宿のはずれ下頭橋まで新板橋から約50分、この橋の斜め左に入って、254号線に出るのが旧道です。旧道に入らず直進して天祖神社に寄ってみました。狛犬の台座のへこみは1945年6月10日の空襲で、砲弾の破片が当たった傷だそうです。

この後は、254号線、旧道(旧下練馬宿)、254号線と繰り返しながら街道をひたすら歩くだけでした。

2008年4月 1日 (火)

様変わり・東京丸の内

 ある商談でメールだけでは意志が通じあいません。そこで東京丸の内で仕事の打合せをしました。終わって丸の内界隈を歩いたのです。080401

会社を引退後は旧国鉄本社跡の本屋には来たことがありますが、皇居のお堀瑞まで来たのは何年ぶりだったでしょうか。
すっかり様変わりをしていました。すっかり田舎者に戻ってしまった・・、そんな感じでした。

写真は三菱1号館(左端)から東京駅方面を臨んだものです。右中、中ほどの細く見える黒いビルは新装なった新・丸ビルです)

« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »

無料ブログはココログ

お気に入りの本