2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

最近のトラックバック

« バリウムでの胃がん検診は止め | トップページ | 民主党代表選挙に思う »

2009年5月15日 (金)

“年寄りはもっと金を使え”<相続は争続>

 景気回復策として“年寄りはもっと金を使え”とは、いつも聞き慣れた文句ですね。

ある大手電機メーカーの展示会で行われたセミナーで、著名な経済学者の講師が述べたお言葉です。

自由闊達に使える金がない自分には縁のない話ですが、持てる人はおおいに使ってほしいですね。

この世にオサラバするまで溜め込んで、挙句は「相続」を「争続」化してしまう。裁判官が一番嫌がるのが「争続」の調停だそうです。

セミナーを要約すれば国内産業が元気になり、働く人が将来展望が持てるようにすることが日本経済の活性化につながるということです。

例えば
後期高齢者の年間医療費が10兆円(防衛予算は5兆円)、高齢化で、これからも増え続ける。
資産家の方々には混合診療(保険診療と自由診療の組合せ)で、医療費を沢山使っていただき、医療業界の収入増に寄与し、医師の加重労働も減らし収入も増える仕組みにしたらよい。まあこんな内容です。

医療の他に、日本の農業もお話にならない状態です。

総選挙も近い、本格的な政策論議を期待します。

« バリウムでの胃がん検診は止め | トップページ | 民主党代表選挙に思う »

講演会・セミナー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: “年寄りはもっと金を使え”<相続は争続>:

« バリウムでの胃がん検診は止め | トップページ | 民主党代表選挙に思う »

無料ブログはココログ

お気に入りの本