2022年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »

2009年12月

2009年12月31日 (木)

さて、2009年を振り返る

 新婚以来の夫婦と猫1匹だけの静かな年末です。

いつも来る都内に住む娘一家も用があるとか・・で里帰りせず。
今、出身中学の生徒が紅白歌合戦のバックコーラスに出演したと、カミさんに電話がありました。
同居の娘は京都旅行へ(きょうの京都は雪だそうです)
子供がいない時はワンちゃんか猫がいつもいました。

さて、私にとって2009年はどんな年だったか?

よかったこと・・・。
家族全員が大きな病気もせず、一応健康で過ごせたこと。これが1番、
健康で旅を楽しめたこと。(津軽地方を歩き岩木山にも登り、木曽路から世界遺産「白川郷」を訪ねたことなど)
地域の活性化に協力できたこと(静岡県のF市、S大学、山形県村山地方の活動に参加)
歩く旅を楽しめたこと(中山道・木曽路、東海道・掛川~舞坂、藤沢~大磯、秩父札所34ヵ所の全寺など)
塩野七生著「ローマ人の物語」全15巻を完読したこと。

残念だったこと・・。
9月に愛犬(シベリアン・ハスキー)チョビが17才で死んだこと。
07年にゴールデンリトリバーのジュリーが死んでおり、これでワンちゃんがいなくなりました。

2010年も健康で1日、1日と楽しく生きましょう。

2009年12月30日 (水)

夢と現実の境界は?

  かつて部下だった男と、40年来の友人との3人でゴルフをやっていました。
どういうわけかキャディは近所に住む、会えば挨拶をする程度の年配の奥さん、
場所はロクに手入れをしてない草だらけのゴルフ場、
私がいくら打ってもOBかロストボールになってしまう(定かに覚えていない)、
「お客さん、いい加減にして下さいよ!」とキャディ

この言葉で私が「こんなところでやっていられるか!」
とキレて、クラブを放り出して帰ってしまった。

・・と、今朝、目覚めておぼろげに覚えている夢です。

さて、今朝は今年最後の生ゴミの収集日です。
ゴミになった牛乳パックを持って収集場に行きました。
既に先着のオバさん2人、互いに「おはようございます」

おかしいな! どこかで聞いた声だ。
「そうだ、昨夜のキャディさんだ」
(「昨夜はお世話になりました」とは言いませんでした)
「ゴミを袋へ入れるんですか? それならどうぞ」
愛想よく持っているゴミ袋を開けてくれるんです。
内心、「いやに愛想がイイなあ、昨夜はあんなキツイこと言っていたのに」

お言葉に甘えてたゴミを捨てさせていただきました。
どうして、この人がキャディだったんだろう?

この夢には背景はあるんです。
多分、ゴルフ場はわが家裏の田畑がモデルです。有機農法とやらで草だらけ。
キャディの「いい加減にして下さいよ!」は、バブル最盛期に有名ゴル場でOBを連続3回出したときキャディに言われた言葉です。2人の仲間もゴルフを一緒にやりました。

ただ、キャディが近所のオバさんとはネ、可解でしたが、夢で神様が今朝のゴミ収集場での顔合わせを予告していたのかもネ。

2009年12月29日 (火)

数値で見る百貨店の不況

 28日付、「実感!百貨店の不況」は私自身の超ミクロ的な実感でした。

同日の日経MJ紙では数値でも裏付けられています。
華やかな業界だったのが厳しい業界になりました。
地元に百貨店があると、いろいろ便利です。きのうの百貨店、なんとか生き残ってほしい!

“全国百貨店の売上高(09年1月~11月累計)は前年同月比10.7%減の5兆8422億円、仮に12月が前年並になっても、6兆5000億円程度になりそう。1年で売上9000億円程度が吹き飛んだことになる。ピークだった1991年の9兆7000億円に比べると7割程度に落ち込む。
「5年後には5兆円台になる」(高島屋 鈴木弘治社長)とみるが、早ければ2010年中に6兆円の大台を割り込む可能性がある”

“反面、コンビニは通年で7兆9000億円程度で前年比は微増になる見通し、このため、昨年は5000億円だった百貨店とコンビニの売上高格差は1兆円に広がる”

2009年12月28日 (月)

