2022年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

« 霞ヶ関が裏で行っている実態とは! | トップページ | 写楽<幻の肉筆画>展へ »

2009年7月15日 (水)

「パソコンもうなりをあげるこの暑さ」

 梅雨が明けたらこの暑さ。部屋の中でさえ35℃。

仕事中はエアコンは使わない。扇風機がけだるい音をたてている。

突然、「ウウウ・・・・」と、パソコンがうなり声をあげた。

このうなり声、パソコンが「暑いよ! 何とかしてよ!」の悲鳴だ。

まず、応急処置としてパソコンの電源を切り、本体から電源プラグを抜く。
本体に触ると熱い。そのまま10分程度待つ。

次いで、本体への処置。
本体にに接続している機器類の接続端子を抜く。

本体のカバーを開けて、冷却ファン周りのホコリを拭く。
手が入りにくいところは、綿棒でホコリをかきだし、掃除機で吸い取る。
ついでに、カバーの吸気孔や排気孔も掃除。

元に戻す。

この間、おおむね30分、熱は下がり、うなり声はおさまった。

石油ファンストーブの吸気孔にホコリが溜まったときと同じ状態。
この場合は、燃えないだけだが、パソコンは大声でわめく。

手まめに手入れしましょう。

« 霞ヶ関が裏で行っている実態とは! | トップページ | 写楽<幻の肉筆画>展へ »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「パソコンもうなりをあげるこの暑さ」:

« 霞ヶ関が裏で行っている実態とは! | トップページ | 写楽<幻の肉筆画>展へ »

無料ブログはココログ

お気に入りの本