2022年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

« 浅草“三社祭礼と喧嘩・打ちこわし” | トップページ | TV観戦の1日 »

2011年7月17日 (日)

肉牛の餌汚染追跡のこと

 福島県の畜産農家が放射線セシウムに汚染された稲ワラを牛に餌として与え、牛肉が汚染されたことが問題になっている。

牛肉には産地、生産者などがわかる個体番号がふられ、流通経路が追跡できるようになっている。いわゆるトレーサビリティといわれるシステムだ。ITで可能になった情報システムだ。

未だ野菜や果物などの農産物、それに鶏肉、豚肉などの畜産物はこのシステムの対象になっていないはずだ。
野菜や果物、鶏肉、豚肉などが確実に汚染されていないという保障はない。もし汚染された野菜や果物が流通すれば、個別に流通経路の末端まで追跡することは不可能だ。既に汚染された牛肉以外の農畜産物は流通していないのだろうか?

牛肉の全頭検査ができたとしても、牛肉以外の農畜産物の全品検査はできない。
しからば誰がこれらの安全を保障してくれるのだろうか?

« 浅草“三社祭礼と喧嘩・打ちこわし” | トップページ | TV観戦の1日 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 肉牛の餌汚染追跡のこと:

« 浅草“三社祭礼と喧嘩・打ちこわし” | トップページ | TV観戦の1日 »

無料ブログはココログ

お気に入りの本