2022年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

« 「なき母を偲べばゆれる冬木立」 | トップページ | 褒め過ぎですよ! »

2008年11月25日 (火)

世代交代が進む米国政界

 米国のオバマ次期大統領は、財務長官にティモシー・ガイトナー・ニューヨーク連邦準備銀行総裁(47)、ホワイトハウスの大統領補佐官(経済担当)兼国家経済会議(NEC)議長にはローレンス・サマーズ元財務長官(53)をそれぞれ指名しました。

また大統領経済諮問委員会(CEA)委員長には、クリスティーナ・ローマー・カリフォルニア大バークレー校教授(49)が指名され、それぞれ正式な就任は、米上院の承認を経て、来年1月20日の大統領就任式後となるそうです。

それぞれの方が若いですね。それに比べて日本の政界はどうでしょうか?
相変わらず、60~70歳台の老人が牛耳っています。年齢は関係ないというけれど、体力、知力、判断力、分析力などは、やはり40~50歳台が一番油が乗り切った世代だと思います。

日本のミドルエージからも政治の中枢に躍り出る人材がほしいですね。

 

« 「なき母を偲べばゆれる冬木立」 | トップページ | 褒め過ぎですよ! »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 世代交代が進む米国政界:

« 「なき母を偲べばゆれる冬木立」 | トップページ | 褒め過ぎですよ! »

無料ブログはココログ

お気に入りの本