2022年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »

2009年9月

2009年9月30日 (水)

“秋山明淨而如粧”

 ある会報に「山笑う」と題した季節文が載っていました。
気に入ったので記事にしました。「山笑う」は春の季語になっています。

“原典は中国の漢詩集『臥遊録[がゆうろく]』に、
 「春山澹冶而如笑」  <春山澹冶[たんや]にして笑うが如[ごと]く>
 「夏山蒼翠而如滴」、 <夏山蒼翠にして滴[したた]るが如く>
 「秋山明淨而如粧」、 <秋山明浄にして粧[よそお]うが如く>
 「冬山慘淡而如睡春」、<冬山惨淡として睡[ねむ]るが如し」>”
から引用されています。(インターネットによる)

9月もきょうで終わり、これから本格的な秋です。
「秋の山、粧うが如し」です。

山に登る、山を観る、山に遊ぶ、・・・
さあ!粧った山を楽しみに出かけましょう。
写真は秋の雨飾山です。2_2

2009年9月29日 (火)

“仲秋に とどく案内 七福神”

 10月3日は旧暦の8月15日、仲秋の名月が見られる日です。

暑くもなし、寒くもなし、快適な気候が続きますね。

そんななかに、早いもので来年の七福神の案内がきました。
鬼が笑ってでも、地域の役員さんは準備怠りなしです。(決してヒマとは言いません)

ふるさとの高校同期生(幹事)から便りが来ました。

ふるさとの町で市長をしている同級生が3選目に挑戦するそうです。

“「・・とにかく多選批判、施策の中でいくつかの難解で不評な事案について、少なくとも同期生にはご理解をいただく機会を設けていただきたい」と市長からの申し入れがありました。”
と、いうことで10月の「市長の○○君を囲む同期の会」へのお誘いでした。

幹事いわく・・
“古希を目前の、ともすれば惰力だけで余生をと思う凡人には、この気力唯々脱帽です。”

幹事さんのおっしゃるとおりです。
目がかすみ、話題といえば病気・墓・孫・・、
「へえ、今度はあの人か・・」の「訃報」も多くなる一方。

そんな中で1人でも元気者がいる。うれしいことです。

あなたは参加するか?・・って
さあ、どうしましょうかねえ・・。

2009年9月28日 (月)

“マーケティングは離活女性に学べ”

  夫に知られないように離婚活動をしている女性を“離活女性”というそうです。

きょうの「日経ビジネスオンライン」に興味ある記事が載っています。

“ひそかに離婚計画を進め、夫が気がついた時は既に手の打ちようがない”

“彼女たちのように水面下でコミュニケーションを活性化させ、展開していくという手法を学ぶべきです。これこそ草食系マーケティングの基本といえるかもしれません。 ”

さて問題はと言うと・・
自分の仕事にうまく活かせる具体的な方法は何か?
ということが一つ・・・。
記事にある「ユニクロや赤坂もつ千」に学ぶとしても、こちらは知恵と時間がかかる。

うちのカミさんが“離活女性”だったらいう疑心暗鬼も・・・。
当面、こちらの方が心配という方も多いのでは・・。

2009年9月27日 (日)

生活リズムに乱れが・・

 愛犬チョビが死んで1週間、新たな生活リズムがまだできないでいます。17年の習慣がスッカリ身に染みてしまったのかも・・。

朝夕、チョビに催促された散歩時刻の頃になると、何となく気持ちが落ち着かないんです。
雨風に関係なく外出時を除いて毎日ですから、理由をつけてサボることができなかった。

今、思うことは「誰か(または何か)の為に動く」ということは「自分のため」なんですね。
規則正しい生活をし、健康の為に歩けたことは、チョビからのビッグプレセントだった。
・・そんな思いです。

今は自分で気力を奮って歩かなければ・・。
「雨だ、風だ、暑い、寒い」だと理由をつけてサボりそうな予感。

夫婦喧嘩の仲裁にも入ったチョビ。
犬がいなくなったので、カミさんとの新たな関係作りも必要です。

とりあえず・・
カミさんと歩き始めました。

写真:今朝、歩いたコース(さいたま市岩槻区)にある玄奘三蔵法師霊骨塔の門(塔は奥)です。090927

2009年9月26日 (土)

