2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

« 掛川城にて | トップページ | 日中交流の第一歩 »

2008年12月18日 (木)

旧東海道を歩く(袋井宿~掛川宿)

  ホテルで目が覚めたら、窓のカーテンからまぶしいくらいな光がもれていました。

きのうとうって変わったお天気です。次の講座の打ち合わせで大学へ。それも午前中に終わりました。通学バスで東海道線愛野駅へ行き、列車に乗り継いで袋井駅に着きました。

持参したスニーカーに履き替えて、旧東海道を掛川宿に向かって歩き始めたのが正午過ぎの12時44分です。

袋井~掛川間は2里16丁(約9.6km)ですから、ちょっと寄り道しても10km強といったところ、3時間もみれば十分でしょう。

街道は袋井市内は、ほぼ国道1号線に沿っており、車の通行料は少なく、各所に松並木が残されていて楽しい歩き旅ができました。松並木の外側には大きな工場が立ち並び、気候にも恵まれ、住民の生活も地域の財政的にも豊かさが感じられました。写真は旧街道の松並木です。081219

掛川市に入ると、往年は間の宿だった原川を経て、大池橋に達します。江戸から来て大池橋を渡り右方に向かう道が秋葉道です。この橋から掛川駅方面は民家がギッシリ、途中で左折して、掛川城の天守閣まで上ってみました。

予想通り歩行時間3時間(休憩なし)、歩数は20400歩、きょう1日では29400歩でした。

« 掛川城にて | トップページ | 日中交流の第一歩 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 旧東海道を歩く(袋井宿~掛川宿):

« 掛川城にて | トップページ | 日中交流の第一歩 »

無料ブログはココログ

お気に入りの本