2022年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »

2008年7月

2008年7月31日 (木)

メタボ対策・7月の総括

 食事改善と毎日1万歩以上歩いて2週間、内臓脂肪を減らす漢方薬を飲んで10日たちました。

短期間ですが7月末の結果です。
体重が2.7kg減少、体脂肪は微減でした。
食事量を減らして身体を動かせば、体重を減らせるのは前回で立証済みです。今回の推移も前回と同じ傾向です。ただこれからがどうなるか、あと3kg減らしたいのですが・・。

3万歩を歩いた日が1日あります。終わって仲間と飲食、この結果は飲んで食べた翌々日に体重、体脂肪とも顕著に表れています。身体の吸収力は抜群!、やはりビールの誘惑には弱かった!

体脂肪はガンコですね。半世紀以上の生活習慣が身体に染み付いているのでしょう。

いずれにしても数ヶ月間の勝負です。1時期の数字に一喜一憂しても仕方ないですね。

「メタボなんて余計なお世話だ」と、オーストラリアに在住している邦人から以下の記事が某メーリングリストに投稿されていました。 考え方の1つかも・・。

続きを読む "メタボ対策・7月の総括" »

2008年7月30日 (水)

昼下がりの公園に咲く蓮の花

 次の約束時間まで時間が空いてしますことがよくありますね。

車で出かけて昼を挟んで2時間くらい空白ができました。コンビニのオニギリで昼食。自然豊かな途中の公園を歩きました。田んぼを挟んだ1周約5kmの遊歩道兼サイクリング道が整備されています。

コースの途中に蓮池があり、蓮の花が池狭しと咲いていました。

陽炎にひと08073001きわ目立つ蓮の花を撮りました。

1時間歩いて汗がビッショリ。230キロカロリーの消費です。

2008年7月28日 (月)

“兵士たちの戦争”

 タイトルは26日にNHKハイビジョンで放映された番組で、サブタイトル「生存者が語るインパール」です。興味をもって見ました。

伯父がビルマ戦線で死亡したと聞いていますので、どんな実態だったかを知りたかったのです。

兵士にとって戦場はどこも過酷なものだったでしょう。特にインパールだけで兵士が犬死したわけではありません。

しかし、伯父の家族が戦後、体験した辛苦を見聞きしている者にとっては、映像の累々とした死者の1人がもしかして伯父ではないかと考えてしまいます。

欲を言えば、無謀な作戦を立て、膨大な犠牲を出した軍司令部やその無責任ぶりを冷静に分析し、亡国に導いた原因を徹底的に追究してほしかったと思います。番組ではこの点にほんの数秒触れただけでした

現在の社会情勢を見ると、旧軍のDNAが今の官僚精度の深部に引き継がれているような気がします。政治システムは当時とはまったく異なってはいますが、作戦(政策)結果に対して官僚は誰も責任をとらないなど同じ現象ではないでしょうか?

2008年7月26日 (土)

旅行けば川越城下は夏祭り

 夏本番、連日30度を超える暑さですね。

そんな気候の中、今日の旅は川越街道(東武東上線鶴瀬駅~大井宿~川越市役所前~川越駅)を歩きました。15名参加、約27000歩の旅でした。

ご多聞にもれず、この沿線も市街地化が進み、昔年の面影はありません。ただただ、ひたすら歩くのみ、それでもこじんまりした寺や神社がヒッソリとたたずんでいて、格好の休み所となりました。噴出す汗をぬぐい、冷たい水で喉を潤す、夏ならではの旅でした。

川越七福神(毘沙門天)の妙善寺には秋の七草、オミナエシとキキョウが咲いていました(写真)。080726_2 今日は旧暦の6月24日、陽暦の8月1日は旧7月1日です。旧暦ではもう間もなく秋ですものね。

圧巻は終点、川越の「川越百万灯夏祭り」。ホコテンとなった蔵の街は、車の騒音もなく楽しめました。川越女子高校の鼓笛隊や埼玉県警音楽隊の行進(写真)、080726 威勢のいい神輿担ぎの声などやはり日本の夏祭りです。多分、メタボに引っかかりそうな踊り子さんたちのハワイアンも色を添えていましたよ。

祭りの喧騒をよそに、わが一団は居酒屋へ。歩いて吐き出した分の数倍のカロリーを摂ったものと推察されます。

2008年7月25日 (金)

