2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

« セミナーの講師を務めました | トップページ | 花粉症がひどい »

2009年3月 7日 (土)

旧東海道を歩く <袋井宿から見付宿まで>

写真は静岡県磐田市の旧見付学校です。090307

今朝、8時前に袋井市から歩き始めて3時間余りで着きました。この建物は1875年(明治8)に建てられた日本最古の木造擬洋風小学校舎だそうです。

続いて、近代日本造船技術の先駆者で磐田原大地に茶園を開拓した赤松則良が明治20年~30年代に建築した邸宅跡を訪ねました。

則良は勝海舟らと咸臨丸で遣米使節団に随行したり、オランダ留学で造船技術を学んでいます。

明治時代に海軍中将まで進み、男爵号を授与されています。

この邸宅の米蔵だった場所で、神谷みつ(1887~1982)の人形展が開かれていました。これらの人形は「さくら人形」と言われ素材は自由で範囲が広い人形つくりだったそうです。

作品を紹介します。題名「吉原(花魁)」とありました。090307_2

« セミナーの講師を務めました | トップページ | 花粉症がひどい »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 旧東海道を歩く <袋井宿から見付宿まで>:

« セミナーの講師を務めました | トップページ | 花粉症がひどい »

無料ブログはココログ

お気に入りの本