実感!百貨店の不況

 消費の落ち込みで物価が下がるデフレスパイラルと言われています。
特に、小売業界(スーパー、百貨店)の不況が深刻です。

正月の年賀用品を求めに、あるデパートの酒売場へ行きました。
チラシに新春用の日本酒が載っていたからです。

売場は15㎡くらいでしょうか、私と同じようなお客さんが7~8人、
ところが店員さんはわずか1名、レジも別の売場へ持っていきます。
包装台もありません。

お客さんも店員さんに商品にいろいろ訊きます。
年賀用の熨斗の依頼もあります。時間がかかることおびただしい。
店員さんが商品の精算でレジへ行くと、売場は無人になりました。

やっと、私の番になりました。
待たされたので、多少の皮肉をこめて優しく店員さんへ
「忙しくて大変ですね」
「そうなんです。人(販売員)がいなくてね」
「でも、この時期にお一人では、普段はあまり売れないんでしょう?」
「そうなんです。・・・・(後は無言)・・・・」

この階の食品売場も混雑なし、他のフロアーも閑散

このデパートもいずれ撤退か?

現役時代(10年以上も昔)の暮れ、販売応援に行くと、いつもレジ前はお客さんの長蛇の列。
店が増えすぎたか、物があり余っているのか、可処分所得が減ったのか、いずれにしてもすっかり世の中が変わっています。

2009年12月27日 (日)

カーナビを初めて使う

 車を取り替えてほぼ1ヵ月、運転にも慣れてきました。

前の車は、人が中心、カーナビ、ETCなし。

今度の車は、娘が乗っていた車で、殆どがエレクトニクスでカーナビ、ETC付き。

この1ヵ月、目的地を設定して、カーナビにご案内いただいたことはありません。
きょう、カミさんとのお出かけで、初めてテスト走行しました。(往復で40kmくらい)

感想としては・・・
メイン道路のご案内が主で、裏道を知っているわが身には遠回りに感じた。
信号が連続する道路で右折する場合、交差点名を言われても信号機についている交差点名が直前まで読めない。
それにカーナビはうるさい。

教訓としては・・・
やはり、遠出する場合は、事前にルートを確認すべき。
見知らぬ場所での場所探しには威力を発揮する。

主力は人間の力、機械はその補助だと言うことです。

2009年12月26日 (土)

年末の雑事4

 昨日、買ってきた障子紙を張ることにしました。

水ではがしておいた障子もすっかり乾いたようです。

糊は昨年末に使った残りを確かめたら、十分使えるし量もあります。
もちろん刷毛も保存してあたもので十分。

更にカッター(端紙を切る)、物差しなども用意。

屈んでの作業、腰が痛くなる頃には張り終え、水を吹きかけて障子を戻して完了です。

近くの図書館は年内は明日まで、年末年始の読書用を数冊借りてきました。

2009年12月25日 (金)

年末の雑事3

 昨日のクリスマスイブに食べたケーキは旨かった。娘が持ち帰ったシャンパンで乾杯、
後半は娘が1人でしゃべりまくり、オヤジは早々に自室へ引き上げました。
ケーキはフロジャポンのケーキで「ニボーズ」という商品でした。

今朝、ファンヒーターに給油をしようと電池式ポンプを使ったけどポンプが動かない。
これは電池切れが明白、買い置きがなかったので後で買うことにしました。

カミさんと昼チョット前に自転車でお出かけ、目的は昼食で隣町のB級グルメを食べること、それと電池、ポリタンク、張替用の障子紙(これが本来の目的でした)の購入など。

B級グルメは「豆腐ラーメン」(さいたま市)で500円。
これは美味しかった。ぜひご試食されたし。

ホームセンターの障子紙売場で
「障子4枚用1本498円、2本お買上で1本当たり449円」を「1本449円」と2人で見間違え。
コイン入れを調べたら100円玉、50円玉、10円玉、5円玉、1円玉ばかり、合わせて450円
札は高額紙幣だけ。コインを握り締めてレジへ。カミさんは別の売場へ。精算待ちの列に付く。

やっと自分の番、
レジのオネエさん 「いらっしゃいませ! 498円です」
(449円だったはず、おかしいなあ、まあいいや、店の値付けミスだったら後で返金してもらえばいいや、でも札を出さなきゃ)

「今、お金を出しますからチョット待ってネ」と私、
(財布を出そうとしてもポケットのボタンがなかなか外れない)

