2022年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

« “戦争以外の道はなかったのか?” | トップページ | 橋の上から見る夕焼けの富士山は最高です »

2009年1月14日 (水)

“話しあってみよう日中関係ー永遠の友好関係にむけて-”(1)

 咲いた県の財団法人いきいき埼玉が主催する講座に出席しました。

講座名が“話しあってみよう日中関係ー永遠の友好関係にむけて”です。
今回を含めて週1回、計3回シリーズです。

参加のきっかけは友人の誘い、それに中国人、中国と接する機会がわが身の周りにも迫ってきた理由があるからです。

まず、先日、私のカミサンの甥の連れ合いが中国東北地方の出身で、初めてわが家に挨拶に見えたこと。ついに身内にも国際化が及んできたのです。彼女は日本の大学卒で会話には全然苦労しませんでた。国を意識することなく打ち解けあいました。

次に、昨秋に団体旅行の幹事として山形県へバス2台で出かけ地元の人たちと交流しました。
旅行後、この話を別の旅行社に勤める友人に話したところ、中国人のキーマンを紹介され、中国人旅行客の受け入れ、旅行客と地元の交流、農業指導などに話が発展しました。具体的に検討する方向で話が決まったのです。

こんなわけで、中国をもっと理解したいという理由から参加したわけです。

講座の内容がこうした私の期待に応えてくれたかどうかは、まだ言える段階ではありません。

« “戦争以外の道はなかったのか?” | トップページ | 橋の上から見る夕焼けの富士山は最高です »

講演会・セミナー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: “話しあってみよう日中関係ー永遠の友好関係にむけて-”(1):

« “戦争以外の道はなかったのか?” | トップページ | 橋の上から見る夕焼けの富士山は最高です »

無料ブログはココログ

お気に入りの本