2022年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

« “天下の智将・直江兼続”のこと | トップページ | 娘の里帰り »

2009年1月23日 (金)

日光御成道を歩く③<大門神社の龍>

 日光御成道は歴代の江戸時代、将軍が延べ19回にわたり日光社参に使った街道です。

JR武蔵野線東川口に集合した9時半は小雨もようでした。朝9時には雨は上がる予報でしたが少しずれたようです。
写真は大門神社の左甚五郎作と伝えられる龍の彫刻です。090123

それでも14名のメンバーは元気イッパイ、狭い道を車に注意しながら、おしゃべりに夢中になり、時には警笛を鳴らされながら、ひたすら岩槻を目指して歩きました。

甲子園大会の常連校、浦和学園高付近で食べた昼食(餃子、味噌ラーメン)の量は2割りも多く、育ち盛りの若者向き大きさで、小食のJJBBには食べ切れなかったようです。

岩槻宿では岩槻大師で全員揃ってミニ八十八ヵ所めぐりをし、今年の無病息災を祈願しました。そして16時30分、ピッタリ居酒屋着。

きょうの幹事Sさんの見事なまでのタイムマネジメント、大いに尊敬します。

« “天下の智将・直江兼続”のこと | トップページ | 娘の里帰り »

サークル活動」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日光御成道を歩く③<大門神社の龍>:

« “天下の智将・直江兼続”のこと | トップページ | 娘の里帰り »

無料ブログはココログ

お気に入りの本