秩父札所33番、34番を訪ねる。

 09092633_4仲間と秩父札所33番菊水寺、34番水潜寺09092634_3を参詣。   

  (写真左:33番菊水寺、右:34番水潜寺の金子兜太の句碑、クリックで拡大します)

過去の参詣日のうち、一番辛かった行程でした。
特に秩父市吉田地区から水潜寺に至る札立峠の古道は傾斜もきつく息が切れました。

観音巡りに特別な信仰心はありませんが健康の一環と考えています。

途中、養蚕農家だった建物を散見し、生糸の暴落で起こった秩父事件(明治17年、1884)ので秩父困民党が決起、集結した椋神社を訪ね、この地域の歴史に想いを馳せました。090926

125年前の困窮に比べ、現在がいかに豊かで明るいか、そして投票で民意を示すことができることを実感!

さて、この日で34霊場のうち、33ヵ所を参詣、2番が残りました。
一部、道を間違え1時間ロス、それでも怪我もなく5時間、27000歩余の旅を楽しんだ1日です。

2009年9月25日 (金)

前原大臣も大変!ご苦労様です。

 前原国交相も大変な仕事を受け東奔西走ですね。

経済評論家T氏によると八ッ場ダム建設中止もJALの経営危機も、同じ土俵の上のしがらみが残したものだそうです。

いわゆる政官業の馴れ合い60年の結果とのこと。

八ッ場ダムで言えば族議員、官僚、ゼネコンの癒着、治水、水利用などの目的の精査もなく、このトライアングルの金の流れが延々半世紀も続いた結果と断じています。

この犠牲者は地域住民ですね。

「ここまで来たら作ってほしい」も分からないわけもないけど、こんな理屈ならムダでもやりかけたことは全部やらなきゃならんですよね。

勇気をもって中止すべし!
1,000億以上かかろうと住民の生活を配慮すべきだと思います。

要は金の問題じゃないんです。090925

今朝は別の道を歩きました。秋のアサガオです。

2009年9月24日 (木)

家計費の見直し

 政権交代とも無縁なわが家でも家計費の見直しが進みます。

わが夫婦も今後を考え、ムダを排除し経費も押さえなきゃネ。

きょうは、ケーブル通信会社から通信費について説明を受けました。

まずテレビについて・・
既にケーブルテレビに加入しておりアンテナは不要、デジタルテレビへの交換ももう1歩。

次に電話・・
基本料はNTT回線と変化なし、通話料の削減が見込める。

最後にインターネットについて・・
費用は約30%ダウン可能、ただし光通信の速度、現在Max100Mbps(実行速度27Mbps)
ケーブル通信会社ではMax30Mbps。実効速度はどうなるのか? 
納得する説明なしで検討課題として持ち越し。

まず、電話番号変更なしで電話会社を取り替えることにしました。

見直しはまだまだ続きます。090924

柿も色づいてきました。

2009年9月23日 (水)

ふるさとからのお知らせ

 ふるさと長野県から自営の会社宛に便りが届きました。

長野県商工労働部経営支援課からで「新規立地の場合は、生まれ育った長野県を選択肢の一つに加えてほしい」という要望と簡単なアンケートがついていました。

残念ながら、今後とも自営の会社では要望に添えませんので、その旨返答しました。

同封して、イベント「ふるさと大信州市(信州まるごと産業フェア)」の案内がありました。
こちらの方は出かけて見ようかと思います。
この記事をご覧の方もぜひお越し下さい。
日時は9月26日(土)、10.30~19.00、  
       26日(日)、10.00~19.00、
場所は東京ドームシティプリズムホールです。

ふるさとからの元気便り、いいですね。

ふるさとの皆さん、ガンバッテ下さい。

2009年9月22日 (火)

またまたワンちゃんの賑わい

  娘夫婦がワンちゃんを連れて里帰り。
連休前半は自分たちで旅行、後半はチャッカリ里帰り。

当方は愛犬を亡くし4日目、チョッピリ寂しい想いの最中のご来宅。
つい数日前に死んだチョビが寝ていた居間がご覧のような有様でおもちゃが散乱。

黒色がユミ(スコッティ、♀11才)、白色はレミ(ウェルティ、♀1才)、茶色がナナミ(ダックスフント、♀9ヵ月)

さすがユミ、年長らしく落ち着いたもの。たまに見るジイサン世帯主にも馴染んでいます。

レミとナナミは世帯主に吠えまくっています。

やはり、人間も動物もニギヤカさには若さが必要です。090922

そうそう、カミさんに言われて、午前中は庭木の剪定、脚立の上の作業は疲れる。
身体中がイタイ!

