2022年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »

2009年4月

2009年4月30日 (木)

眠られぬ夜は・・

 ある程度の生活リズムを維持しているつもりでも、時にはその枠から外れますよネ。

いま4月晦日の深夜2時半です。
1時半に目が覚めて、そのまま目が冴えています。

こんなに時静寂で、規格外の時間はどうする?
本を読みます。イヤ、今、読んでいます。
著名な作家先生のように、人生の生きる糧を本から新たに得ることは、凡人にはムズかしいようです。

少しの時間でしばらく経つと目がかすんで、ページは進みません。

おやおや!、ソロソロ、眠気が襲ってきました。

迷いながらも眠りに付きます。

そのまま、永久に目が覚めなくてもナンら文句がありません。

やはり時間とおり目が覚め、「朝からウォーキング」です。
田植えが近づき、田んぼに水が張ってあります。1羽のカモ(通常はツガイ)が羽を休めていました。090430

2009年4月29日 (水)

ウォーキング再び!

 鼻づまり、目がチカチカの期間は朝のウォーキングは自粛していました。

どうやら、関東地方の花粉情報も『少ない」に変わってきたようです。

自粛中に体重は1.5kg増え、来月のイベントなどを考えると今開始しないと減量はおろか脚力もつきません。
この朝から、朝のウォーキングを再開ししました。一応マスクはつけます。

約30分、早足で3500歩くらいです。
以前はワンちゃんと一緒でしたが、老犬は支えなければ歩けなくなり、運動にはなりません。

ワンちゃんは帰宅してから散歩させます。

カミさんと一緒、朝日を浴びて静かな朝を満喫しました。

西洋タンポポが咲いていました。

090429_2

2009年4月28日 (火)

「花粉から豚が引き継ぐわがマスク」

 ここ数日、豚インフルエンザの報道で持ちきりです。

花粉の飛散もやっと下火になり、マスクや鼻点薬からやっと解放されそうな時に、この報道です。

昨秋に風邪から高熱がでて、喉の痛みなどで、うがいと手洗い、それにマスクが手放せなくなりました。

豚インフルエンザの影響でマスク姿が増えるでしょう。当然、当方も成り行きでマスク姿になりますね。

辛い季節がまだ続きそうです。

そんな世相に無関係にわが家の石楠花が咲き始めました。0904281_2

2009年4月27日 (月)

ジェネリック医薬品に切り替え

 長年、医師の指導で降圧剤を服用しています。

3週間分の薬が切れたので、門前薬局と相談して、今回からジェネリック医薬品に切り替えました。

薬名も包装も変わりましたが、従来の薬と同じ有効成分と効き目だそうです。

何よりも薬代が下がったことがうれしい!

わずか1割くらいのダウンですが、長期間、服用薬する身には助かります。0904242

(写真と記事は関係ありません)

2009年4月26日 (日)

多事雑感

 4月も最後の日曜日になりました。

先週もいろいろなニュースがありましたね。

なかでも、公然わいせつ容疑で逮捕された草彅 剛の事件が印象的でした。
アイドルでなければ、オオトラで裸になったくらいでは警察の保護房でご一泊でご帰還できたでしょう。

他人に迷惑をかけたわけではなし、「酔っ払いの奇行」くらいで大らかに見てあげるくらいの度量がほしいですね。

気候が良くなるとお誘いが増えます。
5月は特に日程が重なります。でもシニアは誘われるうちが花かもネ。デモ身体は1つ!

以下のお誘いがありました。(私の主催イベントもあります)
1/3は残念ながらお断りです。
これらの他に仕事もあります。

高校の卒業50周年大会(1泊2日)
中国要人の地方視察の案内(2泊3日)
中山道木曽路ウォーク(1泊2日)
秩父巡礼道ウォーク(1日)
県立博物館定例講演(半日)
グラウンドゴルフプレー日(半日)
善光寺御開帳ツアー(1日)
昼食会とカラオケ(半日)
定年で退職した会社のOB会(半日)

昨日と今日は地元K市の「藤まつり」、大変な人出でした。0904262

(写真は藤まつりの大道芸)

2009年4月25日 (土)

1日中、座りっぱなしは疲れる!

