2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

最近のトラックバック

« [ | トップページ | 会津の仏像を訪ねる旅(1日目) »

2010年10月23日 (土)

「ハワイ観光の光と影」(大学の公開講座から)

ハワイ観光の影とは「ハワイ土着文化」がないがしろにされている。その結果、ハワイの先住民の生活や文化に光があたっていない」ということらしい。

「ハワイの観光産業を持続可能な産業として成功させるには・・
「ハワイの土着文化、先住民、および歴史を尊重し、その独特な自然観光を保護するとともに、地域社会を関与させる必要がある」

そして・・
「ハワイがいつまでも楽園であり続けるためには旅行者とハワイ双方の理解が必要である」・・と結んでいます。

地元のK大学の公開講座、K准教授のお話は実に明快だった。

でもちょっと待って・・
「ハワイの土着文化」をしっかりと伝えて来なかったのは誰か?
何回、現地を訪れても、いうなれば「上っ面の文化」を一歩的に押し付け続けてきたのは誰か? 受入れ側としてしっかりと訴えてこなかったのはなぜか?

米国本土やアラスカの原住民も同様ではなかったか?

どこかがオカシイと思って帰ってきた。

« [ | トップページ | 会津の仏像を訪ねる旅(1日目) »

講演会・セミナー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「ハワイ観光の光と影」(大学の公開講座から):

« [ | トップページ | 会津の仏像を訪ねる旅(1日目) »

無料ブログはココログ

お気に入りの本