旅計画に誤算あり

 前窓にカバーをかけておいても、夏日は容赦なくハンドルを熱くします。

午後はお客様を訪問。仕掛中の受託業務を説明しました。
日中のオフィスはまるで天国、涼しさばかりでなく、遠く北関東の平野を見下ろす景色も抜群です。

会議での説明は30分ほど、後の打ち合わせも順調で仕事はつつがなく終了。

社長から話があると別室へ呼ばれました。
私が所属する別の団体の秋の旅行の件でした。
手作り旅行の訪問先などのアレンジをお願いしている社長さんです。

宿泊予定ホテルと、決められている旅行予算内での交渉がうまくいかず、別の案を出してくれたのです。

まだ、詳細実施計画を会員に配布する前でしたので助かりました。「旅計画に誤算あり」といったところです。

現地での打合せをすることにしてお別れしました。

一瞬にはかない花が散る夜空

 浴衣姿の若い女性で溢れている駅は、シニアにとって場違いな感じをしました。

東京・足立の花火大会の日、待ち合わせの北千住駅での風景でした。

駅前のデパ地下で弁当、ビール(350ml、各自1本割り当て)を買った8名組は、勇躍、荒川の河川敷に向かいました。陽は高い時刻です。

初めて参加の私はたくましい女性陣の後姿を見失いよう付いていくだけです。

先陣の女性は、巧みに他のグループの間に空き地を見つけシートを敷きます。手馴れたものです。それにしても人が多い。ウンカの如く湧き出してくる中国上海の出勤風景もさもあらん光景でした。08072401

こうして2時間近くの一瞬の美を堪能してきました。
きれいですね。ただし写真は難しい!

さすが、日本人! 人の整然とした一流れ、楽しい夕べを過ごしました。

2008年7月23日 (水)

ウン十年早い北京オリンピック

 中国昆明でバス爆破事件があったと報じています。

Albert Louie氏がビジネス雑誌で論じています。(日経ビジネス7/21号)
“環境問題、官僚の汚職、貧富の格差、農業問題、加えて大規模な自然災害にインフレ、普通の国なら政権が揺らぐ。”

つまり対症療法では対処できない問題ばかりです。

“しかし、中国は共産党の一党独裁で情報統制され、170兆円に上がる外貨準備、軍・武装警察・公安という治安維持機構が強力だ。”

当面は国民の不満が全土に拡散することはないといいます。

“中国の中間層が地震や水害で生活基盤を失ったこと、環境問題が改善されない、劣悪なインフラで政府や党に対する信頼性は揺らいでいる。政権の安定を保ちながら安定的な社会システムをどうやって構築いていくかだ。”

現政権が続くこれから5年間は、持ちこたえてもその先は分からないといいます。
次に論点は中国と係わり合いのある企業にとってのリスク回避対応策に移っていきます。

政経非分離、情報統制、環境汚染、脆弱なインフラ、どれをとっても、今、北京でオリンピックを行う状態ではないと考えます。

この国ではウン十年も、オリンピック開催は時期尚早ではないでしょうか?

2008年7月22日 (火)

メールの未着事故2件

  メールは送ったので、当然着いているはず、しかし送り先から「そんなの着いていないよ」と言われた経験はありませんか?

ここ数日で2件ほど発生。お金に絡むこと、大切なイベントに関することだったので、多少あわてました。

私は3つのメールアドレスを使い分けています。いずれの送受信メールはGoogle MailのWeb上に保存してあります。「送った」「受けてない」のトラブルを避けるためです。
今回も、数ヶ月前の送信データで確認することができました。

毎回、「開封済み」メールを求めるわけにはいきません。080722

2008年7月21日 (月)

第二次減量作戦開始

 半年かけて10kgの減量、5cmのウエスト短縮したのは5年くらい前のことです。

それからジワジワとリバウンドして5kgの体重増、2cmのウエスト増になってしまいました。
これでは秋のメタボ検診で「要注意」と言われるのは必須。

そこで第二次減量作戦を開始しました。
これと言った起死回生策があるとは思えませんが・・。
食事の見直し、運動の見直しは当然です。加えて漢方薬を使ってみることにしました。

食事の見直し、運動の見直しで3日でkg減量しました。あと4kgが大変です。

経過は本ブログで報告します。

2008年7月19日 (土)

梅雨明け

 やっと梅雨明けですね。080720

朝から強烈な日光です。日課のワンちゃんとの散歩の後に、1人で30~40分歩くことにしています。今朝は「ついでに農家が出している野菜の無人販売所でナスとキュウリを買って来て」と妻に言われ、買った野菜をぶら下げて汗ビッショリで歩いてきました。

帰宅して、高校野球のテレビで観戦です。応援している高校が勝ちました。目指せ甲子園!