2009年9月21日 (月)

やはりダメだった!

 荒船山の遺体は臼井儀人さんでしたね。
やはりダメだったか、 残念!

朝、故人を悼んで大勢の人たちが自宅付近に集まっていました。

いつもワンちゃんを連れて散歩していた姿が目に浮かびます。

ご冥福をお祈り申し上げます。

写真はご自宅の近くの蕎麦畑です。白い花が印象的です。090921

2009年9月20日 (日)

小事雑報

「ウォーキング開始」
ワンちゃんの介護などで止めていた朝のウォーキングを今朝から再開。
今朝はカミさんと一緒、娘は彼氏のところへお出かけ、死んだ愛犬が留守番です。
秋の花が咲いていて季節の移り変りを実感しました。

「急遽、棺おけ作り」
昨日は友引で昨朝に死んだチョビの火葬はできず。
今朝、火葬場に電話したら「ダンボールに入れて、午前中に持って来てほしい」
遺体を計ったら、長さ95cm×幅55cm×高さ20cm。
ホームセンターから2箱買ってきて、はさみとガムテープで急遽棺おけつくり。
何とか、午前中に間に合いました。
「さようならチョビちゃん」

昼食はカミさんと隣町のチョット有名な「豆腐ラーメン」を食べに行ったけど、駐車場はどこも満杯、あきらめてうどん屋へ。

行方不明の「クレヨンしんちゃん」の作者、臼井儀人さんらしい遺体が群馬県で発見されたとか・・。何があったのでしょうか?

「感心したこと」
民主党の閣僚がTV(ニュースや番組など)に出る機会が多いですね。
メモなしで自分の意見を堂々と言っている。
さて、彼らがどこまでやるか!これからが楽しみです。

2009年9月19日 (土)

愛犬との別れ

 「チョビが最後かもしれないから来て!」 
昨夜、入浴中に娘から声がかかりました。
チョビは4日ほど前から動けなくなり餌も口にしなくなっていたのです。

その場は身体をさすってやり、水を口に湿し、安定剤を与えて眠らせました。

今朝、起きたら安らかな顔で死んでいました。

1992年8月16日生まれ、同年10月17日にわが家のペットとなったS・ハスキー犬の雌です。
17才の長寿を全うしての死です。

チョビとは17年間、共に過ごしてきました。
草津の雪の中、信州の高原や田んぼ、多数のペンション、那須高原や茶臼岳など一緒に出かけて楽しんだ思い出がイッパイです。

そして毎朝、毎夕、定刻に散歩、家族の健康に貢献してくれました。

ペットとはいえ、いなくなるのは寂しいですね。1313142_img

写真は2008年、16才の誕生日、お祝いのケーキを食べるチョビです。

2009年9月18日 (金)

トイレのふたは閉める?開けておく?

トイレのふたは閉めます。

冬は便座を暖めるので、ふたを閉めると電気代の節約になるらしい・・。

・・と、数年前に聞いたので、以来、家では毎回、ふたを閉め続けています。

つまり習慣になってしまったのです。

でも、家族は別、何回も「閉めろ」と言ってもダメ。

もう、あきらめです。

それと外では、使用前の状態と同じにします。
つまり、ふたが開いていたらそのまま、閉まっていたら閉める。

いずれにしてもたいした問題じゃないですね。

コネタマ参加中: トイレのふたは閉める? 開けておく?

2009年9月17日 (木)

地域SNSサイトの開設

地域snsサイトの開設
東京で地域SNSのセミナーに出席しています。
どうやら形ができました。もう一歩です。

出来上がりましたらリンクさせますのでご覧下さい。

2009年9月16日 (水)

漫画家の失踪

 新首相が指名される国会のニュースなどに隠れて目立たないニュースです。

漫画「クレヨンしんちゃん」の作者、臼井義人さんが11日より行方不明とのこと。

彼の家はわが家から3~4分の所、犬を連れて散歩する彼とよく出会いました。

奥さんは気さくな人で会えばお互いに挨拶を交わしますが、彼は一見神経質に見え、近所の人たちと言葉を交わす風景を見たことはありません。

漫画作りに悩んだ末の失踪か、いずれもしても、しんちゃんは当市の名誉市民です。

早く元気な姿を見せて下さい。

2009年9月15日 (火)