そしたら焦っていたので手に持っていたコインが床に落してしまった。
レジのオネエさんと包装台を動かしてアチコチ屈んでコイン集め・・。

後ろに並んでいたお客さん、きっとイライラしていたと思うよ。
「このクソジジイ」とネ・・。

「すみませんネエ!」
「いいえ、いいんですよ」 あくまでお店のオネエさんは親切でした。

荷台のカゴからはみ出したポリタンク、それに90cmの障子紙、その他の雑貨の入ったビニール袋を自転車に引っ掛けてヨタヨタしながらの帰宅でした。

B級グルメに釣られた買物でした。

2009年12月24日 (木)

年末の雑事2

 子供が成長した今、クリスマスイブには特別な思い入れはない。
・・・と言って、家で知らんぷりするのも、デリカシーがないと言われかねません。

自発的にケーキは自分が買うと宣言。

10時半にケーキを求めてチラシの入ったデパートへ、お目当てのケーキは既に売り切れ。なんだこりゃ!

結局、2,000円以上も高い別のケーキになってしまった。

常用の薬が年末年始で切れるので、いつもの内科医院へ、ここもお年寄り(自分もジジイだけど)がイッパイ!、診察抜きで薬だけで退散、門前薬局も同様でした。

医院の受付のお嬢さん、見かけない顔、しかも挨拶しない、「お大事に」の一言もない、まったく愛想がない。いつもの女性がいないのが寂しい。

「お昼ごはんは自分で考えてね」と言われ、カミさんは美容院へ。

外食はサービス券がある国道沿いのレストランへ。
総計650円で250円OFFのお徳な昼食を摂り、静かな店内も気に入ったけど、目の前の交差点の交通事故で騒然!内楽外患でした。

なんやかんやで騒々しい年の暮れです。

2009年12月23日 (水)

年末の雑事1

 毎朝、寝室の窓を開けます。窓は掃きだしです。

外からの朝日が、網目にびっしり詰まったホコリを照らし出します。
気にはなっても、ついそのままで1年が経ってしまった。

きょうは晴れて気温も高めとか、思い切って年末恒例の網戸洗いを決めました。

総計20枚以上、洗車用の刷毛と液体の洗剤を使い2時間半で終了。
ついでに車の洗車もやってしまった。先月、小型車にしたのでこれは簡単!

網戸の1枚、毎年、簡単にはずしても、後で窓枠に戻すのに苦労する、やはり今年も難行苦行。
カミさんがやったら入った、クソ!

さあ、明朝の朝は気持ちがいいよ!

2009年12月22日 (火)

核家族、冬至の夕餉は?

 一年で昼が一番短い日、冬至は今日です。

年賀状作成で一日が終わりました。

思い切って昨年の半分にしようと決めて始めたけど、あの人へも、この人にもと考えながら作ったら、やはり当初用意した枚数では足りなくなり急遽、郵便局へ買いに走る始末・・。

冬至ではどうしてカボチャを食べるのか?
知りません。

でも、カミさんがちゃんとカボチャ料理を出してくれました。
それもつぶしてベースト状にて食べ易くして・・。
カボチャは嫌いですから考えてくれたんでしょうね。

夫婦二人だけ、静かでいいけど、何となく寂しいネ。

風呂は柚子湯でした。

2009年12月21日 (月)

少し早いけど御用納め

  きょうも寒いですね。

朝から、提携している会社のオーナーさんとお客様へ出かけました。
県境の橋の上から富士山がクッキリ臨めます。空気が澄んでいる冬ならではの風景です。

お客様との話し合いも無事終わり、いただいた課題の解決提案は年明けとなりそうです。

この日で年内の主業務は終わりました。
自分で自由に活動計画を決めて実行できるのもSOHOの特権です。

残ったのは年賀状書き、溜まった書類の整理、自室の掃除、家の掃除、車の清掃、車庫証明書の申請、12月分の支払い、それにカミさんの買物のお供などです。

2009年12月20日 (日)

環境に国境なし

  米中2ヵ国で世界のCO2排出量の40%を占めているとのこと。
COP15の「留意」の表現、何のことか分からない。

中国は国連安全保障理事会の常任理事国、安全保障では大国、環境では発展途上国とその場、その場で都合よくで使い分ける身勝手さ!