写真は自宅近くの農家に咲いているヒマワリです。

2008年7月18日 (金)

スーパーが農場運営

 旧知の大学教授より誘いがあり、「アグロ・イノベーション2008」(幕張メッセ)を一緒に見学してきました。「農業・園芸生産技術展」「農産物流通システム展」「地域活性化コーナー」など7分野における展示会です。

やはり食の「安全」「安心」面についての展示やセミナーが多かったようです。

大手スーパーは2社が出展していました。
興味を引いたのは、スーパーの1社が直系の農業法人を設立し、農場運営を2008年8月に開始するという説明でした。農場は千葉県に2ヘクタール(20,000㎡)で、店と循環させる「完全循環型リサイクル網」を構築するとのことです。08071801 (I社の説明図です)

小売業と生産者との緊密な情報共有の他に、地域の休耕地の増加に歯止めをかける目的だあるとのことです。

2008年7月16日 (水)

“一打ずつカロリー数を足していき”

 最近、多重が少しずつ増えています。食事量が増えたわけではなく原因が分かりません。

間もなくメタボ検診が始まるので、何とかして減らしたいと思っています。

きのう、きょうとグラウンドゴルフの大会でした。両日とも外気は30度以上、きのうは風があり比較的しのぎやすかったのですが、きょうは風もなく猛暑の中でのプレーでした。

両日で7プレー、歩数も数千歩、汗たらたら! 昼の食事はできるだけ軽めにして、帰宅してシャワーを浴びたら気分はスッキリ!

打数×歩数×体重×カロリー割合 = 減少カロリー の基準はないでしょうか?

2008年7月15日 (火)

「生産性の向上と地域活性化への挑戦」(中小企業白書)~今日の朝刊から~

 本ブログで新聞(朝日新聞)より“心の再開発”(6月27日)と題する記事(高松市の丸亀商店街の活性化例)をご紹介しました。

今朝の同じ新聞のコラム“経済気象台”に「中小企業白書」に成功例として紹介されています。
“通行量は1.5倍、売上は3倍になったという。高松市の丸亀商店街の成功物語は、今や全国モデルである。地権者としての商店主自身による定期借地権方式による再開発、行政頼みの「活性化プラン」とはひと味もひた味も異なっている。・・云々”

最後に記事は“短期的な利益確保ではなく、長期的視野で知恵を絞る人材の育成が会社や社会あるいは地域の礎をつくるのだ”と結んでいます。

全国の中小起業と地域の活性化が紹介されているという、2008年版の「中小企業白書」はぜひ読んでみたいと思います。

2008年7月14日 (月)

節電その1

 梅雨の最中だというのに雨が降りませんね。それに30度を超える暑さ・・。蒸し暑い!

間もなく16才になる老犬チョビが、クーラーを“ON”にしろとリビングに入ってきます。
われは2階の自室で扇風機でガマン!。

クーラーはちゃんと自室にあるんです。節電のために使わないのです。

夕方、HUBとLANコードを買って来て、1階のリビングのパソコンに取り付け、ノートパソコンを接続しました。これで在宅時にはワンちゃんが寝ている快適な部屋でブログも更新することができます。ノートパソコンにしか入っていないソフトも使えます。

2008年7月13日 (日)

亡母の新盆

 若い僧の読経で亡き母の新盆供養は始まりました。

朝7時に家を出て9時過ぎには実家に着きました。今更ながら新幹線の速さには驚きます。

実家の所在地は亡き父母の生誕の地で親戚縁者も多く、共に支え合う人の輪ができています。両親の若かった頃の写真を見ながら、しばし思い出を語り合った1日でした。

菩提寺の和尚は曹洞宗大本山の永平寺で修行したとか・・。でも「いや、彼は修行が辛くて逃げ出して来たんだよ」という影の声も聞こえてきました。般若湯が入ると寺を見る檀家の声にも厳しいものを感じました。