奥武蔵のコスモス

  奥武蔵のあじさい館で朝を迎えました。

3人で早朝の50分ほどの散歩。

急な階段を上がって神社にお参りしたり、清流を眺めて橋を渡り、集落を見下ろす忠魂碑の建つ小高い丘に登りました。

この季節、曼珠沙華(彼岸花)とコスモスがきれいです。090915

そうそう大きな冬瓜が2つ吊り下がっていましたよ。

2009年9月14日 (月)

久しぶりの親睦小旅行

 埼玉県の西部に第3セクターが運営する「あじさい館」という宿泊施設があります。
曼珠沙華(彼岸花)で有名な高麗巾着田が近くにあります。

同じ町の10人グループのうち7人が、あじさい館の1泊親睦会に集いました。

しょっちゅう会う機会もなく、ついご無沙汰ばかり、お久しぶりの親睦会です。

日中の所用で宴会30分前に駆けつけた私、最寄の駅からのバスは自分1人で貸切気分を満喫、風呂でノンビリもできず宴席へ。以後、深夜まで語らいました。

2009年9月13日 (日)

“朝鮮三国時代の古墳文化”

 素晴らしいお天気でした。

こんな日は山へ行きたかった・・。 空気が澄んで山頂からの景色は抜群のはず。

そんな想いに反して行ったのは博物館主催の講演会でした。

演題は“朝鮮三国時代の古墳文化” 講師は地元大学の先生です。

内容は・・
時代は日本の古墳時代とほぼ同時期、朝鮮半島の三国(高句麗、新羅、百済)時代の古墳文化の概説です。

三国の古墳文化はそれぞれ特色があり、相互に密接な関連がある。

上記の三国に加えて加耶諸国の古墳文化、栄山江流域の前方後円墳の説明があり、特にこの地域は倭国(当時の日本)と交流があり、古墳も交流の影響を強く受けているとか・・。

などなど・・、スライドを交えて2時間余り、居眠りをする暇もなかった。

終わって外に出ると、秋の穏やかな秋の風景が広がっていました。

写真は博物館のある公園の池です。もう秋の気配が濃厚です。090913

2009年9月12日 (土)

娘夫婦のとんだ持参品

 娘夫婦は自分たちの家が東京にあります。けれど夫(婿)の勤務の都合で地方都市の借家に住んでいます。

東京の家は空き家です。

今日は夫婦揃って東京の家の大掃除とかで
可燃物、不燃物、家具(処分は有料)など山のようなゴミを持って里帰りです。

普段でも狭い玄関先はゴミ袋で溢れました。
駐車場へ移動させようと思ったらもう帰宅してしまった。

理由は・・
東京の家は誰もいない、現住所では共働きでのゴミの収集日に対応できないとか・・

いまいましいが仕方ないか!

でも、この地域の分別にし直さなきゃならない。

続きを読む "娘夫婦のとんだ持参品" »

2009年9月11日 (金)

入金と支払い~お役所仕事~

 対象年齢に達したとかでカミさんの介護保険の請求書がきました。

当方が書類を出すこともなく市役所から送ってきて支払期限は10月末とのこと。

一方、8月に申請した国民年金の支払いは2010年になってからとか・・、本来なら10月からです。
それも数種類の書類を持参して、窓口で何時間も待たされて、書類の不備を指摘されて役所へ何度も足を運ぶ。入金は遅れる、支払いの請求締めは早い。

この不合理! 
金額の多寡の問題ではない!