米国もなりふり構わず、低い数値にこだわる。

出来るなら、米中は自国で発生するCO2を他国領へ出ないよう閉じ込めておいてもらいたい。宇宙船地球号には、今のところ乗り換える宇宙船がないのだから・・・。

2009年12月19日 (土)

秩父札所はすべて巡りました

  特別、信仰心が厚いわけではありませんが・・・・
秩父34ヶ所観音霊場巡りは、きょう2番の真福寺参拝をもってすべて終わりました。延べ8日間かかりました。最終日の参加者は9名です。

秩父鉄道大野原駅で下車、急坂を登ると、ひっそりと観音堂が建っていました。
観音堂は方三間、回廊付、唐破風流れ向拝付、銅板茸宝形造り。1908(明治41)年に現地の再建された。かつては壮麗な寺院だったが、1860(万延元)年の火災で焼失し、明治に再建された観音堂のみが残ったと資料にあります。
石段下に庫裡があるが人影はまったく見当たりませんでした。0912192

なお、納経は大棚川に沿って1.8km下った光明寺で扱っています。
真正面に武甲山が見える日当たりがよい光明寺の境内で昼食を摂りました。

さて、秩父霊場34ヶ寺巡りの行程は電車、バス(遠隔寺)で移動、駅やバス停からひたすら歩いての参拝。
歩いた結果は、参加メンバーの健康増進に大きく貢献したと確信しています。
企画・実施リーダーおよび参加メンバーの方々にはお世話になり厚く御礼を申し上げます。

2009年12月18日 (金)

朝の散歩

 寒くなりました。連日、この冬の最低温度を下回る報道が続いています。

毎朝、夜が明けると特別なことがない限りカミさんと約1時間弱、6500歩前後を歩いています。

今朝は特に寒く、駐車中の車の窓は霜で真っ白、田畑も真っ白、通勤の人たちも吐く息が真っ白、白ずくめでした。

近くの学校では登校中の生徒たちと出会います。
めったにオーバーコートを着ない彼ら、彼女らも、さすがこの寒さ、コート姿も増えています。

歩き始めは寒さが身に染みますが、しばらく経つと身体が暖かくなって、寒さが心地よく感じるようになります。
少しでも身体を慣らすために、出かける前にストレッチで身体を柔らかくしておくことが大事ですね。

毎朝の散歩や数時間歩くウォーキングには寒い季節が適していると思います。

布団から出るのは勇気が必要ですが、思い切って起きましょう。

自室窓際のシャコバサボテンが咲きました。091220

2009年12月17日 (木)

1/1500の出演

 過去にテレビ出演したのは2回(NHKの首都圏版、地元UHFTVの趣味版)です。

今回のTV収録への参加依頼は、TBS系列全国ネットで放映される3時間の正月番組です。
どこで当方を知ったか不明ですが、一応参加の意思を伝えたところ、招待状を送って来ました。
番組説明にいわく「1500人が実際に脳トレをして、超能力を開発します」
「オウ!老い衰えたこの脳を再開発してもらおうじゃないか」と思ったからです。

したがって、過去のような個人出演ではなく、1500人参加のうちの1人、1/1500の顔見せです。正月放映の画面に一瞬でも写れば3回目の出演になります。09121714

(写真:収録準備が進む会場、真ん中の光っている部分は脳のイメージ。携帯で撮影)

内容は、タイトル「超能力スペシャル2010」
さまざまな超能力の実例(透視力、直観力など)示した後、問題を出し参加者が答えを携帯電話メールで送信します。
即座に正解率をグラフ化、専門家がその解説をするというもの。

「それで、あなたの超能力は再開発されたの?」と聞かれそうです。
「いいえ、ゼロに何をかけてもゼロだろう。しょせんテレビの娯楽番組のエキストラだよ」が答えです。
「超能力を信じるか?」と聞かれれば・・
「ある人もいるかも知れないが、自分にはない」です。

司会、福澤朗、山田優、ロン・バード(全米No.1サイキッカーとか、KONISHIKIくらいの体重あり、ご自分の命の先行きを見通す方が先だと思うけど・・)

その他、専門家、コメンテーター、ヒマだというお笑いなど多数出演、
最後にアントニアオ猪木が登場、彼の発声で、総員右手こぶしを挙げて奇声を発してお終い。7時間近くの収録に疲れ果ててご帰宅となりました。