人生経験も浅く、修行も努められなかった若造に、教訓をいただくのに抵抗も感じた法要でした。

2008年7月11日 (金)

鎌倉街道中ッ道を歩く

 「いざ鎌倉へ」と言いますね。

いにしえの道を駆け抜けた武士(もののふ)を偲んで、鎌倉街道を探して歩きました。

資料が少ない。史跡が少ない。道路が大幅に改修されている。案内板が殆どないなどで往時を偲ぶのは至難のわざでした。

少ない史跡の一部が「赤沼古代亙窯跡」です。
斜面に登り窯の一部が粗末な小屋の中に残されていました。080711

たくましい想像力を以ってしても、往時の盛隆を偲ぶことは難しいですね。

午後は日も照りサウナに入っている感じの気候になりました。
それでも14人の仲間は夕方のビールを楽しみに10数キロを歩きぬけました。
健脚なシニアに乾杯!

2008年7月10日 (木)

なかなかご活躍ですネ“二岡&モナ”

 つくづく日本は平和だと思います。

何をしゃべっても、何を書いても公序良俗に反しない限り自由ですものね。

普通のサラリーマンなどが誰と飲もうと、誰とホテルへ行こう(後でもっとも高くつくかも・・)と自由だし、新聞やTVで報じられることもありません。

その点、プロ野球の有名選手やタレントなどはお気の毒ですね。妻子持ちのプロ野球選手と関係したら(しなくても疑われただけで)完全に不倫報道になります。

有名になったらそれなりに行動を慎めということでしょうか?
でも、プロ野球の一流選手やタレントが品行方正とは誰が決めたのでしょうか?
野球がウマいだけ、TV映りがよいだけで結構じゃないですか?

名が売れているとは言え、男女に品行方正を期待する方がムリというものです。

浮気ひとつできないダメ男のたわごとお笑い下さい。
別な世界に住む小生には、ただただ面白おかしく眺めるだけです。

2008年7月 8日 (火)

“金券で立てた教壇崩れ落ち”

 教員採用試験と、昇任試験で贈収賄事件が大分県であったとニュースは伝えています。

教育界も閉鎖社会ですね。採用されればいわば教員一家です。地域によっては学閥もあるかも知れません。異動が多い世界ですから、内輪のニュースも内部を駆け巡り、外に漏れないかも・・。

夫が校長で妻が教頭、息子や娘が金券で、やっと立つことができた教壇がもろくも崩れてしまいました。
夫婦の退職金はもちろんパー、子供たちは失職、身から出た錆とは言え、高い代償につきましたね。

他の都道府県はどうでしょうか? 多分あると内心疑っていますが・・。

2008年7月 7日 (月)

猫と同衾とはわびしいネ!

  久しぶりにペットの話題です。

写真は近所の人が引越しで残していって、娘がわが家に引き取った猫(♀年齢不詳)です。夜はしばらくの間、娘の寝室で寝ていました。それが最近様子が変わり、私の部屋が気に入ったようです。

夜に自分の寝室に入ると、先回りして布団の上か、今は椅子の上に寝ています。寝たふりをしているんですよ。私が横になると、すかさず布団にもぐりこんできます。毎晩、柔らかいローラ(猫の名前)を優しくなでてやります。人間様でも毎晩は困りますが猫相手も何だかわびしいですネ。それに布団は毛だらけ。080707

妻は安眠が妨げられるからと、ドアーをピッタと閉めて隣室で安眠中です。

それに夜行性の動物は朝までグッスリとはいかず、深夜に腹の上に登ります。
なんとかしてくれヨ!