 予想とおりに雨になりました。

予定されていたウォーキング大会も中止になり、本日はある会社のセミナーに出席。

朝から夕方6時までインターネット関連ビジネスの話を拝聴しました。

10年前にはなかった事業、この10年間に起業された数多く会社も今では楽天などを除いて、ほとんど淘汰されている厳しい世界です。

また技術の進歩も著しく、事業の行く末も決して生易しいとは言えません。

まあ、がんばって下さい。

それにしても、硬い椅子に8時間余り、疲れますね。

多少、場違いな気がしたセミナーでした。

でも、レストランでいただいた昼食だけはウマかった。090424

(写真と記事は関係ありません)

2009年4月24日 (金)

桶川べに花ふるさと館

 桶川べに花ふるさと館はわが家から車で40分くらいです。

桶川はかつての中山道の宿場で賑わったところです。

また紅花の産地で最上地方に先駆けて摘花されたため染料材として出荷され、往時は莫大な富を地元にもたらしました。

一方で当地は小麦の産地・集荷地で大きな商人の屋敷が、今もその面影をとどめています。

食べ物は素朴な紅花まんじゅう、うどんなどがあります。

歴史はともかく、きょうはそのべに花館へ手打ちうどんを食べに妻と出かけました。
ここのうどんはお奨めです。

従業員の方々は皆、高齢者ばかり、いつも気持ちのイイ応対で楽しい食事をいただけます。

写真はふるさと間前で咲いているアイリスです。090424

2009年4月23日 (木)

市長が市長なら知事も知事

 収賄の疑いで現職の千葉市長が逮捕されました。

それもわずか100万円のワイロで・・。

東大法学部卒、自治省の官僚、千葉県知事の晩節を汚してダウン、ワンマン、裸の王様。

かたや新千葉県知事、「完全無所属」のキャッチフレーズで当選。

経歴の虚偽申告とかで告訴されています。

新知事が議会で「利権とは関わらない」と言ったとか・・。
パーフォーマンスはさすが俳優さん。

傍聴席から冷笑が起こったそうです。

市長が市長なら知事も知事。

これから大事な国政選挙も控えています。

冷静に候補者を見極めましょう。

2009年4月22日 (水)

顔ぶれ一新

 I学園16期校友会の役員がきょうの総会で一新されました。
写真左から5人目がT新会長です。

08年度K会長のユーモア溢れる進行で総会は型どうりに終わりました。
新たな役員が選出され、今年09年の校友会をまとめてくれます。09042221

この明るい顔、顔・・をご覧下さい。彼らはガンバリますよ。

昼食後、学園近くの公園に寄りました。
立派なバラ園がありますが、まだ蕾も小さく咲くのはまだ先のようです。

木々の新緑が陽光をさえぎり気持ちの良い空間を作っています。090422_3

ハナミズキが最盛期、八重桜が散りかけでした。090422_2

2009年4月21日 (火)

芝桜の季節

090422 きょうは朝から今にも雨が降りそうな空模様です。

帰宅途中、道路端に一面、芝桜が咲いていました。
思わず携帯でパチリ。
出来上がりは良くありませんが、色だけでもお楽しみ下さい。

2009年4月20日 (月)

ご親切に!「生活機能評価のご案内」

 市役所から「生活機能評価のご案内」が送られてきました。

4月1日現在、65歳以上の在住が、25項目の「生活機能」についての「基本チェックリスト」を記入して自治体へ送り、評価を受けるものです。

20項目までは、なんなくクリア、残り5項目のうち3項目がダウンです。
「生活に充実感がない」
「以前は楽にできたことが以下ではおっくうに感じられる」
「わけもなく疲れたような感じがする」

さて、どんな対応プログラムを提示してくれるのでしょうか?

認知症かな? それとも「うつ」なのかな? 

