2022年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

« 「ヨーロッパを作った男」から始まった。 | トップページ | 戦略なき航空行政<JALの経営危機> »

2009年10月 4日 (日)

モラトリアムに思う

  亀井金融相のモラトリアム発言が話題になっています。

素人発言を承知で言わしてもらえば、大臣に共感します。
ただ、実行するにはそれなりの具体策が必要ですね。

私は借り入れもローンもありませんが、銀行との関係で良い思いではありません。
大手銀行の事務処理ミスでトラブルがあり、対応した行員の態度には今でも腹がたちます。

それはともかく・・
金融危機に膨大な公的資金(税金)を投入されて立ち直ったのは銀行でしょう。
また、聞けば法人税も払ってないとか・・。

雀の涙の金利しかつけず、さまざまな高い手数料をとる。

100年に1度の経済危機には社会的な支援には見向きもしない。
少なくとも、やる気のある中小企業から失業者を出さないように金融面で支援をするのは、銀行の社会的な使命だと思うのですが・・

もっとも昔から、「金融業」は必要でありながら尊敬されてこなかったですね。

« 「ヨーロッパを作った男」から始まった。 | トップページ | 戦略なき航空行政<JALの経営危機> »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: モラトリアムに思う:

« 「ヨーロッパを作った男」から始まった。 | トップページ | 戦略なき航空行政<JALの経営危機> »

無料ブログはココログ

お気に入りの本