2021年12月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

« ダイエットの記念すべき日 | トップページ | 「夕暮れに秋を感じる田んぼ道」 »

2008年9月 4日 (木)

わが街で泊まったイザベラ・バード

 1878年(明治11)6月10日に英国婦人イザベラ・バードはわが街に泊まっています。
彼女の著作「日本奥地紀行」(このブログの右欄「お気に入り本」の写真をクリックして下さい)に記事がありました。

“大きな町ではあるが宿場の大通りも、東京の貧弱な街路に似ている。”

“大きな宿屋に泊まった。そこは1,2階に部屋があり、大勢の旅人が泊まっており、多くの悪臭がした。”(日本の宿や民家の悪臭については頻繁に記述されている)

“宿屋は大きくて老朽化した建物で、30人程の召使が台所で働いていた。”

“案内された部屋は2階で、障子で仕切って4つの部屋を即席で作り、そのうちの1部屋をあてがわれた。(タタミを紹介している)タタミには無数の蚤がついている。”(蚤にはどこでも悩まされた)

“しばしば襖が音もなく開けられ、幾人かの黒く長い眼が、隙間からじっと覗いた。プライバシーノ欠如は恐ろしいほどだった。”

“按摩をやっている盲目の男が2度も障子を開けた。
かん高い音調で仏の祈りを唱える男がいた。
三味線を奏でる少女がいた。
家中がおしゃべりの音、ばしゃばしゃという水の音。”

“外ではドンドンいう太鼓の音。
街頭からからは無数の叫び声、按摩の吹く笛、拍子木の音。”

“盗難に遭うことも容易、井戸は汚れている。病気も心配だ。”

<原注:その後、北海道まで旅をしたが、まったく安全で、しかも心配なかった。世界中で日本ほど、婦人が危険にも不作法な目にもあわず、まったく安全に旅行できる国はないと私は信じている。>

“警察官が来て、旅券をチェックしているが警察官は丁寧に対応している。”

“翌朝7時までに朝食を食べ終わり、部屋は空っぽになった。80銭の宿料を支払った。”

“出発後、人力車の車夫が腹痛と吐き気に襲われた。彼は契約を厳重に守って代わりの者を出し、病気だからといってチップを請求することはなかった。”

“その正直で独自なやり方が私には大変嬉しかった。”

« ダイエットの記念すべき日 | トップページ | 「夕暮れに秋を感じる田んぼ道」 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: わが街で泊まったイザベラ・バード:

« ダイエットの記念すべき日 | トップページ | 「夕暮れに秋を感じる田んぼ道」 »

無料ブログはココログ

お気に入りの本