2022年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

« 初節句の贈り物 | トップページ | ささやかながら・・ »

2011年2月18日 (金)

“PB食品売上高伸び率大幅縮小”

 日経MJ紙によるとPB(プライベートブランド)食品の売上高伸び率が大幅に縮小したと伝えている。
“2010年の同商品の対前年比が9.6%だった。09年までは2ケタの伸びだった。食品の売上高に占める割合は10%に迫っている。(生鮮・惣菜は除く)”

“PBの市場規模が大きい商品分野はパン(対売上高比20%)、チルド飲料・乳製品(同6.5%増)、菓子(同4.2%増)だった。”

確かにNBのパンは美味しくない。それに個性がない。スーパーには個性的なパン売場が展開されいるのはそのためだ。菓子はアイテムが多く、商品寿命が短い。製造には小回りが必要だ。

反面、PB化しにくい分野もある。ビール、コーヒー、キャンディ、ガムなどだ。

今後、小売業界がどんなPB戦略で値入ミックスを図ってくるか興味深い。


« 初節句の贈り物 | トップページ | ささやかながら・・ »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: “PB食品売上高伸び率大幅縮小”:

« 初節句の贈り物 | トップページ | ささやかながら・・ »

無料ブログはココログ

お気に入りの本