2022年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

« “うたた寝の蛇も逃げ出すかしましさ” | トップページ | “電池替えだけが残った技術なり” »

2008年5月28日 (水)

“神話の舞台は北信濃”

  ここ1週間は外出続きで疲れました。Business modeに切り替えて今日はお出かけです。

帰宅したら高校の同級生で故郷で医師をしているA君から本が届いていました。「神話の舞台は北信濃」という多くの写真が入った133ページにおよぶ豪華本です。S01

多忙な医業の傍ら、よくここまで調べ書いたものだと感心し、また何気なく見たり通ったりした神社が由緒あるものだったなど、興味深くページをめくりました。
これからゆっくり読ませていただきます。

今月の同級会で、彼と神話の話になり、この本を送ってくれる約束をしていたものです。

インターネットでも尼巌山(あまかざりやま)の説明で彼のことが紹介されています。

« “うたた寝の蛇も逃げ出すかしましさ” | トップページ | “電池替えだけが残った技術なり” »

読書」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: “神話の舞台は北信濃”:

« “うたた寝の蛇も逃げ出すかしましさ” | トップページ | “電池替えだけが残った技術なり” »

無料ブログはココログ

お気に入りの本