2022年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

« 不運が重なった日 | トップページ | “万葉集の成立”を聴く »

2011年4月23日 (土)

“ミニマム主義”に共鳴

 人生をたっぷり生きた人間の書だと思ったが著者は40歳そこそこだった。

書名は「減速して生きる ダウンシフターズ」(高坂 勝著、幻冬舎版)という。

同書から一部をご紹介すると・・・。
“ ・・・・(省略)・・・・
 お金はあればあるだけいい。
  スピードは速ければ速いほうがいい。
 小さいよりは大きい方がいい。
 なんてしていたらキリがありません。
 幸せの原点は「比べない」「足るを知る」です。

 ミニマム主義ではお金と向き合うけど、
 キリがない欲望には付き合わないのが前提です。”

これこそ、自分が心したいことだ。
先がナイ、金がナイ、夢がナイ、の3ナイの自分、
もう一度・・
「比べナイ」「嘆かナイ」「欲しがらナイ」そして「足るを知る」
これに尽きる。

でも、現役世代は、こんなことを早めに悟られては困る。
ジャンジャンお金をつかって経済を活性化してほしいから。


« 不運が重なった日 | トップページ | “万葉集の成立”を聴く »

読書」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: “ミニマム主義”に共鳴:

« 不運が重なった日 | トップページ | “万葉集の成立”を聴く »

無料ブログはココログ

お気に入りの本