2009年4月19日 (日)

米国、貧困の連鎖

 “ルポ 貧困大国アメリカ」(堤 未果著、岩波新書)にはアメリカの貧困事情が具体的に述べられています。

新自由主義や民営化による福祉予算の削減→中流家庭の崩壊→経済難民の発生→出口をふさがれる若者→経済的な徴兵制度→世界のワーキングプアが支える「民営化された戦争」という筋立てになっています。いわゆる貧困の連鎖です。

とりわけ米国の公的医療保険の未整備と高額医療費により、1度の病気で貧困層に転落する人々には同情を禁じ得ません。

わが日本も、小泉、安部政権下で民営化が進められ、また中間層のサラーリマンも過労死やリストラの犠牲になり、今回の経済危機に際して一挙にさまざまな矛盾が露呈しました。

相対性貧困率とは、その国の格差レベルを示す(上昇数値ほど格差が大きい)「OECDにおける相対性貧困率とは、その国の格差レベルを指します。」(06年対日経済審査報告書)によると日本はアメリカに次いで第2位だそうです。

“日本がアメリカの後を追った結果、確実に所得格差が広がっており、「教育格差」が進めば、国内は一部のエリートとスペシャリストと低賃金労働者の3層に分かれ、所得格差は固定されていく”と警告しています。

若い人も含めて、現実に世界に何が起きて、それがどう動いていくか真剣に知ることが必要ですね。

国民は選挙でこれらの政策に「レッドカード」を突きつける方法しか手段がありません。090419

ハナミズキが咲いています。

2009年4月18日 (土)

快適設定とIE8

“お気に入りの本”にも載せましたが、使用中のXP機が3年も経つと大分遅くなりました。

この際、思い切ってこの本を教科書として動作が速くなるよう、設定をし直すことにしました。

「視覚効果をオフにする」「不要なアプリケーションを削除する」など何種類か再設定をしました。HDD(c)のマイドキュメントを外付HDDに移したのが効果的でしたね。

感じとして大分速くなったような気がします。

ついでにアップデートしたIE8は便利ですね。インターネットで検索した記事中で調べたい言葉が出てきたら、その文字を反転、右クリックで調べられる機能が便利です。

2009年4月17日 (金)

中国からのお客様

 東京の2ヵ所のお客様を訪問

朝から八重洲と市ヶ谷にある会社を訪ねました。

来月中旬に中国・上海市近郷から来日する2名のお客様の日程が決まりました。当方がご案内する期間は3日間です。

日本の農業事情と農家との交流が目的です。

当方から日本でのご案内先案を示し、相手の希望を旅行社を通じてすり合わせをしたのです。

あと1ヵ月弱、受け入れ態勢を固めましょう。

午後は地方の農産品を業務店に販売するため、料理店経営者と契約や見積もり合わせの打合せをしました。まあ商談の第1ステップは踏んだと思います。

これからの営業活動はこちら側の営業担当者です。

しっかりガンバッテもらいましょう。

2009年4月16日 (木)

298円の弁当を試食

 “西友で298円の弁当を販売”とのニュースです。

所用先の近くに西友の店があったので、ちょうど昼飯時、食べてみました。

買ったのはおかずのカロリーが最も低い野菜の煮付け(他にシャケ、ハンバーグなど)弁当を購入。

食後の評価は、マア率直に言って、ボリュームもあり、見てくれもいいが、味は「価格相応」でしょう。

食べている時の気分は、低価格が脳裏にあるのか、「ワビシイネ・・」という気持です。

2009年4月15日 (水)

日本農業の行方は?

