2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

« 「密封の中を知りたい紹介状」 | トップページ | さあ! 岩木山へ »

2009年6月30日 (火)

北へ

雨、あいにくの空模様、それでも旅に出よう。

盛岡行き新幹線は早朝でもあり空席が目立つ。

今日は八幡平に登り弘前に泊まる予定。
悪天候で山がダメなら宮沢賢治の足跡でもを訪ねよう。
気ままな旅だからノンビリとネ。

・・と、新幹線から携帯で投稿しましたが、、結果は以下のとおりでした。
盛岡着、小雨、八幡平はおろか、平地の歩きもアキラメ。

すぐ後に着いた秋田新幹線「こまち」で秋田へ。
秋田駅で五能線「リゾートしらかみ号」の座席状況を聞いたら、数ヶ月前から満席とのツレない返事。

仕方なく、市内の千秋公園(久保田城址)を散策、公園内で持参した弁当をいただく。

秋田は藩政時代、久保田と呼ばれていて、城も久保田城と言いました。佐竹藩20万石の居城です。(写真は御隅櫓)090630_2

午後、奥羽本線の特急で弘前へ。

弘前市内を散策。初めての訪問です。

まず、弘前公園(弘前城址)を散策。

まず感じたこと、
とにかく広いこと、緑が豊か、いくつかの城門も往時を忍ばせるに充分です。

桜の季節には、必ずこの天守閣が登場します。090630_3

弘前市の印象。
道路が広い(一般に城下町は狭い路地が多い)、清潔な街。
若い人が多い(大学が4つあるとか)、
コンビニが少ない。
弘前駅の土産物店が魅力ない。

« 「密封の中を知りたい紹介状」 | トップページ | さあ! 岩木山へ »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 北へ:

« 「密封の中を知りたい紹介状」 | トップページ | さあ! 岩木山へ »

無料ブログはココログ

お気に入りの本