2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

« さすが腹がへる | トップページ | 「延命十句観音経」のエッセンスを読む »

2011年2月 5日 (土)

四苦八苦を実感

 朝7時前、病院のサンルームに集まった男性は自分を入れて4人。
2時間で2Lの洗腸液を飲み、10回以上トイレに行き、やっと内視鏡による大腸の検査が始まった。自分は初体験で最初に処置室に入ったが出たのは3番目だった。
「大腸がんの検査はいやだ」とよく聞くが。そんな感じはしなかった。

検査はモニターで患者も見られる。
「これがポリーブです。切除します」と何度か医師から聞いて検査は終了。その後、自分だけ点滴を受けたので時間がかかった。
他の人が「がんの心配はありません」と言われている。自分には言わなかったなと思う。

検査終了、検査結果とその後の処置について医師から説明を受けるた。
数箇所のポリーブを切除したこと、組織を検査に回したこと、これからの食生活について指示を受けた。
これに2週間前に受けた胃の検査結果とその処置が加わった。
いろいろな注意事項、報告事項、再診日予定など、覚え切れないほど言われた。

朝、一緒だった人達が「異常なかったですよ」と帰って行く。
「よかったね。お互い病院では会いたくないね」、と言って別れる。

最悪の結果は出なかったと思うのは自分の思い込みか!
それならそれでいい、ダメならそれも運命、成り行きに任せよう。

仏教用語に「四苦八苦」というのがある。
四苦は「生老病死」だ。老病がいっぺんに来た感じだ。

やがて八苦の1つ「五蘊盛苦」へ集約されるという。それはいつかと悩んでも仕方ない。

« さすが腹がへる | トップページ | 「延命十句観音経」のエッセンスを読む »

健康」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 四苦八苦を実感:

« さすが腹がへる | トップページ | 「延命十句観音経」のエッセンスを読む »

無料ブログはココログ

お気に入りの本