それにしても、平日の午後、若いヒマ人がゴマンといるんですね。
失業者が流行の服を着て、愉快に笑い転げてうるワケないもんネ!
さすが、世界に冠たる東京都心です。

2009年12月16日 (水)

寒空の下でグラウンドゴルフ

 地域のグラウンドゴルフの会員です。
年、20回に迫る練習日がありますが、私の参加はきょうで2回目です。
腕が上がらないことに加えて飽きっぽい性格がこの結果です。
公式的には「忙しい」ということにしていますが・・・。

きょうは昼食会と臨時総会とのことで、この冬一番の寒さをガマンして参加しました。

総会前の練習、始めてみれば、それなりに楽しいですね。

終わって、メンバー全員、トンボでグラウンド整備、これが結構イイ運動になりましたよ。
久しぶりに入ったレストランは、無料だったコーヒーが100円になり、メニューも変わっていて価格も上がったような気がします。不景気だと価格は下がる筈なのに・・!

昼食会と総会、終わって市役所と警察署へ。
車の所有権移動のための印鑑証明書、それに車庫証明の申請用紙などをもらうためです。

警察署の駐車場は満杯、免許更新の狭い庁舎は人で溢れていました。
反面、警察の本庁舎ガラガラ、事件で警察があまりに忙しいのは考えモノ、イイことです。

この頃、連日の鉄道の人身事故が続いていて、毎日、どこかの線で遅延、運転見合わせが起きています。「約束の 時間を守る はやでかけ」がわれわれの合言葉になっています。

2009年12月15日 (火)

忘年会3号

 忘年会に集まったきょうのメンバーは11名(男性6名、女性5名)

5年のお付き合いグループですが、全員が揃ったのは初めてです。

飲食、おしゃべり、カラオケで2時間はアッと言う間に経ちました。

きょうの特記すべきことは、会場まで往復2時間歩いたことです。
美味しいものを飲み食いしたら、それこそ体重が目に見えて増えますので・・。

もう一つ、来年度の役員が回ってくると覚悟をしていましたが、再来年になりました。

2009年12月14日 (月)

無人の木造駅舎を観光資源に

 “創年がまちを変える”と題する講演を聴きました。
講師は聖徳大学生涯学習研究所の所長、福留 強先生

“創年とは、
自己を生かし、自身をよりよく創り変え、積極的に 生きようとする生き方
②限られた年齢でなく、「本人が自覚したときから」
③可能性に満ちた創年時代を見直す”
とのことです。

「まちづくり」例を約20ほど説明されました。
中でも「女性がまちづくりの全面で活躍」例で、鹿児島県の肥薩線「嘉例川(かれいがわ)駅」駅舎と駅弁でまちおこしをした事例が興味を引きました。

詳しくはこちらをご覧下さい。

要約すると
この駅は無人駅、九州で最古の木造駅舎であること。
列車の速度は、山あいで遅く、動いている車内から外の墓石の銘が読めるほどだ。
かつては1日の乗降客が2人だった。店は駅前に1軒。
他に何にもない・・・。

それが今では、特急がこの駅に5分間も停車する観光地に変わった。
名物は駅舎と駅弁(それも土日だけ営業)
この地へ移住してくる人も増えた。
こんなお話でした。

NHK・BSで放送中の「木造駅舎を訪ねる旅」が影響してるかも知れません。
聴衆は団塊の世代以上の120余名、殆ど黒っぽい服装のオジさんたちばかり、女性はたった1名、これでは新しい発想は出難いですね。

興味のある方は、講師のホームページをご覧下さい。

セミナーが終わって17時過ぎ、さいたま新都心のイルミネーションがきれいでした。(携帯で撮影)2009121417070000

2009年12月13日 (日)

“食品卸、不況下の株高”(経済紙より)

 大手小売業の業績は軒並み落ち込んで苦戦していますね。
日経MJ紙によると・・・

“さぞや卸会社、小売の値下げ圧力にさらされているのでは?
ところが、そうではなかった。
大手食品卸(加藤産業、菱食、伊藤忠食品)の業績が好調(日経MJ)だ。

加藤産業の09年度9月期の連結営業利益は前期比45.9%増の70億円。
菱食の09年1月~9月期の連結営業利益は前年同期に比べ32億円強増えて49.8億円。

大手小売業の苦戦の原因は・・
PB(プライベートブランド)商品の割合が高く、売場は賑わってはいるが利益に貢献していない。

大手食品卸はいろいろなNB(ナショナルブランド)商品のバランスを考えた売場提案や、PB商品の開発のできない中堅・中小小売に対し売るタイミングなど、MD(商品政策)支援をしている。”

