2022年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

« 山の友が逝く | トップページ | 孫が生まれて知る政治の貧困 »

2010年12月 8日 (水)

猫のやきもち

 わが家の老猫のローラは推定17才、2階の私の部屋に同居している。夜行性で深夜、早朝にベッド入って来て起こしにかかる。そのせいで私はいつも寝不足だ。
私が階下に長時間いるとローラは私を迎えに2階から降りてくる。

娘がわが家の付近に用があるとかで孫を連れて夕方に来宅。私が帰宅したとき娘と玄関で鉢合わせ、さっそく孫娘を抱いて車から降ろす。

101208

生まれて間もなく3ヵ月だ。老夫婦の面倒見が始まる。
抱っこする、オムツを替える、風呂へ入れるなどはわが老夫婦の役目だ。可愛い孫のためなら労を厭わない。

こうなるとローラは下りてきてやヤキモチを焼く。孫の面倒を見ていると自分も可愛がれと身を摺り寄せてくる。その執拗さはハンパではない。

« 山の友が逝く | トップページ | 孫が生まれて知る政治の貧困 »

家族」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 猫のやきもち:

« 山の友が逝く | トップページ | 孫が生まれて知る政治の貧困 »

無料ブログはココログ

お気に入りの本