2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

« すごい雨 | トップページ | 日光交流をめざす、2日目 »

2009年7月25日 (土)

「農業を基盤とした日中交流」をめざす

 中国の4大旅行社とは、中国旅行社、中国国際旅行社、中国康輝旅行社、中国青年旅行社です。このうち一番規模が大きいのが中国旅行社です。

この中国旅行社(CTS)の日本法人「日本中国旅行社㈱」社長のMさん、営業課長のIさん(日本人と結婚した中国人女性)、日本の旅行社のお勤めの中国人のRさん、それに、この方々を私に紹介したくれた友人のWさん、それに私の5人で、山形新幹線「つばさ」で山形県村山地方の視察旅行へ出かけました。

山形で乗換えて昼過ぎに左沢駅着。
迎えてくれたのが、千葉県野田市で物流会社を経営するOさんです。

ここはOさんの育った町、本業の傍ら、故郷の活性化に努力しています。
これからOさんの案内で、この地の農業視察をする予定です。
狙いは「農業を基盤とした日中交流」ができないか、ということです。

休憩後、まず「りんご園」へ。
秋の収穫も間近く、摘果された青くて小さい実が沢山転がっています。
また、後継者がいないため、あちこちに放置され、荒れたりんごの木が見られます。

早生りんごをとって食べました。幼かった頃の懐かしい味が舌に染みます。
手間のかかるりんごの生育管理の説明を受けたIさん「りんごが高いワケが分かったワ!」090726cts

続いて、桃、ラフランスやシーズンが終わったサクランボの生産現場を視察。090725cts

地元のワイナリーでワインを試飲

地元の産直市場内での「ビヤーガーデン」に参加、Mさんが日本語で「北国の春」を熱唱しました。090725

途中で、山の上のホテルへ。

夕食会は、地元の自治体の担当者、生産者、農機具会社の社長など約20名くらいの方々と懇談、建前だけでない本音の話し合いをしました。

« すごい雨 | トップページ | 日光交流をめざす、2日目 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「農業を基盤とした日中交流」をめざす:

« すごい雨 | トップページ | 日光交流をめざす、2日目 »

無料ブログはココログ

お気に入りの本