2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

« シングル生活の実態は? | トップページ | 震度4への対応 »

2008年5月 6日 (火)

“もののふ”たちが駆け抜けた古道

 源氏の武将、畠山重忠の居城だった菅谷館跡を訪ねました。来月の団体見学の際に説明をお願いのするためです。初めての訪問です。

080506細かい報告は来月に譲るとして、ここは重忠の死後、戦国時代に拡張整備されたそうです。よい天気、青い空と木々、素晴らしい環境でした。 (写真は畠山重忠の銅像)

嵐山渓谷のバーベーキュー場では川遊びの080506_4人たちで賑わっていました。連休もきょうが最後です。あすからはひっそりとなりますね。

大蔵館跡から鎌倉街道といわれる道をたどりました。笛吹峠に向か い、嵐山町将軍沢までの往復です。途中の縁切橋というのがありました。道路は拡幅されて川は暗渠になっています。説明は写真をご覧下さい。地名も橋の名前も中世の“もののふ”が駆け抜けた名残をとどめていますね。(写真上をクリックすれば拡大します)080506_6 080506_7

« シングル生活の実態は? | トップページ | 震度4への対応 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: “もののふ”たちが駆け抜けた古道:

« シングル生活の実態は? | トップページ | 震度4への対応 »

無料ブログはココログ

お気に入りの本