 “農協の大罪”(山下一仁著、宝島新書)を読みました。

東海地方のF市での「農業塾」や東北地方の町おこしを通して、日本の農業について考えさせらる機会が多かったこの半年です。

改めて冒頭の書籍からわが国農業の現実を感じました。
著者は元キャリア農林官僚です。
願わくば退職をしないで、現役官僚として農業改革に取り組んでほしかったと思います。

ただ、この政策の最大抵抗勢力は「農協」です。
農業政策については自民党、民主党とも差はないそうです。

まず現状分析の概要です。

1.わが国では39万ha(東京都の1.8倍の面積)の耕作放棄地が生じている。

2.減反の強化にもかかわらず、10年間で米価は1俵(60kg)当り2万円から1.4万円に下落。

3.米価の下落で零細農家は農地を貸したがっている。

4.主農家も地代が払えなくなる恐れがあるので、農地は引き取られず耕作放置される。

ならばどうするかの提言です。

1.減反を段階的に廃止して、影響を受ける農家に補助金を直接に払う。
 減反をやめれば60kg当り米価は9,500円に下がり、需要は1,000万トン以上に拡大。
 財政的には、約1,700億円で現在の減反政策の補助金とほぼ同額だ。

2.兼業農家も主農家に農地を貸せば、現在の農業所得を上回る地代収入を得られる。

3.農地が集約され規模が拡大されるので、生産コストが下がり主農家の所得は上がる。

4.何よりも消費者も低価格の米を購入できるし、自給率も上がる。

わが国の農業も大きな変革点に直面しています。来るべき総選挙に結果にどう反映されるのでしょうか?目が離せませんネ。

2009年4月14日 (火)

きょうの出来事!

 通販でお米を買いました。お付き合いしている村おこしの会社からです。

2種類の米を10kgずつ玄米で、運賃を節約したいので同梱で配送を頼んだのですが、着いたのは昨日と今日と別々に、それも精米ででした。

これでは困りますネ。

定額給付金の申請書(請求書)が当地の市役所から送られて来たので、必要事項を書き込んで投函しました。
1万円で1万1千円の買い物ができる買物券を発行するという案内が同封されていました。

わずか数万円ですが、ありがたくいただくことにしました。
20年度の追徴される所得税と差し引きゼロの給付です。

それにしても、この給付金の支給に伴う事務経費は膨大なものだと思います。
与党の選挙対策以外の何物でもないですね。

もらった給付金と来るべき総選挙の票とは引き換えにはしませんヨ。

バージョンアップした「IE8」は便利ですね。
検索機能は格段に便利になりました。

2009年4月13日 (月)

IE8にバージョンアップ

 インターネット・エクスプローラー(IE)の「IE8」をインストールしました。

新しい機能は、実際のページにアクセスせずに必要な情報だけを表示する「検索候補」「アクセラレータ」「ウェブスライス」の3つだそうです。

無事にインストールは終わりました。

画面を見ても、一見どこが変わったか分かりません。
確かに表示速度は上がったような気がします。

マア、おいおい勉強することにしましょう。

2009年4月12日 (日)

ふざけるな!、○リサーチ

 いくつかのWebアンケートに登録してポイントを集め、ささやかな本代などに当てています。

「○リサーチ」は1件当たり200~300円を抽選で振り込むとのこと。

ず~と(半年間)応募記録を残していますが一度も、その抽選とやらに当たったことはありません。

たとえ1年に1回当たったとしてもわずか200円か300円、応募の結果を楽しみにするようなシロモノではありません。

応募者をバカにしているか、経費をケチっているのです。

退会か、即削除か、態度を明確にします。

2009年4月11日 (土)

花の秩父札所巡り(26番から30番まで)

 普段はガラガラの秩父鉄道の車内は、今日ばかりはリュックサックを背負ったシニアたちでいっぱい!。お天気はよし、春の花が咲き乱れる秩父探訪の皆さんです。

09年度ウォーキングクラブⅠ会、新年度最初のイベントです。12名が参加。

秩父札所26番・円融寺から昭和電工の敷地内を抜け円融寺、奥の院岩井堂まで上りました。09041126 この建物は江戸中期の建築といわれています。

27番・大渕寺は背後の山上に大きな観音像を背負っています。

28番・橋立堂の裏手は巨大な岩壁です。鍾乳洞があり胎内くぐりの霊場として賑わったそうです。

29番・長泉院で昼食。門前のしだれ桜は既に葉桜でしたが、境内のソメイヨシノは満開、花びらが散る中でおにぎりをほうばりました。

清雲寺の桜は見事でした。樹齢600年のしだれ桜は既に葉桜でしたが、エドコヒガンサクラなどは満開で今回の中で一番の人出でした。090411

30番・法雲寺へは距離があるので電車利用です。

ちょうどSL牽引列車に出会いました。SLの速度とシャッター速度が合わず、シャッターが切れた時は、もうSLが目の前でした。090411_2

2009年4月10日 (金)

