2022年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

« 美濃路を歩く<御嵩宿から細久手宿へ> | トップページ | 木曽路を歩く<馬籠宿から三留宿へ> »

2010年5月29日 (土)

美濃路を歩く<細久手宿から大井宿へ>

 大黒屋での一夜が明けて、今日はここ細久手宿から大井宿(恵那市)まで約20kmを歩きました。
大黒屋さんの大女将、酒井房子さんとお会いしたのは2000年9月26日でした。
房子さんはご健在でした。86歳になられたそうです。

100529

今日、歩いた道は、中山道530km余りのうち、もっとも当時の面影を残している部分と思います。東海自然歩道を兼ねているため道路や案内板の整備は完璧、まず道に迷う心配はなし。

途中の琵琶峠では和宮の降嫁を偲び、大湫宿では樹齢1300年と言われる大杉に目を見張りました。
写真は細久手宿~大湫宿間の琵琶峠にある皇女和宮の歌碑です。「住み馴れし都路出でて けふいくひ いそぎもつらき東路のたび」

100529_2

7時に宿を出て、7時間に及ぶ歩行後、14時過ぎにはJR恵那駅着。

列車で中津川へ、更にバスを乗り継いで馬籠宿着。
終点でバスを降りたら、落合から登ってきた第二陣5名と出会い宿へ、荷物を置いて、島崎藤村一族が眠る永昌寺へ参詣してから靴を脱ぎました。

« 美濃路を歩く<御嵩宿から細久手宿へ> | トップページ | 木曽路を歩く<馬籠宿から三留宿へ> »

アウトドアー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 美濃路を歩く<細久手宿から大井宿へ>:

« 美濃路を歩く<御嵩宿から細久手宿へ> | トップページ | 木曽路を歩く<馬籠宿から三留宿へ> »

無料ブログはココログ

お気に入りの本