2022年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

« 映画「沈まぬ太陽」 | トップページ | “QWERTYUIOP”って何? »

2009年12月 3日 (木)

生産労働人口から消費を考える

 15歳から64歳までを生産労働人口といいますね。

流通関係セミナーの基調講演で著名な経済学者(大学院教授から話を聞いてきました。

生産労働人口は、まさに生産労働を担い、併せて活発な消費層でもあります。

“現在の総人口に占める生産労働人口の割合は70%前後だが、2035年にはその40%も減ってしまう。いわゆる縮小均衡だ。
秋田県や和歌山県の人口(両県とも約100万人)に匹敵する数が毎年、減少していく計算になる。反面、アジアは人口増、生産労働人口増だ。”

確かに、私どものプロジェクト対象である中国沿岸部の富裕層は1億5千万人に達します。

「この環境下で、わが国はどう生きていくか?」が
この日のフォーラムの本題でした。この部分の報告は省略します。

この講師の話は数回目ですが、いつも原稿ナシに1時間以上しゃべります。
ストーリーは毎回同じです。基本のストーリーに最新の数値や具体例を当てはめてまとめていますね。
多いに参考にさせていただきます。

« 映画「沈まぬ太陽」 | トップページ | “QWERTYUIOP”って何? »

講演会・セミナー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 生産労働人口から消費を考える:

« 映画「沈まぬ太陽」 | トップページ | “QWERTYUIOP”って何? »

無料ブログはココログ

お気に入りの本