2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

« “胃ではなくあごにがんかと内視鏡” | トップページ | 外でインターネット!いつ使う?どう楽しむ? »

2009年6月27日 (土)

梅雨の晴れ間の巡礼道

 秩父札所34ヵ寺のうち埼玉県・小鹿野町にある32番・法性寺から31番・観音院を訪ねました。梅雨の晴れ間、午前中でも30度超。風なし。

この地域は吉田町を含め、明治10年(1877)に起こった秩父事件の舞台です。

34ヵ寺めぐりは全7日行程のうちの6日目です。メンバーは9名。

秩父鉄道秩父駅からバスは本数が少ない。それに途中で乗り継ぎが必要。

待ち時間がありすぎ、「歩いてしまえ!」ということで大幅に歩数増になりました。

まず、法性寺へ。09062732_3

同寺から大日峠(ここでも「熊出没!注意」の看板)を越えて小鹿野町役場へ。09062732_2

ここで40分間、バスを待って栗尾バス停へ。
さらに40分歩いて31番・観音院の上り口へ、そこから300段近い石段を登って本堂につきます。09062731_2

帰りも、バス時刻に間に合わず「歩け、歩け・・」の連続。

歩きと、暑さと、待ち時間の巡礼道でした。

« “胃ではなくあごにがんかと内視鏡” | トップページ | 外でインターネット!いつ使う?どう楽しむ? »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 梅雨の晴れ間の巡礼道:

« “胃ではなくあごにがんかと内視鏡” | トップページ | 外でインターネット!いつ使う?どう楽しむ? »

無料ブログはココログ

お気に入りの本