2022年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

« アタマにきた銀行の手数料 | トップページ | ゴキブリの代わりにネズミが・・ »

2009年2月20日 (金)

江戸里神楽を楽しむ

 江戸里神楽を楽しみました。出演団体は「江戸里神楽・石山裕雅社中」の皆さん。

演目は「稲穂之伝」、「天孫降臨」、「三番叟(さんばそう)」と「寿獅子」の4演目でした。

「稲穂之伝」にはアマテラスが登場します。稲穂などを使い清めの舞を舞います。

「天孫降臨」はホノニニギノミコトが高千穂の峯に降りて来た神様です。天孫ですからアマテラスの孫になります。高千穂という地名から稲作栽培と関係づけられています。

「三番叟」は能以前の猿楽や田楽からの伝承で、翁、三番叟、父尉の3老人が天下泰平、五穀豊穣、不老長寿を祈って舞う式三番(しきさんば)から考えるとわかりやすいそうです。

三番叟の担当は五穀豊穣の願いを表現しているわけです。(写真)090220

「寿獅子」はなかなか味にある獅子舞です。街中の祭りに見られる獅子舞と違って、動きが激しく、また猫に変身したり個性的な舞です。サービス精神旺盛で客席まで入って愛想を振りまいていました。

« アタマにきた銀行の手数料 | トップページ | ゴキブリの代わりにネズミが・・ »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 江戸里神楽を楽しむ:

« アタマにきた銀行の手数料 | トップページ | ゴキブリの代わりにネズミが・・ »

無料ブログはココログ

お気に入りの本