2021年12月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

« ウォーキング再開 | トップページ | 春三景 »

2011年5月14日 (土)

稗田阿礼と藤原不比等は同一人物?

 昨年、「文学としての古事記」を学んだ。

「葬られた王朝 古代出雲の謎を解く」(梅原 猛著、新潮社版)を読んで、古事記編纂の理由として感じたことは・・・

日本書紀は当然として、古事記も限りなく当時の政治状況を意図して書かれているということだった。

古事記と日本書紀の双方に関係する重要人物は子孫繁栄の地盤を固めた藤原不比等(藤原鎌足の子)らしい。

彼は将来を見据えた政治人間だった。表に出てこない真の仕掛け人だったという。

“藤原不比等は、不比等の子孫にのみに藤原姓を名乗らせ、他の藤原氏を元の姓、中臣氏にして、政治を藤原氏、神事を中臣氏に司らせて、政治権力とともに宗教権力も握ることにより、藤原氏の末永い繁栄を図った。・・(略)・・しかし中臣氏には従四位下しか与えなかった。それはおそらく藤原氏と中臣氏の上下関係を固定するためであろう。かくして藤原氏→中臣→出雲臣という従属関係が半永久的に固定された。”(同書)

“その不比等こそが、ヤマト王朝に敗れた出雲王朝の神々を出雲の地に封じ込めた張本人だと、私は思う。”(同書)

そして著者は、出雲王朝の悲運の英雄オオクニヌシこそが万人に好かれる神だと結論づけている。

こんな目で出雲神話を改めて見直して見たい。

« ウォーキング再開 | トップページ | 春三景 »

読書」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 稗田阿礼と藤原不比等は同一人物?:

« ウォーキング再開 | トップページ | 春三景 »

無料ブログはココログ

お気に入りの本