2022年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

« 百貨店の「北海道物産展」に陰り | トップページ | 「夫れ往生極楽の教行は・・」仏教の日本化 »

2010年11月18日 (木)

「螺旋的発展の法則」

 田坂広志さん(多摩大学教授、シンクタンク・ソフィアバンク代表)の「グローバル経済と企業家の覚悟」と題した講演(新聞社主催)を聞いてきた。

-なぜ、日本型資本主義と日本型経営が復活するのかー という副題がついている。

5つの「パラダイム転換」で資本主義は日本型のそれに進化するという主旨だった。

この「パラダイム転換」の中でヘーゲルの弁証法「事物の螺旋的発展」の法則が説明されている。
この法則は“この世界の進歩・発展は、あたかも螺旋階段を登るように起こる。横から見ていると上に登っていき、進歩・発展していくが、上から見ていると、ぐるりと回って、元の位置に戻ってくる。そのため、古く懐かしいものが復活・復古してくるように見える。ただし、それは、螺旋階段であるため、必ず一段、高い位置に登っている。つまり、螺旋的発展においては、古く懐かしいものが、新たな価値を伴って復活してくる。”

私は哲学の文字は知っているが、哲学とは何ぞや?は知らない。

資本主義をこういう切り方(哲学的と言えるのかな?)で捉えた例を初めて聞いた。

« 百貨店の「北海道物産展」に陰り | トップページ | 「夫れ往生極楽の教行は・・」仏教の日本化 »

講演会・セミナー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「螺旋的発展の法則」:

« 百貨店の「北海道物産展」に陰り | トップページ | 「夫れ往生極楽の教行は・・」仏教の日本化 »

無料ブログはココログ

お気に入りの本