最後に“大手小売は値引き要請を強める前に、NBとPBのバランスを考えろ”と結んでいます。

必ずしも、大手小売の苦戦原因がPB、NBだけの問題だけとは思いませんが、大きくなりすぎて小売戦術に知恵が回らない状態だと言えそうです。

2009年12月12日 (土)

旧東海道を歩く <藤沢宿~大磯宿>

 神奈川県藤沢市の遊行寺(藤沢山清浄光寺)を訪ねたのは2001年4月28日で、旧東海道の程が谷(保土ヶ谷)宿からここ藤沢宿まで歩いた時でした。

あれから8年半以上、きょうはこの遊行寺前が出発点。自宅から電車で2時間、藤沢駅から15分歩いて到着。

広重「東海道五十三次・藤沢」の絵は橋の向こうに遊行寺を見ていますが、この絵に合わせての撮影は出来ませんでした。家は建て込み、車は多い、アキラメ!
(写真右、左のクリーニング店2階の右に見える大屋根が遊行寺本堂です。クリックで拡大)091213  091212_2

旧東海道、道幅は広く、車は多い、家は切れ目がなく、大きなビルも多い、昔の姿を想像すらできませんが、それでもところどころ松並木も残っていて多少の感慨に浸ることも可能でした。

京へ上る途中で、富士山が左手に見えるのは2ヶ所だけ、茅ヶ崎の南湖と吉原だけとのこと。お天気がよく、富士山がクッキリ見えた日でしたが、南湖の左富士も大きな工場に遮られてダメでした。

馬入川の橋のたもとで、「ステキな帽子ですね」と外人の二人連れに言われました。
「ありがとう、いやThank You!」
「カミさんに選んでもらったんだ」と言いたかったけどとっさに言葉が出なかった。

平塚は学校を卒業して最初の2年半を過ごした青春の地です。
でも、45年ぶりの街はすっかり変わっていて、職場だった建物は跡形もなし。
写真左は広重の「平塚」、右は同じ場所と思われる所から撮りましたが、建物があり花水橋は見えません)091212_14 091212_11 

きょうのゴールの大磯では、島崎藤村夫妻のお墓にお参りしました。彼はここ大磯で「東方の門」執筆中に亡くなったんですね。墓は当地の地福寺にありました。
中山道の馬込宿では島崎藤村一族の墓地にもお参りしています。
同郷の大文豪にそれなりの敬意を払っています。

(写真は大磯宿の化粧坂、東京方面を撮りました)091212_15

こうして師走の1日、好天に恵まれ、6時間、36000歩の旅は終わりました。

 

2009年12月11日 (金)

こんな人が防衛大臣なんて!

 普天間問題で鳩山内閣がゆれています。

そんな中、北澤防衛相がグァムを視察しました。
何時間、視察したか知りませんが、
「普天間基地のグァム移転はムリだ。日米の取り決めもあるし・・」と早々にコメントを出しましたネ。
簡単にコメントを発し、ヘリに乗ってハシャイでいましたネ。
KYの典型!、ヘリに乗るなら防衛省のお庭でどうぞ、
なにもグァムまで行く必要なし!

何と軽い大臣でしょうか?
内閣の統一見解もなし、首相の決断もない状態でコメントを出すとはネ!

普天間移転問題も13年も経っている。日米の取り決めもあったろう。

でも、これらの条件を前提にして、沖縄の米軍基地問題は解決していかねばならない。
当然、長期戦になる。腰を据えた交渉を覚悟意しなければならない。
そんな戦略も、見識もなく出かけていく、
「北澤さん 子供のお使い グァム島へ」

娘がワンちゃん3匹を連れて来ました。
連れ合いが東京へ転勤になり、2台あった車が駐車事情で1台になってしまい、亭主に運転させ、自分は車内でワンっちゃんの世話しながら連れて来たのです。091211

2009年12月10日 (木)

