2022年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

« 患者に即断できなかったこと | トップページ | お馴染みさんは心強い »

2011年4月20日 (水)

また来た腹立ち

 契約してある墓地の永代使用料の請求がきて、銀行から指定された口座に振り込んだ。

4,800円の振込金額に対して600円の振込手数料だった。なんと振込額の12.5%だ。
毎年のことながら腹が立つ。

振込先は地方銀行や地方信金だから、当方としてはこれらの金融機関に預金口座をもっても意味がない。
また、銀行での振り込みの手間は、金額に関係なくかかることも分かるが、小額の振り込みにはそれなりの率で対応してしかるべきだ。せいぜい5%が妥当だろう。

霊園側も郵便局に口座を持つべきだ。郵便局の数も利用者も多いし、口座間の振込手数料は無料だ。

利用者のことを考えない銀行と墓地霊園、また1年先に腹が立つ。

« 患者に即断できなかったこと | トップページ | お馴染みさんは心強い »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: また来た腹立ち:

« 患者に即断できなかったこと | トップページ | お馴染みさんは心強い »

無料ブログはココログ

お気に入りの本