年金も介護保険も厚労省の管轄、情報処理もムダが多い。

2009年9月10日 (木)

小説「津軽」(太宰 治著)の千畳敷

 太宰 治の小説「津軽」(新潮社文庫)を読んでいます。
今年は彼の生誕100年とのことで、この本も今年の4月に刊行されています。

彼の本を読むのは「斜陽」に続く2冊目です。

解説(亀井勝一郎)によると“小説「津軽」は1944年(昭和19年)の作で、この年の5月に津軽風土記を書くために帰郷している。彼の生涯の中で最も思い出多い旅であったろう”と述べています。

確かに「斜陽」の退廃的な雰囲気に比べれば、津軽の風土、歴史への博識と戦時下とは思われない明るさを感じます。

私は今年7月2日、五能線で千畳敷という景勝地を訪ね、そこに建つ小説「津軽」の記念碑を見てきました(写真)。ちょうど今、その部分を読んでいます。090702_2
さすが、プロ作家 です。風景とマッチングした表現には感心しきりです。
碑には「・・千畳敷は平坦になった角稜質凝灰岩が露出したもので、ところどころが窪んで海水を湛えている。
これを酒をなみなみと注いだた盃に見立てて盃沼と称する。
よほどの大酒飲みが名附けたものに違いない。・・」などと書かれています。

2009年9月 9日 (水)

ワンちゃんの散歩専用車

  自力で立ち上がれない、歩けない愛犬、チョビのために用意したのが写真の手押し車です。090909

カミさんがネットで探し発注しました。

注文は午前中で、届いたのは夜の10時頃。
販売業者が都内からわざわざ届けてくれました。
新品ですと2週間先の納入とかで、業者が所有するものを貸してくれたのです。

夜も遅いので使うのは明日に持ち越しにします。
写真も明日貼り付けます。

2009年9月 8日 (火)

“MADDOCSの法則”

 朝日新聞の「経済気象台」に“MADDOCSの法則”の記事が掲載されています。

“米国のある経営学者は、エクセレント・カンパニーが衰退したり、破綻(はたん)にいたったりする原因を分析して、七つの習慣病を指摘している。

 企業に限らず、どのような優良組織にでもかなりの程度当てはまるので、筆者は英語の頭文字を取ってMADDOCSの法則と呼んでいる。

 この習慣病とは、近視眼(M)、傲慢(ごうまん)(A)、成功依存症(D)、現実拒否(D)、拡大偏執症(O)、現状満足(C)、タコツボ化(S)である。”

この習慣病による最悪のケースがわが国の官僚機構で、政党は自民党が該当すると述べています。

自民党がこの習慣病から立ち直るためには、生き残った残滓を排除して出直しを図れと言っています。

総裁選挙もままならぬ自民党、4年はすぐ経ちますよ。

2009年9月 7日 (月)

これが有機農法?

 実りの秋になりました。

写真はわが家の裏の畑で、自宅2階から撮りました。
もちろん、私の所有ではなく地元の大地主さんのものです。090907_2

写真右側はサツマイモです。

中はサトウキビです。
幼い頃の記憶にあっただけで、カミさんに聞いたら「サトウキビよ!」
ちなみにカミさんは兼業農家育ちです。

左は豆やら何やら、雑草が生い茂っていて畑には見えません。

写真の上の方には田んぼがあり、ヒエの中に稲が伸びている風景です。

人のいい地主の奥さんによれば「これが有機農法」そうです。

ただ畑の雑草がわが家との境界線まで迫ってきて、困惑しています。

有機農法ならぬ自己流の勇気農法とも言えそうです。

2009年9月 6日 (日)

政党にみる人材の育成

 「民主党、政権交代でこれはどうする?」やらのテレビ番組が目立ちます。
日曜日の今日は特に長時間の特集が多いようです。

政策論はご自由にどうぞ・・。
民主党のお手並み拝見、それも3年くらいの期間で評価しましょう。

さて、目立つのは民主党若手議員の論客が育っていることです。

松下政経塾、中央官庁、実業界、法曹界出身の若手が育っていますね。
世襲議員がいるかも知れませんが少ないはずです。
よく勉強もしていますね。

対する自民党は?
相変わらず、古老が居座っている、いや古老でなく固陋な人たちというべきか!

政権放り出し首相(現役時のダメ総理)などは若手に席を譲ったらどうか!

有能な若手議員が台頭していない。
いても数が少ないか党を飛び出だす。

人材育成は時間がかかるだけに「人がいない」と気がついた時は既に遅い。

企業も同じ。

こんな思いをしながらテレビを見ていました。

2009年9月 5日 (土)

いやはや参った!

