2022年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

« “中高年登山・減らない遭難死” | トップページ | TWIBOを使ってみる »

2010年7月28日 (水)

貧窮問答の歌一首<山上憶良>

 講義~「文学のあけぼの」~の今日は山部赤人と山上憶良の歌でした。
前者は奈良時代の宮廷歌人、後者はやはり奈良時代の官人・役人です。

山部赤人の歌「田子の浦ゆ うち出でて見れば ま白にそ 富士の高嶺に 雪は降りける」は有名です。この歌は「山部宿禰赤人が富士の山を望む歌一首」の長歌に続く反歌として歌われたものです。薩埵峠の東側から富士を見たものと言われているそうですが、数年前に歩いた経験から、さもありなんという思いです。

山上憶良の「貧窮問答の歌一首」は貧しい者窮した者との問答形式の歌です。
窮した者の方が貧しい者より悲惨だそうです。1300年後の現在でも形を変えて続いているような風景です。
この問答長歌に続く反歌が「世の中を 憂しとやさしと 思へども 飛び立ちかねつ 鳥にしあらねば」です。
役人である山上憶良が、この時代に貧窮問答を通じて世を憂いていること自体がすごい!

« “中高年登山・減らない遭難死” | トップページ | TWIBOを使ってみる »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 貧窮問答の歌一首<山上憶良>:

« “中高年登山・減らない遭難死” | トップページ | TWIBOを使ってみる »

無料ブログはココログ

お気に入りの本