2022年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

« 「束の間のデートが消えた打ち合わせ」 | トップページ | 今日から7月<やはり歩かないと・・> »

2010年6月30日 (水)

消費低迷というけれど

 2009年度の小売業の業績動向は厳しかった。(日経MJより)

“同年の総売上高(比較可能な484社)は前の年度比1.6%の減、営業利益(比較可能な365社)2.5%の減となっった。特に百貨店は08年度の5.5%減から09年度8.7%減へと拡大した。地域・地方スーパーも0.1%~0.4%の減だった。”

そんな消費低迷の中でガンバッテいるスーパーがある。
埼玉県に本部がある売上高57位の「ヤオコー」(売上高2064.9億円、営業利益84.6億円)と福岡県が本部の同165位の「ハローデイ」(売上高592.3億円、営業利益18億円)だ。
ヤオコーは売上高こそ0.9%減だったが営業利益は3.9%の増を達成した。
ハローデイは売上高1.8%の増だった。(営業利益は不明)

両スーパーの特長は「安売りに頼らない」ことで共通している。
献立提案、店頭で調理、パート従業員までの情報公開、個店での仕入れや売場対応が自由にできることなど、様々な施策を実行している。

不況下でも、工夫と努力で業績をアップさせる企業はあるものです。

« 「束の間のデートが消えた打ち合わせ」 | トップページ | 今日から7月<やはり歩かないと・・> »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 消費低迷というけれど:

« 「束の間のデートが消えた打ち合わせ」 | トップページ | 今日から7月<やはり歩かないと・・> »

無料ブログはココログ

お気に入りの本