2008年7月 6日 (日)

メタボ対策には「防風通聖散」

 「体重が10kg以上減少、腹回りは6cm減った。その他の値も軒並みメタボ基準に達しなかったとか・・。」

これは今日の午後、ある新聞社主催の健康セミナーで、講師(大阪で病院を経営する医師)自身の経験として聴いた話です。

まず生活習慣病の予防には(1)食生活 (2)運動 (3)漢方薬 (4)心身のゆとり(ストレスを溜めない)ことが大切でだそうです。一般と違うのはここに「漢方薬」が入っていることです。

この漢方薬が「防風通聖散(ぼうふうつうしょうさん))」とのこと。(リンクは協賛企業の製品です。)現職の医師が薬の効能を訴えるのは迫力がありますね。

後半のパネルディスカッションにタレントの大桃美代子さんが出ていました。
新潟県で農業をやっているそうです。なかなかの美人でスタイルも抜群でした。残念ながら撮影禁止。漢方薬など飲まなくても美人を眺めていれば腹が凹まないかなあ・・

帰りは銀座通りを銀座八丁目から日本橋まで歩きました。(セミナーで歩けとも言われましたので)

ちょうど、歩行者天国で、堂々と車道の真ん中を歩くのも気持ちのいいものです。
暑いうえに湿気が高く、普段は同年輩の女性しか目にしないわが身には、若い女性の薄着姿がまぶしかったですネ!。080706_2

また最近は外国人が多いですね。、右手信号の下にタムロしているグループは全部外国人です。また写真手前の大きな男性も多分外国人です。
「それがどうした?」かって、一瞬どこか外国の街を歩いているかのような気持ちになったのです。四丁目の服部時計店ビルは外壁の塗り替え中で、時計が見えません。

2008年7月 5日 (土)

二つの花の名は?

 今日も朝から暑く、日中は30度を超える暑さになりそうです。

いつもの夏なら家に入って、「エアコンをつけろ」とねだるわが家の16歳近い老犬も、飼い主同様にボケたのか節電意識がめばえたのか玄関外で寝ています。

昨日と今朝、撮った花の名前が分からないのが2種類あります。私が花博士と認める妻も「知らん」とソッケないです。でもきれいなものは何でもいいですね。
(クリックで拡大します)

0807042 080705

続きを読む "二つの花の名は?" »

2008年7月 4日 (金)

紅花が真っ盛り!

 天気予報が大幅に狂い、強烈な日光が照りつける夏日となりました。

美味しいうどんを食べたくなって、妻と埼玉県桶川市の「桶川市べに花ふるさと館」へ食事にいきました。コシが強く歯ごたえがある冷たいうどんと、野菜の天ぷらが好きでいつも注文します。またここの「紅花饅頭」(500円)と「稲荷すし」(300円)が美味しいですよ。いつも昼までには売り切れになります。

食事後、建物前の紅花畑に夏日があたり畑中の花がきらきら輝いていました。0807041

2008年7月 3日 (木)

なんとなく車が少ない!

 ガソリン価格が180円台にのったとか・・。

昨日、今日と車で出かけましたが、なんとなく交通量が減ったような気がします。
いつも信号2回待ちの交差点が1回で抜けられる。目的地までの所要時間が数分でも短縮されています。

事実、車の通行量が減ったのでしょう。ガソリンの値段のせいかどうかは分かりませんが・・。

そんな中でわが車は出動回数が増えています。自省しましょう。

アジサイがきれいな季節です。080703

2008年7月 2日 (水)

さくらんぼ「紅秀峰」

  佐藤錦といえば「さくらんぼ」ですね。

山形にご縁がある方々から「さくらんぼ」を送っていただきました。
最初に届いたのが、お馴染みの「佐藤錦」です。これは美味しくいただきました。

次にいただいたのが佐藤錦に比べて、赤みが濃く、歯ごたえがあり、粒も大きいさくらんぼで別の美味しさがありました。同封されていた説明書によると「紅秀峰」とあります。初めて聞く名前でした。

佐藤錦と天香錦をかけ合わせた山形生まれのさくらんぼだそうです。
果樹の栽培も常に品質改良の努力がされているんですね。頭が下がります。

コスモスの花を見かけました。 080702_3

2008年7月 1日 (火)

Julyの語源は?

 08年も半分が過ぎました。いよいよ7月ですね。
本格的な梅雨の最中というのに、昨日、今日は晴れ間も出る気候です。

キスゲが咲いていました。080701

7月は英語でJulyですね。語源は古代ローマのユリウス・カエサル(英語読みでジュリアス・シーザーJulius Caesar ,前100~前44)にちなんでいます。8月のAugustはカエサルの養子となったオクタウ゛ィヌ、後に元老院から送られた尊称「アウグストゥス」にちなんでします。二人の名前を、前からあった月順に割り込んだそうです。(塩野七生「ローマ人の物語」)

« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »

無料ブログはココログ

お気に入りの本