野菜の価格

 「出かける」とカミさんに言ったら、
「ついでに道の駅で野菜を買ってきて」と頼まれました。

車で15分程は走って最初の「道の駅」へ
白菜180円、ほうれん草100円、キャベツ(棚には残りものが2ケで買わず)、納豆(指定されたものがなく買わず)、その他お気に入りの商品なし。

更に20分程かかって2軒目の「道の駅」へ
キャベツ大玉70円、好みの納豆314円、その他お気に入りの商品なし。

平日の「道の駅」についての雑感です。
商品の陳列棚はガラガラ、休日と平日の陳列量の格差は大きい。
近所に家があるのだから、ある程度、広く浅く品揃えすればお客さんもきっと来るはず。

それにしても、テマヒマかけて育て、1つ1つ梱包して、キャベツ1個70円とは・・・ネ!
農家の苦労が分かります。消費者にとってはよいけどネ。

買物に時間がかかり目的地へは大幅に遅れてしまいました。

2009年12月 9日 (水)

“必笑小咄(こばなし)のテクニック”

  数日前、図書館からデフレに関する本と一緒に借りて来た2冊のうちの1冊がタイトルの本です。

2006年に56歳で亡くなった、ロシア語同時通訳者でノンフィクション作家の米原万理さんの著書(集英社新書版)です。
手初めは経済書から・・・、専門用語が多いため私にとっては難解、ついこちらの小咄解説本(イヤ分析本か?)に手が出て数時間で完読、その完読時刻は、今、9日の早朝2時です。眠れない夜のオススメは間違いなく気楽な本を読むことですネ。

同書にある沢山の小咄が印象に残りましたが、短文でオチを推測できる小咄を紹介します。

アーノルド・シュワルクネッガー”のそれはいささか長め、マイケル・J・フォックスのそれはちょと短め、マドンナには、それがなく、ローマ法王はそれをを長く使っていない。さて、それは何しょうか

ちなみに私のそれは、日本人として短いほうです。別に劣等感は感じませんよ!

回答を考えて下さい。答えは続きで・・・。

続きを読む "“必笑小咄(こばなし)のテクニック”" »

2009年12月 8日 (火)

不景気か朝建暮廃の商店街

 カミさんと外出、車中での会話。

「用が済んだら昼は寿司でも食べようか。」

「○○寿司へ行こうか」

「あそこは潰れたそうよ」
その店の前を通ったら、やはり空き店舗でした。

いろいろモメたけど用が済みました。
別の店に入りました。先日まで改装中だったお店です。

さっそく、係りが来ていろいろ説明してくれます。

「ところで、こんな食事券をいただいたんだけど、お宅で使えますか?」と私。

「お持ちの券に書いてる店名は前のお店です。実はオーナーが変わったんです。使えるかどうかお会計のときに、お聞き下さい」

オヤオヤ! ここもオーナー替わりです。
入店時、前の店と店名が微妙におかしい気がしていたんだけど・・。
やっぱり!

食事券は使えました。

そういえば、2軒先が空き地になっている。確か靴屋があった筈だが・・。

中小商業者の苦悩が如実に商店街に現れていますね。厳しい!

2009年12月 7日 (月)

そして忘年会2号

 東京・大手町のシンクタンクでのミーティングは予定の30分前で終わりました。

17時から地域の仲間との忘年会が予定されています。
移動時間を考えても2時間ほど時間があまります。さあ困った!

こんな時は歩くに限ります。外堀通りを北上しました。

大手町(鎌倉橋)→淡路町→昌平橋→神田明神下→地下鉄湯島駅→新妻恋橋→不忍池→上野公園→JR上野駅のコース、これでも1時間程度の歩きです。

写真は不忍池の風景です。(携帯で撮影)
陽があたっていますが風が強い日でした。091207

JRの電車でO駅へ。
駅近くの居酒屋で17名(うち女性4名)の仲間で忘年会、楽しいひと時を過ごしました。
だって、私の前と両脇が女性です。3人の女性を独り占めですもの・・。

きょうの歩行結果は21400歩でした。

2009年12月 6日 (日)

写真の整理

 引出しを開けると、ゴソっと写真がこぼれ落ちました。

命が終わるとき、仰山、写真を残しても、残された者が迷惑するばかり・・。
そこで意を決して写真の整理を始めたのですが、これが大変!