再び、馬社長と面談

 ささやかながら日中交流を進めようと計画を進めています。

再び日本中国旅行社(株)社長の馬 暁平さんとお会いしました。

来月、中国沿岸部の実力者が来日するとのこと、その方々のご案内を依頼されました。

あと1ヵ月余り、準備を進めようと思います。

初夏のような気候の中を日本橋まで歩きました。
日本橋東詰の桜は既に散っていました。090410

2009年4月 9日 (木)

初夏の陽気

 暖かいというより暑い陽気になりました。

当地では桜も満開を過ぎて地面は花びらに覆われ始めました。

きょうは旧3月15日で満月で大安です。

夜桜見物には最高の舞台でしょう。090409

医者へ行き、花粉症を訴えました。

「もうその時期は過ぎましたよ。空気が汚れていますから、きっとそのせいかも・・」

「他人はともかく私の問題ですから、何とかして下さいよ」(言い方は柔らかく・・)

ドクターが腹を立てたのかどうか、数種類の薬を処方されました。

処方とおり飲んだらかえって身体を壊すかも・・。

空気が悪いといったら、あの世やらへ行かなきゃダメかもネ。

2009年4月 8日 (水)

打率0.333

 桜咲く東京へ、昨日に続いて再び。

今日のパートナー、提携先の会社の営業マン、T氏とJR蒲田駅で待合わせ。

徒歩15分の客先へ。ものの15分で商談成立。

東急蒲田駅から多摩川線・東横線経由で代官山へ、次の面談まで小1時間のアイドルタイム発生。近くの喫茶店で作戦を練って客先へ。

3番目の訪問先の学芸大学駅へ向かい30分ほど説明。

終了は18時40分頃。

帰宅は20時過ぎ、この日のプロ野球は阪神の金本、ヤクルトの木田などアラフォーが活躍していました。マイナス活躍の工藤(横浜)なども・・

マア、当方の今日の打率、3割3分3厘はリッパなものです。

2009年4月 7日 (火)

今日の仕事の運勢は「大吉」

 駅を出ると真っ青な空と外堀の水、堀の向こうの桜が桜が見事です。ビジネスで東京へ、JR市ヶ谷駅からの眺めです。090407

顧問先の営業担当者を連れて、市ヶ谷駅近くの和風料理店を訪問しました。
地方の食材を紹介する営業活動です。顧問先の社長は少し遅れて到着しました。

結果は「取り引きOK」のご返事でした。今朝の運勢が見事的中です。

終わって顧問先の社長とミッドタウンへ。

初めての訪問です。このタウン内に「三元豚」で有名な平田牧場(本社、山形県酒田市)のミッドタウン店があります。090407_2

ここで「三元豚」を使ったとんかつ、ハム、ソーセージなどをいただきました。
とんかつは脂肪分が少なく、さっぱりした味です。

健康志向に向けた商品開発の努力が続いているようです。

2009年4月 6日 (月)

きょうの失敗

 家を車で出発、客先へ着く前に本屋に寄りました。

本を2冊購入、さっそうと車に乗り込んで客先へ。信号待ちで買った本の表紙を見たら、どこかで読んだようなタイトルです。

やはり動揺したのか・・、この先、道を間違え住宅街の袋小路に迷い込み。

客先の駐車場で確認したら、やはり既読本。
帰りに取り替えることに・・きめ~た。

本屋さん、快く現金を返してくれ、新たに別の本を購入。

この時、つり銭を間違え、つり銭をもらったら買った本をもらい忘れ・・。

何とか交通事故も起こさず帰宅でしました。

ああ~、歳はとりたくね~な・・。

2009年4月 5日 (日)