 カミさんは朝から実家へ法事でお出かけ。

こんな日は、溜まっている仕事の処理や書類の整理、読書などに最適なんです・・・が、

そうは問屋がおろしませんでした。

寝たきり(支えれば歩きますが)老犬チョビが間段なく鳴くんです。
鳴くというより唸るというべきか・・。

自力で立てない、歩けない、だけど歩きたい。

その願望が鳴かせるようです。

殆ど眠らないので、外へ連れ出す、シモの世話もあるし・・。

朝の4時から夜8時まで休む暇なし、ホトホト、参った!

カミさんが帰ったので、早速、引き継ぎ、彼女も疲れているけど、仕方ない。

カミさんは安定剤を使って眠らせてしまった。

今夜は特にお月様がきれいですネ、

「老犬をやさしく照らす月明かり」

2009年9月 4日 (金)

“終わり良ければ・・” ご親切ありがとう

 東京・八重洲は相変わらず人の波でした。

まず、今秋の果物の価格動向を知りたくて、八重洲口のDデパートと八重洲地下街の高級果実店S屋の店頭を視察。

デパートの果物価格は私の住まいのデパートと同じ価格、S屋では梨(幸水)1個1,050円でした。
いったい、どんな人間が1,000円もする梨を買うのでしょうかネ?
私のような貧しきシニアには理解の外です。

さて、今日の外出の成果はどうだったか?
うまくいきました。
果実の視察後、外資系の会社へ、私の取引先の社長と伺い、提案した案件が実現へ一歩進みました。

同行の社長と地下街のレストランで乾杯、選挙や国際情勢の話に花が咲きました。

ほろ酔いで地下鉄、私鉄直通の急行電車に乗りました。帰宅ラッシュの時間帯です。

「お座りになりますか?」と前に座っていた青年。

「いや下りられる時で結構ですよ」

「どうぞお座り下さい」

「ありがとう。ところでどこまで?」

「K駅までです」

席を譲っていただきました。
老人と見られたか(これは事実)、酔っ払いと見られたか、どっちでもイイ、「助かった」

なぜ、こんなことをブログに書くか?
小さな親切、こんなことは10年に1度あるかないかの出来事だったからです。

2009年9月 3日 (木)

腕組みと江戸しぐさ

 最近、気になることが目に付きます。

早朝のニュースワイド番組、夜の政治討論など、出演者の腕組みが多いのです。

私が、就職してすぐに小売の現場(売場)に配属され、接遇教育を受けたとき、最初に言われたことは「挨拶は先手で」と「フォーマルの場での腕組みはダメ、その他」でした。

テレビをみていると「腕組み」が目立ちます。

「腕組み」が、なぜいけない行為なのだろう、と思う。

それは、相手を見下す姿勢だからだと言えそうです。

朝のワイド番組の司会者Mさんも腕組み多発で不遜に見えます。

江戸しぐさは、足組みもしてはダメと言っています。
デモ、この姿勢は余り見かけなくなりましたネ。

2009年9月 2日 (水)

参った!老犬の介護

  愛犬チョビ(S・ハスキー、♀、17才、15kg)は自力で歩けません。
それでも毎日、100mくらいは支えて散歩させています。

いつも左半身を下にして横になっています。

頭脳は正常、食欲は旺盛です。

オシッコは外でないとしません。ウンチは踏ん張れないので適当な時間に外で排泄させます。

散歩、排泄の世話は、いつものことでたいした問題ではありません。

問題は、立ち上がって歩きたいためか、あるいは同じ姿勢が辛いのか、時間を問わず前足を動かして唸ることです。それも昼夜を問わず・・。

誰か家にいないとダメですね。
昼間は私の外出で勢いカミさんに負担がかかります。
彼女、正直言ってノイローゼの1歩手前です。

特に夜が辛いですネ。

1人は遅くまで起きて世話をし、1人が早めに寝て深夜に対応する、いわゆる2交代制でしのいでいます。

最近、動物病院から薬(安定剤)をもらい、睡眠作戦をとっています。

さて、いつまで続きますか?

夫婦ともども疲れていますよ。

2009年9月 1日 (火)

台風の爪痕

2009090111270000 台風11号が刈り入れ前の稲を倒した田んぼです。(携帯で撮影)

朝起きたら、わが家の裏に広がっていました。

今日から9月、昨日は寒かったけれど、今日の気温は30度を超えました。

でも、周りはすっかり秋の気配ですね。

穏やかな季節であってほしいと思います。

« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »

無料ブログはココログ

お気に入りの本