2022年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

« 稲刈り田んぼの朝 | トップページ | 台風の爪痕 »

2009年8月31日 (月)

激流に流された自民党、麻生さんお疲れ様でした。

 昨30日の衆院総選挙で民主党が圧勝しました(308議席)。

新聞各紙の予想通り、また開票してすぐに、出口調査とかで当選確実がでたり、開票速報の精度も上がっているようです。

戦後、1時期を除いて連立も含めて自民党の与党体制が続いてきました。

やはり自民党は制度疲労で自壊したと思います。

グルーバル化、少子高齢化、経済の安定成長期、環境対応、価値観の多様化・・などなど、さまざまな変化に自民党は対応できなくなっていたのです。

会社の寿命は30年だとか、それ故に会社はあの手この手で変化に対応しようとします。

組織変更、人事異動、急な方針変更などザラです。

政党も例外ではない、余りに1党与党体制の60年は長すぎたんだ、と思います。

こんな記事がメールマガジンに載っていました。自壊には原因があるんですネ。

激しい流れには麻生さんもダレも逆らえない。
麻生さん、損な役回りでしたネ。お疲れ様でした。

さて、民主党はどう結果を出すか?

4年のスパーンで眺めましょう。

« 稲刈り田んぼの朝 | トップページ | 台風の爪痕 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 激流に流された自民党、麻生さんお疲れ様でした。:

« 稲刈り田んぼの朝 | トップページ | 台風の爪痕 »

無料ブログはココログ

お気に入りの本