「来年も観れると思うなサクラ花」

 くしゃみ、鼻づまり、喉の痛みなど花粉症で外出がオックウなこの頃です。

巷は花盛りです。
「自分に何があってもおかしくない歳ごろ。今春で桜も見納めかも・・!」と思い花見に出かけました。別に病気ではナイんですが・・。

少し風がありましたが穏やかな日差しが桜並木を照らしています。

いつも見かけるお花見風景です。

カミさんが「今年はカラオケが聞こえないわネ」と言います。

そういえば大勢の花見客も大人しいような気がします。
100年に1度の不景気のせいかな!090405

2009年4月 4日 (土)

“ローマ世界の終焉”

 古代ローマ帝国が東西に分かれたのは紀元395年と言われています。
その後、西ローマ帝国が476年に滅亡、東ローマ帝国はそれから1000年近く続いて1453年にオスマントルコによって滅ぼされました。

タイトル名は塩野七生著「ローマ世界の終焉・ローマ人の物語ⅩⅤ」によったものです。
本書は東西ローマ帝国分離から東ローマ帝国の皇帝ユスティニアヌスの死(565年)までの約170年間のローマ帝国滅亡史です。

6世紀半ばの17年に及ぶゴート戦役によってイタリアもローマも極度に疲弊したのです。

かつてはローマの内海だった地中海は7世紀にイスラム勢力の伸長により、次々とイスラム化されていきます。

壮大な栄枯盛衰の歴史を堪能させていただきました。

400ページに及ぶ著作を6日間で読みきりました。

2009年4月 3日 (金)

駄々っ子(国)、北朝鮮

 学校にも、会社にも、地域社会など、どこにも駄々っ子がいるように、国際社会にも駄々っ子ならぬ駄々っ国があるものですね。

人口衛星だかミサイルだかを発射する予告日が明日(4日)から8日の間とか。

国民を飢えさせて、ミサイルとは言語道断ですが、「駄々っ国」に何を言っても通じないのでしょう。

振り回される側も迷惑な話、でも何かあれば実害が発生するのはこちら・・。

いっそ、中国を越えてシベリアへ飛ばしたらどうだろうか?

中国とロシアはどう動くか?

2009年4月 2日 (木)

テレビ番組がツマラナイ!

 この時期、テレビ番組が大幅に変わりました。

民放のお手軽な番組が増えましたね。

チャラチャラの三文お笑いを使ったチャラチャラ番組が目立ちます。

こうした背景には、不景気もさつことながら、TV局の広告料収入の落ち込みが継続的に続いている構造的な問題があるようです。

ジックリ見るドラマ、社会の深層心理を見つめるドキュメンタリー、歌番組などが見受けられません。

ならNHKに期待するか!

地デジ対応の高価な受像機(ハード)とコンテンツ(ソフト)が釣り合いませんね。

2009年4月 1日 (水)

新年度、特に感慨はなし!

 これといった事がないのが平穏無事というもの。

新たな年度を迎えましたが、これと言った出来事なし。

自営の会社の税務申告も3月末に終わり、俗に100年に1度という経済危機も、そういえばそんな気がする程度(従業員がいればそんなノンキなこと言っていられないけど・・)です。

床屋へ行きました。

床屋へ入ったトタン電話がなり、仕事の依頼でした。
店のペンとメモ用紙をもらい、あわてて内容を記録。

床屋の親父曰く
「仕事の電話ですか? よかったね、店に入った時で・・」

整髪中にドライヤーで、薄毛の頭皮に熱風を当吹きかけられ、思わず「アッチチ」 ウトウト気分が吹き飛んだんです。

最後はムースとやらを頭に塗られ、帰宅したら固焼きスバみたいな髪の毛になっていました。

その後、もう一件の業務連絡があり、それなりの年度初めでした

ニュースは入社式の様子を伝えています。

45年前に就職しましたが、当時の社長が何を言ったか覚えていません。

多分、今年の新人も時が過ぎれば覚えてなんていないでしょう。

自分の人生、しっかり自活して生き抜いてほしいと思います。

« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »

無料ブログはココログ

お気に入りの本