2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

« 再び、馬社長と面談 | トップページ | ふざけるな!、○リサーチ »

2009年4月11日 (土)

花の秩父札所巡り(26番から30番まで)

 普段はガラガラの秩父鉄道の車内は、今日ばかりはリュックサックを背負ったシニアたちでいっぱい!。お天気はよし、春の花が咲き乱れる秩父探訪の皆さんです。

09年度ウォーキングクラブⅠ会、新年度最初のイベントです。12名が参加。

秩父札所26番・円融寺から昭和電工の敷地内を抜け円融寺、奥の院岩井堂まで上りました。09041126 この建物は江戸中期の建築といわれています。

27番・大渕寺は背後の山上に大きな観音像を背負っています。

28番・橋立堂の裏手は巨大な岩壁です。鍾乳洞があり胎内くぐりの霊場として賑わったそうです。

29番・長泉院で昼食。門前のしだれ桜は既に葉桜でしたが、境内のソメイヨシノは満開、花びらが散る中でおにぎりをほうばりました。

清雲寺の桜は見事でした。樹齢600年のしだれ桜は既に葉桜でしたが、エドコヒガンサクラなどは満開で今回の中で一番の人出でした。090411

30番・法雲寺へは距離があるので電車利用です。

ちょうどSL牽引列車に出会いました。SLの速度とシャッター速度が合わず、シャッターが切れた時は、もうSLが目の前でした。090411_2

« 再び、馬社長と面談 | トップページ | ふざけるな!、○リサーチ »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 花の秩父札所巡り(26番から30番まで):

« 再び、馬社長と面談 | トップページ | ふざけるな!、○リサーチ »

無料ブログはココログ

お気に入りの本