2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

« “休もうと言えぬ峠のやせ我慢” | トップページ | “日本文化の基礎としての縄文文化” »

2009年5月23日 (土)

“奈良井ではインターネットも土の中”

 奈良井宿は、妻籠宿、馬籠宿と同じ街並み保存地区です。
写真でも分かりますが、電柱や電線は地中にあり、スッキリした景観です。

また、宿場のあちこちに豊富な水場があります。かつては街中を水路が走っていたそうですが、今はそれも地下になっています。

泊まったのは写真右の「伊勢屋」さんです。インターネットで予約しました。
後継者の息子さんがIT関連を一手に取り仕切っています。
インターネットも地中の回線から世界につながっているんですね。

伊勢屋さんの5月24日ブログ」にわれわれ5人組が写っていますよ。タイトル「雨にも負けず」で消防訓練の写真と並んでいます。

宿帳を拝見すると、けっこう外国からも観光客が来ていますね。

景観は古くても、これを動かすソフトはITの世界です。

写真は右手に民宿・伊勢屋さんが見えます。往年は荷物の受け継ぎをする問屋だったそうです。これから写真の奥にある鳥居峠を越えます。
この後、峠を越えて薮原宿へ向かい、今日の終点、木曽福島宿を目指します。090523_4

朝、1時間ほど散歩を楽しみました。朝日に輝く花をご覧下さい。090523_5

« “休もうと言えぬ峠のやせ我慢” | トップページ | “日本文化の基礎としての縄文文化” »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: “奈良井ではインターネットも土の中”:

« “休もうと言えぬ峠のやせ我慢” | トップページ | “日本文化の基礎としての縄文文化” »

無料ブログはココログ

お気に入りの本