現役時代の物は少なく、退職後の写真ばかりで、デジカメ購入前の写真の現物、それにイベントなどで撮っていただいたものなどダンボール1杯ありました。

裏に撮影日付が記入されていないものも多く、とても10年近くも遡って日付、場所を特定できません。今更、後悔してもどうしようもなし。

さすが数時間でイヤになってヤ~メた。

2009年12月 5日 (土)

忘年会1号

 忘年会の集合時刻には猛烈な雨になりました。

ご近所の親しい夫婦3組の忘年会会場(カラオケ)は20分ほどの距離、歩いて行こうとカミさんたちが決めたプランです。

でも、雨・・、自宅近くの駅前からタクシ-分乗してお出かけです。当地に住んで40年以上、ここからタクシーを利用するのは初めて。また会場まで運転手さんは近道を利用、こんなところにタクシーの抜け道があったとは・・・。
「灯台元暗し」ですね。

集まった面々、勤務帰りの奥さんあり、イベント帰りのダンナさんありでお疲れもよう。

カラオケもあまり興が乗らず、いつもより寂しく感じました。
これも不景気のせいか? はたまた老齢化のせいか?

来週から忘年会の回数が増えます。

ぱぁ~と、元気よく飲みましょう!ただし飲み過ぎないようにネ。

2009年12月 4日 (金)

“QWERTYUIOP”って何?

 “QWERTYUIOP”って何か分かりますか?

これはQWERTY配列と呼ばれる標準的なキーボードの最上列です。
私のパソコンも同じキー配列になっています。

この配列のいわれをご存知ですか?
面白いいわれがあるんですね。(「A Whack on the side of the head」新潮社版より)

同書(城山三郎訳)からその「いわれ」を引用させてもらいます。

続きを読む "“QWERTYUIOP”って何?" »

2009年12月 3日 (木)

生産労働人口から消費を考える

 15歳から64歳までを生産労働人口といいますね。

流通関係セミナーの基調講演で著名な経済学者(大学院教授から話を聞いてきました。

生産労働人口は、まさに生産労働を担い、併せて活発な消費層でもあります。

“現在の総人口に占める生産労働人口の割合は70%前後だが、2035年にはその40%も減ってしまう。いわゆる縮小均衡だ。
秋田県や和歌山県の人口(両県とも約100万人)に匹敵する数が毎年、減少していく計算になる。反面、アジアは人口増、生産労働人口増だ。”

確かに、私どものプロジェクト対象である中国沿岸部の富裕層は1億5千万人に達します。

「この環境下で、わが国はどう生きていくか?」が
この日のフォーラムの本題でした。この部分の報告は省略します。

この講師の話は数回目ですが、いつも原稿ナシに1時間以上しゃべります。
ストーリーは毎回同じです。基本のストーリーに最新の数値や具体例を当てはめてまとめていますね。
多いに参考にさせていただきます。

2009年12月 2日 (水)

映画「沈まぬ太陽」

  山崎豊子原作の映画「沈まぬ太陽」を見ました。
途中10分の休憩がある長編物です。まだ私は小説を読んでいません。

あらすじはこちらをご覧下さい。私はこの映画評を選びます。

映画の「国民航空」を「日本航空(JAL)」に読み替えれば、そのままJALの問題です。
1985年8月12日の520人が亡くなった御巣鷹山への墜落事故、便名(123便)も同じです。

終了後、何か物足りない感じが受けたのはなぜでしょうか?

JALと政治(内閣、族議員、官僚)、JALの労働組合問題、JALの関連事業などを、渡辺謙演じる恩地を通じてこれらの社会悪を徹底的にえぐる社会派に徹していない・・・と思います。

恩地とその同僚、家族などとの葛藤も絡めているので、多少、冗長になったかも・・・。

まさに、今のJALの危機は映画のような経過での結果ですね。

JALは複合汚染企業の典型例と言えます。

駅前のイルミネーションです。(携帯で撮影)0912012047

2009年12月 1日 (火)

またまた来た師走!

 またまた来た師走、招かざる季節です。

“女房と相談して義理を欠き”(古川柳)
巷は不景気風が強いですね。わが家も不景気強風から身を守らねば・・ネ

そうだ!年末フトコロ仕分けをしよう。
・忘年会は重なる部分も含めて出来るだけ減らす
・お義理歳暮のカット
・お義理年賀状の差し出しカット
・・・・・まだ、ないか?・・・・

« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »

無料ブログはココログ

お気に入りの本